19/20EPL第8節アーセナル対マンチェスターユナイテッド (A)

守備に重心を置いたアーセナル。攻め切れないユナイテッド。…凡戦だった。

そんな試合をレビュー

フォーメーション

サカ オーバ ペペ

ゲンドゥージ ジャカ トレイラ

コラシナツ ルイス パパ チェンバース

レノ

4312でエジルを出すもっと攻撃的なサッカーを目指すことを予想していたが、433でトレイラを出すより守備的なサッカーを選んできた。

トレイラは前節は良いパフォーマンスだったと思うので期待したい。バック4は予想通りだが、チェンバースはミッドウイークも出場していたのでスタミナ面で多少心配である。

ところでエジルはベンチにも入らず。どゆこと… (´;ω;`)

ユナイテッドは直前でワンビサカが負傷。右SBにヤング、左SBにトゥアンゼベが入る。トップ下はリンガードで、ポグバとラシュフォードも出場。

試合経過

前半

アーセナルは明らかに今までよりも守備的に入った。

中盤はトレイラがポグバ、ゲンドゥージがマクトミネイ、ジャカがリンガードを見る形。そのうえでWGはCBとSBの両方を監視するイメージを持ちながら、中盤の三枚に並ぶ。不用意なバックパスがSBからCBに入ると、インサイドハーフの二人はマークを後ろに隠しながらCBまで追っていく。セットした状態からだと相手を前進させずに済んでいる。

もう一つ序盤の見どころはポグバの調子の悪さ。レノのキックミスからほとんどフリーでボールを持つが、ジェームズへのパスは合わず、さらにトレイラが高い位置でデュエルに負けたため、もう一度ポグバにボールがこぼれるが、不用意なパスをペレイラに送ったことでチャンスをつぶしてしまう。

同様にペペも調子は悪め。パスカットからオーバが左に流れて受けて、右に大きく展開したシーン。ペペはほとんどフリーで一対一のチャンスをもらったのだが、抜き切らずにクロスを選択した。しかもそのクロスはほとんど可能性のないものだった。

対して左WGのジェームズは事前情報通りの良さ。早速チェンバースとの一対一を制し、エリア内でクロスを上げる。ルイスが弾いたが、ジェームズ相手にはもっと人数をかけるべきかも。

さらにペペの軽い守備から相手左SBがボールを持ち運び、チェンバースと二対一の状況となる。そこで、ジェームズを倒してしまいイエローをもらう。ちょっとやべえな~(・´з`・)。

10分まででお互いのカードは分かった感じ。とにかくユナイテッドはジェームズ次第。アーセナルは良い守備からのカウンターを狙う。大体左サイドでボールを奪う形になりそうなので、ペペがゴールを奪えるかどうかだ。

さて試合を変えるプレイが一つ。低い位置からのGKを含めたビルドアップ。レノからルイスへの不用意なパスが原因となり、ラッシュフォードがルイスからボールを奪取する。ラシュフォードのミスでピンチにならなかったが、危ないシーン。これからアーセナルはGK含めたビルドアップを辞め気味になる。

ジャカからチェンバースへのロングパスは二回相手左SBに防がれてしまう。調子が悪いのか、相手左SBがよいのか?

ユナイテッドが低い位置からビルドアップをする場合、ハイプレスをかけるアーセナルはうまくいかなかった場合にスペースを与えてしまう。だけど、その場合でもラインを下げてしっかり守れば、基本的にワイドからのボールはないので、ピンチにはならない。ポグバが魔法を見せるかもしれないが…。

またセットした状態でもペレイラが中間ポジションを取ることで、リンガード、ポグバでジェームズへとつなぐシーンがあったが、チャンスにはならず。全体的な動きは悪くないけどユナイテッドは全体的にパスがずれ気味で、調子の悪いチームって感じ。

トレイラは守備面ではしっかりポグバを抑えているが、攻撃の際に右サイドからボックス付近まで行くが、あまり効果的なプレイは見せられていない。

ファーストチャンスは27分にユナイテッド。ゲンドゥージがボールを奪ってカウンターの一本目のパスを通せずに逆カウンター。ゲンドゥージが追いかけるがペレイラが個人技でシュートまで持ち込む。レノがセーブ。

