順調なプレミア一年目(書き直し)[FM20プレイ日記~プレミア優勝への道 その3~]

前書き

(‘ω’)「あれだな。久々に書いてみると、全然面白くねえわ( ´∀` )」

( 一一)「どうしたんですか?」

(´・ω・`)「いやさ。この記事って一回公開したのよ。それから大体公開記事って、一回書いてから一応自分で読み返すんだよね。暫くたってから。そしたら、全然面白くなくってさ。びっくりした。。。まあもともと、そんなに時間かけて書いているわけじゃないし、そもそも面白く書けるとも思っていなんだけどさ。それにしたって、今回のはひどかった」

(‘ω’)「ずっと書いていなかったからな~。それに以前にやったプレイを思い返しながら書くという新しいスタイルっていう理由もあるかも。まだリズムをつかみ切れていないわ。どんな感じでやってたっけ?」

( 一一)「どんな感じといわれましても…。何となく適当にやっていただけのような…」

(‘ω’)「う~~~ん。だよな~~。厳しい。とりあえず今からもう一度書き直してみるわ。ダメだったら、やっぱりこの連載辞めるかも。。。まいったな」

本編

(‘ω’)「ということで本編である。面白くなることを、何か志村けん的な芸人の神様が下りてきてくれることを祈ろう。。。よしプレミア一年目~!!。このシーズンはまあ、成功のシーズンだったといってもよいだろうね」

レビュー( 一一)

(‘ω’)「リーグ戦9位。FAカップも準々決勝。どちらもまずまずな調子だった。リーグ順位のグラフを見てもらえばわかるけど、結局降格圏には一度も落ちることなくフィニッシュとなった」

( 一一)「さすがに欧州大会は遠かったですけど、昇格組としてはよい戦いをしました」

(‘ω’)「グラフの途中で少し落ちているのは、FMのアップデートで大きくマッチエンジンが変化したのが多分理由だ。途中までは基本的にカウンター狙いの戦術をとっていたが、途中からもう少しボールを保持するサッカーに変化した。そのときの戦術は以下のような感じだ」

今年の戦術…。富安君とかいたな~

( 一一)「すぐ売ってしまうので紹介しないですけど、日本人の富安がいました」

(‘ω’)「ああ、すっかり私も忘れていた。器用貧乏な選手だったな。右サイドバック兼センターバックで、便利ではあるけどレギュラーになるほどの能力はなかった。あと、このゲーム内で知ったんだけど富安って両利きなんだな。本当はDMとかをやったほうがよいのかもと思ったりした」

( 一一)「イタリアサッカーはあんまり見ませんが、現実では結構活躍しているそうです。ゲーム内でもブログのことを考えると、もっと活躍してほしい選手でしたね」

(´-ω-`)「うん。でもFMをやるほど、海外サッカーが好きな人だったら、それほど日本人選手に対する気持ちってないんじゃないかな。もちろん日本人選手には活躍してほしいし、ゲーム内でも同じレベルなら日本人を優先して使うけどね。そういえば、まだFMで日本人のレギュラー選手っていたことないかもしれないな。ああ、香川をとったことはあったか。あとはレスター時代の岡崎とか」

(‘ω’)「岡崎は2トップの一角として使うよりも、ポジション適性のないトップ下でセカンドストライカーとして使うのが正解という罠がある選手だった。そこで使ったらプレミアで10得点ぐらい取ったような。懐かしい」

(‘Д’)「と、いう話は置いておいて、この年はCMのモリバの存在が大きかったな」

初のワンダーボーイ

(‘ω’)「バルセロナから1Bぐらいで買い取ったワンダーボーイ。1年目は彼にボールを預けてどうにかしてもらっていた覚えがある。アシストがずぬけて多かったわけではないけど、意外と守備も頑張ってくれていたし、頼れる存在だったな。でもこう見てみると、この時点ではプレミア一流の能力というわけではないんだな。。。」

( 一一)「この時点ですでに20歳ですし、そのままバルセロナにいたら芽が出ずという可能性もひょっとするとあったかもしれません。この後は10Bでバルセロナに買い戻されて、その後はずっとバルセロナのレギュラーでした」

(‘ω’)「出て行ったのは残念だったな。でも、まあ、出ていくときも、最低移籍金を使って出て行ってもらったし、仕方ないかな感はあった。もともとバルセロナ出身だと思うと、あんまり悪感情はない。というか今でもできれば戻ってきてほしい感はある。。。けど、移籍金が15Bぐらいで高いんだよな~」

エンケティア君。現実のアーセナルでも頑張ってほしい

(‘ω’)「FWにはレンタルでアーセナルのエンケティア。レンタルで獲れて、かつそれなりに活躍するから使っている人も多いのかな。Twitterで「チャンピオンシップで勝ちたいなら、エンケティアをとればよいよ」と仰っている方がいたと思うが、私は普通にプレミアでも使っていました。足が速くて裏に抜けださせておけばなんとかなる。このシーズンも12得点でまあ良い活躍だった。ちなみに次のシーズンもレンタルで獲得する」

とりあえずドリブルさせておくみたいな選手だった

(‘ω’)「攻撃のキーマンはもう一人。WBのルベン。彼はウルブスからレンタル移籍だった。振り返ってみると、エンケティア、ルベン。モリバも実質レンタルみたいなものだと思うと、レンタル移籍で結構得しているシーズンだったな」

( 一一)「上のモリバも1Bと格安でしたし、移籍活動が非常にうまくいったシーズンでした」

(*’▽’)「そうだな。別に特別なことをやった覚えはないけど。このルベンに至っては締め切り前の数合わせで獲ったと記憶しているぐらいだ」

(‘ω’)「攻略情報としては、FM20ではSBに比べてWBが圧倒的に良いと思います。マッチエンジンのバランスからして、ドリブルで相手を抜ける可能性が高いです。そこで、ルベンのようなドリブルができるサイドバックを買って、ペナルティ内で勝負させれば、点が入る確率はかなり高いと思います。私が2トップを使っているからかもしれないですが」

ドイツ人のCB

(‘ω’)「最後は守備の要のアルベル君。ドイツから825Mで加入。彼はプレミア優勝までイプスウィッチに在籍した。その頃も普通にレギュラーCBぐらいの出場時間だったな」

( 一一)「それって結構珍しいですね。ワンダーボーイの生成選手とかならあり得ますけど、実在選手で一年目から優勝までレギュラー選手というのは。。。」

(*‘∀‘)「まあ彼を獲得したときは長い時間悩んで決めたから。彼は意外とスカウトからの評価は低かったから、よく探し出せたものだなと思うよ。まあよくみると他のプレイヤーに比べて一段階能力が上だったんだけど。やっぱり最後は自分の目でちゃんと見て、能力値と実績を比較しながら、決めるべきだね」


(‘ω’)「まあこんなものかな。まだこの時期はゲーム自体のマッチエンジンも固まっていなかったし、私も得点の多くをセットプレーで獲っていた時期だな」

(‘ω’)「セレクション情報を見ても、得点をとっているプレイヤーがばらけている。しかし、改めて評価点でみると、ものすごい活躍した印象があるモリバとルベンはそれほど活躍してないんだな。う~ん。でも評価点って難しいからな。結局評価が高くなりやすい役割の選手とかいるだろうし」

( 一一)「ほかの人の日記とか見ると、”ハーフタイムで評価点が低い選手を交代させる”とか言っていますけど」

(‘ω’)「うん。それが基本だとは思うけど。でもどうしても攻撃的サイドバックより守備的サイドバックって評価が低くなるし、プレイメイカー型の中盤よりボックストゥボックス型の中盤のほうが評価って低くなるじゃん。そこら辺をどう思うかは難しいところだと思う。全員攻撃的にして、プレイメイカーだらけにするわけにもいかないでしょう?」

( 一一)「あなたが未熟だから、全員のプレイヤーが活躍させることができていないだけでは?」

(‘ω’)「おお、厳しいことを言うね。でも、セットプレーのキッカーの問題もあるしな~。どこを評価してどこを評価しないかは難しい」


(‘ω’)「最後に一試合ぐらい試合を紹介しておこう」

この年に降格するニューカッスル

(‘ω’)「2月終わりのニューカッスル戦。私たち的にはここまで4連勝ぐらいで乗りに乗っている試合だった。先取点をPKで取られるが」

裏抜きするエンケティア

(‘ω’)「前半のうちにCBから高い位置をとっている左WB。左WBから左FW。最後は右FWのエンケティアの裏抜きでゴール。美しいパスワークからのゴールだ!!。二点目はCBからのロングボールでエンケティアが裏抜きで独走する。前半のうちに追いつかれるけど、最後はコーナーキックからの得点で勝利!!」

( 一一)「アウェイでしたが、ボール支配率は私たちのほうが上でした。攻撃的な左WBとFWの連携でゴールを決めることもでき、最後はセットプレーで勝利をもぎ取りました」

(‘ω’)「この時期の私たちを象徴するような試合だったな。まさに、新戦力は確実に活躍し、前年からいたプレイヤーもよい仕事をする。よい一年だったね」


(‘ω’)「最後に世界の動向を見てみよう」

(‘ω’)「リーガはレアルで、プレミアはリバプール。残りのリーグはなぜだか映っていないけど、言わなくてもわかるチームが勝ちました。このシーズンで大きかったのは、ずっと首位近辺にいたシティが落ちたことかな。あとはニューカッスルの降格。セリアはミランが頑張って二位に、インテルがコンテの下でやらかしてます」

( 一一)「CL、プレミア、FAカップでリバプールはトレブルの年です」

(‘ω’)「まだクロップ政権が続いていて、3トップと4バックは同じ顔触れだな。デヨングがCMに入ったものの、なぜこの年に爆発したのかはよくわからないな。全員年だからこれが最後の輝きという感じはあるけどね」

コメント

タイトルとURLをコピーしました