19/20EPL第三節アーセナル対リバプール (A)

まあ、予想通り完敗だった(´;ω;`)。

そんな試合をレビュー…。

スタメン

4312

レノ

ナイルズ パパ ルイス モンレアル

ゲンドゥージ ジャカ ウィロック

セバージョス

ペペ オーバ


予想外のスタメン。4バックなのは分かるとしても、まさかのダイアモンド型の4312。

リバプールはサイドアタックからでも十分点が取れる。というより、それが主な攻撃パターンの気もする。そのリバプール相手にWGを置かないでプレイすることを選択。それもトレイラを入れずに、ウィロック、ゲンドゥージのアタックコンビで中盤を構成する。FWもラカゼットを使わずに、ペペをチョイスする。

う~ん。どうでしょう。

相手のリバプールはいつも通りの433。スタメンも予想通りのベストメンバー。

一つ言うと、今シーズンから怪我から復帰したジョーゴメスを使わない選択をした。彼は昨季の序盤は素晴らしい活躍をしていたが、復帰してからは今一つであった。それでも期待の若手であり、無理して使ってくるかなと思ったが、マティプとアーノルドをチョイスした。ここら辺はさすがクロップだぜと思ったりした。

試合

前半

基本的には攻め続けるリバプールとちょっとだけチャンスを作るアーセナルの構図だった。

特に10分ぐらいまではリバプールの猛攻という感じ。そこを超えると多少は楽になった。しかし次はサイドチェンジを有効に使われ、ウィロックかゲンドゥージがDFラインに吸収され532のような感じになってしまっていた。結果前へのパスがつながらず、蹴るだけの場面が続く。

一時期はリバプールはアーリークロスを入れるだけの単調な攻撃になったときもあった。が、全体的にはスリートップがクレバーなプレイを見せていた。また特にアーセナルのDFラインが下がったあとは、中盤でいいように回され、目線を変えられた状態からクロスを入れられる場面が目立った。

得点は40分。コーナーキックを相手CBがヘディングでゴール。マークはパパだったと思うが、よくわからない。いずれにせよ、セットプレーはここまでもまずい感じだったので、いずれは入れられそうな匂いはあった。

さて、一応アーセナルのチャンスシーン。

  • ジャカからオーバへパスが入り、さらにペペへとスルーパス。これは通らなかったが、相手GKのクリアミスを誘い、そのボールをオーバがループシュート。惜しくも枠外。
  • コーナーキックのクリアボールをペペが拾い、相手DFを抜き去ってシュート。キーパーに止められる。
  • 低い位置のパス回しからウィロックが良い位置でボールを受け相手DMを躱す。さらに相手右SBもかわし、ペペのエリア外からのシュートを呼び込む。が、ゴールならず。

後半

後半の頭からの交代はなし。エメリはこのままでよいと思っているのか?

意外と入りは悪くなかったアーセナル。だが、アーノルドからフィルミーノへの斜めのパス。さらにフィルミーノがサラーにワンタッチで出すと、ルイスがユニフォームを引っ張ってPKを献上する。これを決められ2-0。

ここから55分までアーセナルがパスを回せる形がある。しかし、それ以上にリバプールがゴールに迫っている印象。

ついにそれが実を結んだのは58分。相手DMが低い位置でボールを受け、前にボールを出すと何故かまっすぐにサラーの元へ。全体的に前へ行く気持ちが強すぎたのだろうか。さらにルイスが何故かボールを奪いに行って躱されると、モンレアルも追いつけずにゴールを決められる。

これで3-0。60分にセバージョスをトレイラにスイッチ。

トレイラが入ったこととリバプールの3トップがそれほど守備をしなくなったことから、ある程度中盤で回せるようになる。特に右サイドからの攻撃が目立った。

この後はミドルサードでのボールロストからカウンターを打たれ、いくつかピンチはあったが、基本的にはアーセナルがボールを持ち、リバプールはカウンターのみ。

80分にラカゼットを投入。いくつか存在感を見せる。84分にアーノルドのクリアミスから、ジャカからオーバに繋がり、最後はトレイラがゴールにたたき込む。

3-1でゲームエンド。

試合の論点

エメリの狙いは…

まさかの4312で試合に入ったアーセナル。

正直に言うとほぼ訳が分からない。つまり、試合展開とエメリの采配が全く合っていない。

どう考えてもあそこまで後ろに下がって守るなら、532でよかったように思える。少なくとも、セバージョスなりウィロックを外してトレイラを入れるほうがソリッドだっただろう。