序盤を過ぎて少しアーセナルがボールを持てるようにもなっているのか。左まで開いたオーバがサカとのワンツーでボックス内を目指して止められるが、サカが後を引き取りペペへパス。エリア内でフリーでシュートを放つが当たらず。

さらにもう一度ペペにチャンス。ルイスが後ろからのタックルで奪って、そのまま左に流れ気味のオーバにロブパス。トレイラを囮に使ったオーバのクロスがファーのペペに届くが、シュートは不発。

その後はファールが絡んで停滞気味の両チームだったが、チャンスがどちらにも。

42分にゲンドゥージからポグバがボールを奪って、ラシュフォードへのスルーパス。見事なパスだったがラシュフォードが打てず。アーセナルのチャンスは43分。コーナーキックのクリアを取ったペペからサカへのスルーパス。サカはうまく相手を躱して打ったが、GKに止められた。さらに弾いたボールをゲンドゥージが詰めるが、それも止められる。

そのコーナーキックから失点。ポグバにはじかれ、中途半端に寄せたコラシナツはジェームズに対して後追いに。そのジェームズにスルーパスが出ると、中のラシュフォードへのクロス。ラシュフォードは追いつけなかったためバックパス。最後はエリア外からマクトミネイがシュートを放ち左隅に決める。ソクラティスがもうちょっとうまく寄せれば結果は変わったかも。

後半

0-1で後半へ。アーセナルはほぼ前半と同じ形。いずれ点が入ると思っているのだろうか?

後半ファーストチャンスがトレイラに来た。相手陣内でのボール保持からゲンドゥージがサイドチェンジでチェンバースへ。オーバが右に流れると、相手DFはマークを外してしまい、フリーでクロスを上げる。これはトレイラにピタリのボールだったが、ボレーシュートは当たらず。

前半もままあったが、守備の面ではトレイラのボックストゥボックス起用は良いが、やっぱり攻撃の面ではひどい。チャンスをつぶしてしまう。

54分。トレイラに代えてセバージョス。本人的には納得いっていない雰囲気の交代。守備を支えていたのは自分だし、チームとしては戦術通りに動いているという感覚があったのだろう。

コーナーキックからのカウンターでペレイラのクロス。ゲンドゥージが防いだシーンはちょっと危ないシーンだった。失点シーンもそうだが、コーナーからのカウンターは問題になりそう。

58分に得点。相手右SBのパスミスをサカが奪い、ダイレクトでオーバへ。オーバは冷静に浮かしてゴール。

さらに決定機。セバージョスが左でパス回し。サイドチェンジがチェンバースに入ると、ゲンドゥージとのワンツーでDFラインを崩す。中に入ったクロスをサカがフリーで受けるが、シュートをDFにぶつけてしまう。

セバージョスが入ってからはハイプレスを再開気味。ただはまらない場合もあって、その場合は中盤の裏を突かれてキープされてしまう。ポグバは後半存在感がある。

68分にピンチ。チェンバースのパスミスからのカウンター。最後はジェームズがパパと一対一でコーナーを取る。コーナーからのボールをマクトミネイがファーでフリーで合わせるが、ヘディングミス。さらにその後も続けてゴールキックからの回しを取られてチャンスを作られる。

う~ん。セバージョスを入れたんだから、もっと彼を使ってうまく回してほしい。ロングボールのセカンドボールも獲れない。まあフィジカルなチームじゃないから、そこは仕方ない面もあるけど…。

押されているアーセナル。相手コーナーキックからのカウンターの場面でペペが流したパスを取られて逆カウンター。最後はエリア外からマグワイヤにミドルシュートを打たれるがレノがセーブ。

74分にペペに代えてネルソン。79分にサカに代えてウィロック。

ボールを持つことができれば、セバージョスもウィロックも相手を躱せる能力はある。うまくコーナーを取ったのは85分。ニアのジャカに合わせるボールは可能性があったがうまくいかず。カウンターを打たれるが、流石にジェームズも疲れ気味でウィロックに止められる。

ウィロックのインターセプトからのドリブルは、セバージョスが引き取ってエリア内に入ってシュートを放つが枠外。

ラストピンチは90分。チェンバースの低い位置からのスローインミス。セバージョスの軽いディフェンスでマクトミネイに運ばれると、ルイスが倒してフリーキック。ラシュフォードが右隅を狙うが、レノが防ぐ。

ラストチャンスはアディショナル。スローインから無理やりウィロックが剥がして最後はネルソンがもらうがシュートは当たらず。

ちょっと考える

ちょっと考えてみよう。

エメリの戦術は的中?

私は前回に記事で書いたように、中を厚くしながらも、カウンターに移りやすいように半分ぐらいは前の三枚を残した状態での4312をやってくることを予想していた。

だが予想以上にエメリは守備的に入ってきた。WGが守備することもそうだが、トレイラを中心に中盤を圧迫していた。ポグバに対する守備はうまくはまっていたが、代わりにカウンターの手立てはなく、どちらにもほとんどチャンスがない展開が続いた。

余談だが、ポグバが出てくることはある程度予想通りだったのだろうと思う。スールシャールは白々しく「彼には無理をさせたくない」みたいな嘘をついていたが、その程度見抜けるだろう。

という中でエメリは0-1で負けている状態でも焦ることなく試合を進め、結局1-1で引き分けに持ち込んだ。交代策や試合後のコメントを見る限りでは予定通りという印象を受けた。

ファンは?

当然勝つべき試合だったと思っている。

がっかりしたのは明らかに運任せの采配をしているように見えたことだ。ジェームズ、マクトミネイの最近の調子やポグバ、ラシュフォードの能力を考えると、ペペがカウンターで一点入れるよりも先に点を取られる可能性が高いことは予想できたはずだ。

もちろんマクトミネイのゴールはほぼまぐれに近いが、ノリに乗っている選手というのはああいうシュートをよく決めるものだ。そう考えると、今回のアーセナルの戦術は本当に良かったのか疑問が残る。

そもそも守備的にいったと言ったが、アーセナルが完璧なDFを見せたわけではない。まずいロストからのカウンターでは相手チームにスペースを与えていた。ぶっちゃけユナイテッドがしょぼかったから、失点しなかっただけで、十分危ないシーンはあったと思う。まあそんな風に高いレベルで膠着状態が続いてチャンスがなかったというよりも、お互いにしょぼすぎてチャンスがなかった感じだったので、凡戦感があったんだろう。

さらにまずいのは失点してからの第二の手が全くなかったことだ。まあトレイラに代えてセバージョスを入れれば、多少は攻撃にアクセントが付くことになるだろう。でも、今までの試合を見る限り、セバージョスに試合を変えるほどのインパクトはない。もちろんペペをネルソン、サカをウィロックに変えるのもそうだ。

そうならば、フォーメーションを変更するか、もしくはアンタッチャブルなジャカやゲンドゥージを変更するしかない。

つまり、この試合でエメリがやったのは棚から牡丹餅が来るのを待っていただけだ。今回は運よく相手がミスしたため、引き分けまで持ち込めたわけだが、本当に運だけだったと思う。

もしエメリに勝利への策を考え、チームを導くだけの能力がないとするなら、本当にエメリアウトを考えるべきではないだろうか?

where is Ozil!?

先に話しておくと私はエジルが好きだから、ちょっとこの節は他の話以上に偏見が入るかもしれない。でも言っておきたい。

エジルはどこにいったんだ!?

OK。エジルを毎試合使えとは言わない。エジルは確かに守備が下手だ。以前の記事で話したように速攻もあまり得意ではない傾向がある。

エジルを出したら守備はある程度諦める必要があるだろう。でも、今のチームはそもそも守り切れていないじゃない。明らかにセバージョス、オーバ、ペペは守備が下手で、代わりにエジルを出しても五十歩百歩のレベルになるだろう。

それに本当に守備面での改革を行いたいなら、ジャカやゲンドゥージの部分も考えなくてはならない。もちろんレノ、ソクラティス、ルイスもだ。そんな風な色々な可能性がある中で、選んだのがエジルのベンチ外というのは納得がいかない。

今季、唯一エジルが出場したワトフォード戦。悪かったのはエジルか?それに、もしエジルが悪かったのなら、なぜ彼を71分まで残した?ゴールキックからのビルドアップで相手にボールを渡したナイルズ、ソクラティス、ゲンドゥージは責められないのか?トッテナム戦でPKを与えたジャカは?ルイスが何回PKを与えたかはググらないと分からない(笑)。

エメリは「エジルを選ばなかったのは、他の選手がより試合に出るのに値したからだ」という。風邪を引いたのほうが信じられる言い訳だ。

中盤の最適解

エジルの話が出たので、ついでに中盤の最適解について考えてみよう。

明らかにエメリは中盤の最適解を見いだせていない。ジャカは効果的なプレイができているとは言い難く、トレイラはボックス内に入り過ぎ、セバージョスは守備が雑過ぎる。

そもそもトレイラとセバージョスのベストポジションはどこなのだろう?

私はトレイラのベストポジションは4231のCMか、4312のアンカー、ないしは右サイドだと思っている。

つまり、個人的にはトレイラを433のアンカーで使うのはちょっと難しいと思う。守備面ではフィジカルな能力の低さ、攻撃面ではパスレンジの狭さを考えると、中盤の底でスペースを埋めるよりも、2センターの高い位置でボール奪取とつなぎの役目を取るべきだ。

次にセバージョス。セバージョスはちょっと難しい。本人も言っている通り、攻撃面でセバージョスの力を最大限に使うには、彼をCMに置くのがよいだろう。彼はファイナルサードでもある程度貢献ができるが、もう少し低い位置でプレイしたがっているように見える。

しかし、彼の守備力を考えると、2ボランチの一角として用いるにはかなり勇気がいる。となると、二つ選択肢が出てくる。まずは彼を4312の左サイドで使う手だ。そして、4231のトップ下だ。しかし、後者を選択する場合、彼が下がってきた位置を効果的に埋めることができるボックストゥボックス型のプレイヤーが必要である。つまりウィロックの出番である。

総じて言うと、アーセナルの中盤には以下の4つが考えられる

  • アンカー役のジャカ or ゲンドゥージとトレイラのダブルボランチ、トップ下にエジルの4231
  • アンカー役のジャカ or ゲンドゥージとウィロックのダブルボランチ、トップ下にセバージョスの4231である
  • ジャカ or ゲンドゥージ(アンカー)、セバージョス、トレイラ or ゲンドゥージ、エジルの4312
  • トレイラ(アンカー)、セバージョス、ゲンドゥージ、エジルの4312

一番目は昨季の前半も使っていたため、ある程度完成されたものがあると思う。二番目は今季の二節(だっけ?)に使ったもので、これもうまく動くだろう。三番目も一度用いたもので、攻撃面では良いが、サイドの守備をどうするかが課題である。最後のものはトレイラをアンカーに置くものであり、ジャカを外したパターンだ。これもサイドの守備が課題となり得るが、トレイラのアンカーがどう動くかがポイントになる。

まあ色々と上げてみたが、とにかく可能性は沢山あるのだから、試してみようよエメリさんってことだ。

選手採点

ちょっと覚えていないが、選手採点

レノ 6.5点

二つは良いセービングを見せた。後半中盤のマグワイヤのミドルシュートと、最後のラシュフォードのフリーキック。ただ足元でのプレイには不安定さを見せた。もしかすると、ELで足元のうまさを見せたマルティネスにお鉢が回ってきてもおかしくない。

ソクラティス 6点

何度か良いカバーリングを見せた。失点場面ではちょっと寄せが甘かった。ビルドアップでの貢献は薄かった。

ルイス 6.5点

いつも通りのルイスだった。これほど点が付けづらい選手もいない。基本的には良いパフォーマンスだった。ビルドアップの場面で良いパスを何度か通した。最終盤でマクトミネイを倒してファールを与えたのは頂けない。

チェンバース 6.5点

攻撃ではよくスプリントした。クロスの精度がもう少しよかったら…。守備面でもジェームズによく対処していたと思う。85分ほどから足をつってしまってプレイできなくなったのは良くない。ちゃんとスタミナ配分を考えないと。

コラシナツ 6.5点

攻撃よりも守備で貢献した。まあどちらかというとイージーな相手だったかもしれないが、ぶちかましを何度かやって、ボールを奪っていた。失点場面では競り合いにいけずに中途半端なプレイをしたせいで、ジェームズに置いていかれた。

一本だけグランダーのスルーパスをオーバに通そうとした。結果は通らなかったがあんな器用なことができるとは…。

ジャカ 6点

う~ん。よくも悪くもあんまり存在を感じなかった。良い守備もなかったし、良いパスもなかった。

ゲンドゥージ 6.5点

今季はずっと調子が良いが覚醒している感がある。いくつかの難しいパスを通して、チームに貢献した。もうちょっと激しいプレスができてボールを奪い切れれば、一流のボランチになれるだろう。

トレイラ 6点

採点に迷う。ポグバを抑え込み、主にジャカとコミュニケーションを取りながらチームを支えた。しかし、やっぱり攻撃面ではファイナルサードで効果的なプレイを見せられなかった。どう考えても彼は本来そこにいるべきではない。

サカ 6.5点

いくつか良いプレイをして、ファールを誘った。アシストの場面では冷静なパスを出した。しかし、絶好機ではシュートを決めきれなかった。何故かはわからないが、全体的にボールに絡む回数が少ないのが気になる。

ペペ 5.5点

時々良い守備をした。攻撃はひどかった。エメリは彼を休ませてあげるべきだろう。

オーバ 7点

唯一の得点を上げた。一対一ではあったが、非常に難しいフィニッシュをループで簡単に決めた。ビルドアップの場面でも左右に開いてボールを受けて、良いパスを供給した。少し守備は雑だった。

セバージョス 6.5点

まあ良いプレイもあった。が、やっぱり守備がへたくそなのが気になる。4231のトップ下で使ったほうが良いと思うけどね~。

ウィロック 採点なし

ちょっとドリブルした。

ネルソン 採点なし

ちょっとドリブルした。

次節

その前のEL

ミッドウイークにELがあったが、若手主体で挑んだ。

まずマルティネッリがCFで良いプレイを見せた。2G1A。ティアニーのボールも良かったが、ヘディングでゴールを見せてくれたので、クロスからの攻撃の手立てがないレギュラー陣の救世主となってほしい。

次にティアニー。リバプールのロバートソンと代表で争うぐらいの逸材との触れ込みだったが、それは本当だった。ビルドアップもうまい。クロスもうまい。走り込みもうまい。インナーラップもうまい。一試合だけだったが、ちょっと衝撃的だった。守備をする場面はそれほどなかったため分からないが、すぐにプレミアでもレギュラーになれるだろう。

次にホールディング、ムスタフィのCBコンビ。まあホールディングは抜群だった。ちょっと風格も漂うパフォーマンスで、主にビルドアップの場面でチームに貢献した。

最後にベジェリン。残念ながら本調子じゃないようだ。う~ん残念だった。

という中で次節

ボーンマスが相手だ。エディハウが監督。珍しくボールを持つチーム。

キーマンはアケ、カラムウィルソンとかだっけ?アーセナルが獲ろうとしたフレイザーも所属。簡単に勝てるような相手ではなく、しっかりプレイしなくてはならない。

予想フォーメーション

エジルはOUTってことなんだろうね(;・∀・)

ってことで先発予想。

オーバ

マルティネッリ セバージョス ネルソン

ジャカ ゲンドゥージ

コラシナツ ルイス パパ チェンバース

レノ

思い切ってマルティネッリを入れてくることを予想してみる。サカも悪くないけど、得点源がオーバしかない現状を打破してくれる人に期待する。ペペは流石に休ませてあげるべきだろう。ELで少しずつコンディション上げていけばよいじゃん。代わりにネルソンを入れてみた。

ジャカは最近のパフォーマンスを見ると外したい気持ちになるが、今外すのは選手の気持ちを折ることになりそうだ。ゲンドゥージは外せないし、残りはまあ、セバージョスかな。

ホールディングが戻ってきているなら、スタメンもあり得る。ティアニーはELでよかったけど、大事を取って先発では使わないだろう。

まとめ

ユナイテッド相手にアウェイで一ポイントは悪い結果ではない。どんぐりの背比べ的な様相を呈してきたトップ4争いだが、ここでボーンマスにいい形で勝てれば、一歩抜け出せる感じはある。

次こそしっかりとした勝利を!!

以下その他の情報

  • コシェルニーがインタビューに答えたって。体力的に無理だった的な話らしい。それでもプレシーズン帯同せずで退団はがっかりだ。
  • ユナイテッドは攻撃陣補強だって(笑)。なんでルカクを放出したんだよ。
  • トッテナムはブライトンに負けてしまった。どうしたの?
  • レスターはリバプール相手に良い試合をした。勝てればよかったけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました