戦術紹介[アーセナルリベンジ編5]

FootballManager2020 プレイ日記

戦術紹介

4123については、戦術が固まったと思うので、とりあえず戦術紹介してみる。

4123、バーティカルティキタカである。

全体的な指示に関してはデフォルトからほぼ変えていない。唯一の変化はパスのテンポを標準にしている。個人的にはテンポが遅いと、ちょっとつまらない。

左サイドはフルバックがオーバーラップ。WGが中に入る。オーソドックスな形。左CMがボールを持った際に前に二つパスコースがある。

右サイドはフルバックが偽SBでうちに入る。代わりにWGが外に張る形。CMは前後に動く形。右サイドのほうが選手の距離が近くて、コンビネーションで崩せている。

アーセナルコラムさんとかも言っていたが、ナイルズ君の偽サイドバックはとても良いと思う。スピードもあるし、ボールを持った時の落ち着きもある。ポジショニングが良い選手ではないけど、フィジカルの強さである程度カバーできる。


さて、ニューカッスル戦。代表weekでお疲れの選手が多いのでターンオーバー。

4本のシュートで2点入れられる(‘Д’)

まさかの結果!!2-1で敗北。完全に下がって守る相手に対して辛い勝負だった。守備の際にはところどころでサイドで勝負されて辛かった。失点シーンはドリブルを三回止めて、三回相手に奪われて、最後はジュエリントンにゴールを入れられた。

2点目はWGにドリブルされた後のクロスにヘディングで失点。1点目はともかく2点目は余計だったな。

ペペとサカの両WGがボロボロだった。オーバミヤンを左WGに戻した後半はまずまずだったが、得点を入れられるほどではなかった。

やはり守備面で個々の能力値の低さが厳しい。それを覆すレベルの得点力もない。まあ一歩一歩やっていくしかないか。


EL、どこかわからんチーム相手に圧勝する

これでグループリーグの突破は決定。マルティネッリが活躍した。もっと出してもよいかも。


次はバーンリー戦。なかなかに厳しい相手。守備が固いチームである。

監督はショーンダイク。ダイクなのか、ダイチなのか、何なのかは誰もわからない。どうでもいいけど、シティのFFP違反に関するコメントがかっちょいい

「推定無罪」「FFPは終わる」…マンチェスター・シティのCL出場禁止処分撤回に関する指揮官6人の見解。 | 偏愛的プレミアリーグ見聞録
ペップ・グアルディオラは「フットボールにとっていい日だった」と胸を張り、ユルゲン・クロップは「フットボールにとってよくない日だった」と率直にコメントしています。プレミアリーグの2強の指揮官が真逆の反応を示したのは、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が下したマンチェスター・シティのCL出場禁止処分撤回について、見解を求められた...

同じように中位クラブで長く監督をやっている人として、ボーンマスのエディハウ監督があげられるが、今季は降格になった。結構ザンネンだった。

まあとにかくバーンリー戦である。意外とアーセナルはバーンリーに強いのでどうにかなりそうな気もする。

結果、1-0。超危ない試合だった。得点はコラシナツがエリア外で突っかけてとったPKのみ。久々にボロボロの試合だった。

MOMはナイルズ君。今日は守備が良かった。タックル成功率が100%を記録。


カラバオカップ。エバートンとの対戦。アンチェロッティの下でバランスが良いチームという印象。

結局3-0で圧勝。ペペが初ゴール。といってもセットプレーからだったが。。。

ちょっと夜遅くにプレイして、私自身が眠くて適当にやった試合だった。負けなくてよかった( ´∀` )


次はウルブス戦。現在6位につける相手とアウェイで対戦。まあまあ厳しい試合が予想される。

とりあえず守備的な4123。勝てるかな~

1-0で勝利。本当にやばい試合だった。ボールを持ちたいアーセナルが50%程度の支配率しか記録できなかったように、ボロボロの試合だったといってよい。

特に序盤はダメで、ボールを前に進めることがロクにできなかった。541でブロックを作られたせいで、中央の数的有利もブロックの中に入っていける切り札にはならず、左サイドからの攻撃は数的同数なので全然意味がなかった。

仕方ないのでセバージョスをトップ下にする4231にチェンジ。すると、3バックと2CMに対して、1列目、2列目の4人がマークに当たれるので、うまく相手のビルドアップを防げるようになった。

これで多少はましになったものの、相手のファールも多く、微妙なまま70分に。仕方ないので選手交代。何かしてくれることを期待してペペを出すと、コラシナツの突破からのクロスにペペが合わせて決勝点。前回の試合でうまく調子を上げられたペペが活躍できた。

そう思いきやペペが怪我。それも2か月以上だとさ。もうだめだなあいつは(´・ω・`)


途中のELは大量7得点で圧勝

これでグループステージの突破が決定。トレーニングを休養にしますかと記者会見で言われたが、ハードにトレーニングすると返すと。。。

ゲンドゥージが怒り出す。まじ、そういうとこやぞ。ほんとELグループステージ通ったぐらいで調子のるなや(‘ω’)

さて、レスターのホーム戦。

大きくは入れ替えないが、少し変更を加える。まず結果の出ていないラカゼットを外して、ELで活躍したマルティネッリを出してみる。次にナイルズ君をベジェリンに変えてみる。

2-0で勝利。う~ん微妙。得点はベジェリンのクロスにコラシナツが合わせたものとコーナーからのダビドルイスのヘッド。オーバミヤンにシュートチャンスが何度もあったのに決めきれず。

終わりに

結果は出ている。

12試合を終えて、28ポイントの3位。悪くないが、もうちょっとゴールを決めてほしい。

ゴールシーンがセットプレーやサイドバックのゴールが多すぎる。守備力がなさすぎるので、前線からプレスをかけてボール保持からクロスを狙う形なので、FWが点を取るのが難しいのは事実なんだけど。

そんな中、若手のネルソンやサカの調子が落ちつつある。こんな時に活躍してほしい新戦力のペペは怪我でダウン。エジルを入れた4231に変更してもよいが、結果が出ている分変えづらいのが現状。

コメント

タイトルとURLをコピーしました