一つ考えられるのは、あそこまで後ろに下がってプレイする気はなく、本来はミドルサードとディフェンシブサードの間くらいで相手からボールを奪取する気だったのではと思える。そこからはダイアモンドを構成する4人でパス回しをしながら、カウンター気味に前進するのが狙いだったのではと思う。

これは前節や前々節と取っていた手法は同じで、ある程度外側からのクロスは仕方ないと思って守っている部分も同じに思える。中盤のダイアモンド型を選んだのは、守備面で内側をより強固にしたかったことと、攻撃面でもリバプールの3センターに対して3センターで挑むのは無理だと思ったこと。もちろんカウンターである程度相手サイドバックの裏のスペースを狙う気もあったんだろうなと思う。

じゃあ、なんでうまくいかなかったのか?

ダゾーンの中継がちょこちょこ止まってしまったから、イマイチよくわからない。明らかな悪影響は中盤の守備がはっきりしていなかったため、一方のサイドバックから他方のサイドバックまで簡単にサイドチェンジさせられていた。ここはもっと明確に網を張っていてもよかったと思うが…。

う~ん。やっぱりわからないな。セバージョスがリバプールのプレスを回避できて、前に進めると思っていたのかな~。

動かなかったエメリ

これもまたよく言われていることだが、なぜこの試合は動かなかったのか。トレイラを入れたのが3-0になった60分。少なくともセバージョスが良くなかったことは明確だったんだから、後半頭から選手交代でもよかった気がする。ラカゼット入れて4231に戻すとか。

そもそも相手のリバプールは試合中はもちろんハーフタイムで微調整して、勝利に結びつけるのがうまいチームだと思う。そのリバプール相手にアンダードックのアーセナルが、なぜ動くのを中書したのか。理解ができない。

やっぱよくわかんないな~。

トレイラって不遇だな

またも使われなかったトレイラについて話してみよう。

よくジャカを外してトレイラを入れるべき的な話を目にする。が、私が思うにトレイラはジャカのリプレイスにはならない。トレイラはボックストゥボックス型と言えばよいのか、基本的には自分が動くタイプのCMだ。対するジャカはアンカーであり、深く守るタイプのCMだ。全く長所短所が異なる。

おそらくトレイラとジャカだと、トレイラのほうが守備がうまいのは事実だ。でも私が知っている限り奪いにいくプレスがうまい人とカバーリングがうまい人は違う。もちろん優れた選手はどちらもうまいため、トレイラがアンカーのようなプレイをすればジャカよりも優れている可能性はある。が、人には得意とするプレイスタイルがある。

つまり、何を言いたいかというと、トレイラをジャカの代わりに使うと、今のアーセナルとは異なる戦術が必要になる。そしてそれが悪いのか良いのかも含めて、トレイラを使うか使わないかを決めるべきだと思う。

あ~あ、トレイラって不遇だな。

選手採点

レノ 5.5点

点数をつけるのが難しい。結果3失点したわけだが、せいぜい可能性があったのは3点目ぐらいで、すべて止めるのは難しかった。一度マネの決定機を防いだ。クロスへも正しい反応を示した。

パパ 5.5点

身体を張った。コーナーの場面では競り負けた。

ルイス 4.5点

サラーのユニフォームを引っ張り2点目となるPKを献上した。さらに3点目もアホみたいなディフェンスをしてサラーに抜かれた。アーセナルがムスタフィ的ディフェンダーから逃れられる日は来るのだろうか…。いくつかクレバーなロングボールがあった。

ナイルズ 5点

存在感が薄かった。ビルドアップの際に彼のところにボールが行くと、タッチラインをわってばかりいた。後半は全体的に前に出たこともあり攻めあがったが、ペペとのコンビネーションはなく、相手の脅威にはなれなかった。

モンレアル 5.5点

同様に存在感が薄かった。3失点目はサラーの独走を許した。もしコラシナツだったら追いついたかもと思ってしまうのは、フェアじゃないが仕方のないことだ。

ジャカ 6点

よく守った。前半は時々前に出てボールを奪い、カウンターの起点となった。DFからのビルドアップの際にもうちょっとバックスを助けてほしい。

ゲンドゥージ 6点

今回のようなタスクを与えられるのは慣れていないのだろう。相手左SBに対する寄せは少し甘かったように思える。ボールを持ったときはフィルミーノを躱して前進したり、いくつか良い面が見られた。

ウィロック 6点

不思議なことに前節で快適にプレイしていた右CMではなく、左CMとして先発した。アーセナルは攻撃時には4222になるため、トップ下の一人と考えるべきだろう。数少ないボール保持の場面ではファビーニョとの競り合いに勝ったり、右SBをまた抜きで躱したり、存在感を見せた。守備面では目立たなかったが、淡々と役割をこなしていたように見えた。しかし、2失点目、3失点目は彼のポジショニングが悪かったから起こったのかもしれない。

セバージョス 5点

OK。これは夢だったんだ。次の試合で頑張ろうぜ。いくつかボールロストしたけど、良い勉強になったろう。プレミアリーグへようこそ( ´∀` )。

オーバ 6点

戦術的に仕方ない部分もあるが、アーセナルの得点王は低い位置でプレイさせられた。ペペへ良いパスを出していた。が、もちろん本来の彼の仕事はボールをゴールにぶち込むことであり、その機会は残念ながら少なかった。後半トレイラのシュートをアシストした。

ペペ 6点

ファンダイクを抜いた久々の人間になった。またPLで最高の左SBの一人であるロバートソンを手玉に取りダンスを踊った。シュートはあまりうまくなかった。オーバやラカから学んでほしいな。

トレイラ 6.5点

60分から。3点差がついた中、もうほぼ試合が終わったような空気の中プレイした。いつも通り小兵はハッスルしていた。彼がいることで右サイドからの攻撃はよくなったが、ナイルズとペペのコンビネーションがイマイチだったこともあり、チャンスを作り出せなかった。最後にうまいシュートを決めた。

ラカゼット 採点なし

80分から登場。出るのが遅すぎた。が、やはりオーバは彼がいるとプレイしやすそうだった。

ミキ 採点なし

ふむ。思い出せるのはミドルサードで何気ないパスをミスってピンチを迎えそうになったところだけだ。ムヒタリアンっぽいなと思った。

次節へ向けて

どことやるのかな

トッテナムです。ホームでのノースロンドンダービーです。

何だかあまり調子がよくないトッテナム。契約上の理由でエリクセンが出場できない状態だったり、ヴェルトンゲンもなぜか使われなかったりしている。トリッピアの後釜もう~んって感じ。新加入のエンドンベレも完全フィットとはいいがたい。チャンスである。

つ~か、そもそもホームでノーロンは負けられない。

エジルたん

まだ欧州が締まっていないけど、エジルたんは出ていかない宣言をエメリんがしました。

良かったよかった。

予想フォーメーション

さて4231でしょう。次こそ( ´∀` )。

4バックはコラシナツ、ルイス、パパ、ナイルズだろう。モンレアルはソシエダに帰るってさ。

中盤はジャカとゲンドゥージかな。特に変更する理由が見当たらない。二人とも良いパフォーマンスだったし。そして、残る一枚をエジル、ウィロック、セバージョスで争う。セバージョスはリバプール戦のパフォーマンスを見る限りは心配ではある。でもウィロックもバーンリー戦にトップ下をしたがよかったとは言い難い。エジルは未知数。まあ、セバージョスかな。

アタッカーは、オーバ、ラカ、ペペか…。この三枚だとすげー守備がボロボロになりそうだけど、エメリって意外とやるからな。期待してみよう。

その他

  • エルネリーはトルコに行くんだって、良かったね。
  • ムスタフィは残るんだって、すごい精神力だな。
  • 他チームだけどサンチェスがインテルにいった。トップフォームを取り戻せればよいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました