19/20EPL第二節アーセナル対バーンリー (H)

何故かはよくわからないがバーンリー相手に相性がよいらしいアーセナル。

ホームでもあるし、しっかり勝利してほしいな~。

フォーメーション

エジルは風邪と例の事件の影響でダウン。ジャカは膝と腰を怪我したらしい。コラシナツは戻ってきているけど…。という中でのエメリのチョイスは以下(画像は試合開始直前のものなので少し異なる。実際はセバージョスがトップ下で、ウィロックがボランチだった。WGもネルソンとオーバも左右逆であった)。

さて、以前の予想から思いっきり外したスターティングイレブン。

4バックは予想通り。しかし、ボランチはまさかのトレイラではなくウィロックをチョイス。トレイラはコパアメリカに出ていたため、代表戦での疲れが思ったより大きいのかもしれない。また左WGもミキではなくネルソンをチョイス。若者二人を選ぶところに今季のエメリの覚悟が読み取れる気がする。

バーンリーは予想通り442。今季もオールドなブリティッシュなダイナミックなフットボールを見せるらしい。

基本的には攻め続けるアーセナルとロングボールでシンプルに戦うバーンリーの戦いになると思うが、ウィロック、ゲンドゥージの中盤のDFがどうなるか心配…。

試合

前半

全体的な前半の流れとしては、地上戦でボールを運ぶアーセナルと、空中戦でボールを運ぶバーンリーの構図。一進一退の攻防という感じを受けた。

アーセナルのビルドアップの改善点として、明らかにダブルボランチの二人が動いてボールを受けようとしていた。ニューカッスルを相手にしたときは頑なに動かなかったのに。これはエメリの指示だろうか?

またミドルサードまで前進した際は、セバージョスが下りてきてダブルブランチと含め2対3の状態を作り前進する。3人とも前へのドリブルを得意とするプレイヤーなので、誰かがフリーでボールを受けると、ある程度相手ディフェンダーを自力ではがすことができていた。特にウィロックがその形で作るチャンスが多かった。

最後に個人レベルでの改善があった。ダビドルイスはCBから絶妙に相手に近づくゆらゆらドリブルで相手を困惑させ、さらにロングボールを何度かオーバに出していた。ラカゼットがトップだったため下がって受けるプレイをしてくれたことも全体としては大きいと思う。

対するバーンリーは分かりやすく前に進んできた。長いボールを使ってFWが競り合い、こぼれ球を拾い、右サイドに展開。そこからのクロスでチャンスを作っていた。また、ミドルサードでアーセナルがボールロストしていたことも相手のリズムをよくしていた要因だったと思う。

さて、アーセナルのゴールは前半12分。ベンミーの不運なハンドなどもあり、アーセナルサイドのセットプレーが複数回続いた。そしてその流れの中でラカゼットがゴールを決める。コーナーキックをニアで受けて、得意の反転からのシュートだった。

対するバーンリーのゴールは前半42分。ネルソンのシュートが止められると、そこからロングカウンター。エリア外のシュートがソクラティスに当たり、たまたま相手FWの足元にこぼれて、押し込まれて失点。不運な形でもあったが、もっと前でファウルでもいいから止められないものか。

そんな感じで1-1で後半に進む。

後半

後半頭からネルソンに代えてペペを投入した。これは結構意外だった。確かにボールロストもあったためよかったとは言い難いが、後半の最初から変更するほどではなかったと思う。おそらくペペを使うことを最初から決めていたのだと思うが、真相はよくわからない。

ただこの采配が当たったのか、後半はアーセナルペースだった。

基本的には左に流れてくるセバージョスとモンレアル、ゲンドゥージ、オーバの連携で大分深いところまで侵入出来ていた。右はペペの個人技でいくつかのチャンスを作っていた。

こう見てみると前半は中央からウィロック、ゲンドゥージ、セバージョスの三人で崩して前進するのが主だったように思えるが、後半はボールをコントロールしながらサイドから崩す狙いがあったのかもしれない。

これは前半にミドルサードでボールを失って、カウンターでピンチを招いていたからかもしれない。単純にペペの特徴を生かしただけの可能性もあるけれども。

得点は63分。セバージョスの素早いプレッシングからのショートカウンター。最後はオーバがスーパーシュートを決めて2-1にする。

唯一に思えるようなピンチは70分。オーバの頭越しにサイドチェンジをされて、相手右サイドバックが前進。ボランチのスライドも遅かったために、内側にドリブルされて、最後は大外からフリーでクロス。シュートが入らなかったので良かったが、ちょっと危ないシーンだった。

その後はコラシナツを入れて5バックにしたアーセナル。全体的に後ろ体重になったため、攻撃の迫力はかけたものの、そのまま堅実にタイムアップを迎えた。

試合の論点

セバージョス様(⋈◍>◡<◍)。✧♡

明らかに彼がこの試合に主役だった。そして、さらに明らかだったのは、グーナーが求めていたすべてが彼のもとにあった。

つまり、彼は華麗にボールをダンスしていたし、よく走る労働者でもあったし、昨季までに時々あったつまらないビルドアップを大きく改善していたし(今節はジャカがいないこともあり、その可能性は十分あった)、情熱的なパフォーマンスだったし、そして若かった。

唯一の欠点は彼がイングランド人でなく、アーセナルのアカデミー出身でないことかな。まあそれは仕方ないさ。

うん。まあざっくり言うと、そんな感じだ。素晴らしすぎてうまく書けない( ´∀` )。

そういや一点目の得点のセレブレーションときに彼があんまり中に入れないのを見て、ちょっとまだ周りと馴染んでいないのかなって感じた。

まあそこらへんはこれからかな。

エメリの采配

今節は新戦力の輝きの中でもこっそりとエメリの采配が光った試合でもあった。

まずスターティングラインナップ。若手二人を使いながらも、さらに新戦力も使いながら勝利したことは、ただ単なる二連勝以上に意味がある。監督の仕事はほとんどスターティングイレブンを選んだ瞬間に終わっているという言葉があるが(誰が言ったんだっけ)、素晴らしい仕事だったと思う。

次に後半早々にペペを入れた。それによって明らかにアーセナルが押し込む時間が増えた。何でも試合前の予測ではバーンリーがもっと引いて守ってくることを予想していたそうな。ところが思ったよりハイプレスで来たため、ミドルサードでのボールロストが目立っていた。それで変更したそうな。

ペペが入れたことで何が変わったかはよくわからんけどね。オーバが左サイドになったことで右サイドバックを低い位置にくぎ付けにできたとか…。オーバはほとんどFWだから、オーバがいなくなった左サイドのスペースをうまく使えた感じはあったが、どうなんだろう。

最後は3バックにして試合を終わらせる采配を見せた。コラシナツを入れたのが70分だから、試合終了20分前から守りに入ったことになる。ここら辺も素晴らしい采配だった。

昨季から見てきて思うが、ペップのように戦術的な凄さがあるわけではないし、クロップほどモチベーターではないが、エメリには選手起用のうまさがあると思う。昨季で選手起用で失敗だったのは、最終盤のレスター戦(だっけ?)ぐらいで、それもまあ仕方ない気があった。

そこら辺のバランシブなところが所謂一貫性とか言うやつなんだろうなと思う。目立たないからなかなか気づかんけど。

ゴールキックどうにかなりませんか?

表題の通り。

ぶっちゃけひどすぎじゃないか。セバージョスの活躍もあり、今節は前節以上にビルドアップがうまくいっていた。けれどもゴールキックからつなげられた確率が異常に低い。

一つには戦術的なものか。4231だと433に比べると基本的にはパスコースが少ないらしい(2トップでCBとCMを両方見ることができるっちゃできる)。

もう一つは能力的なものか。例えばユナイテッドとかだと、新加入のワンビサカがドリブルで運べるし、デヘアに返すという手もある。そんなにひどいわけではないけど、トップ6だと足元のうまさだと大分劣るかもしれないな

次節はハイプレスが大得意なリバプールということもあり、そこが注目ポイントの一つかな。

選手採点

ちょっと色々書きすぎて試合を見たのが大分昔になってしまい、あんまり覚えていないけど採点してみる。

レノ 6点

バーンリー相手にクロスへの対応のまずさを浮き彫りにされた。う~ん。やっぱり空中戦は弱いですな。一度もまともな対応をしなかった気がする。

ソクラティス 6.5点

空中戦で何度か後ろにそらしてしまったこともあり、全体的に前節よりソリッドでなかった気がする。相方がチェンバースであれば、前に出るのを相方がやってくれるから、彼の得意とする(?)カバーリングに専念できるからかな。本人的には「フンメルスと同じタイプのルイスともやっていける」と言っていたから、ただ単に連携がまだ取れていないのかもしれない。

ルイス君 7点

早速良いパフォーマンスを見せた。時にやらかすタイプのDFであることは分かっているが、今日はその日ではなかったらしい。空中戦は強かったし、ビルドアップでの貢献も大きかった。

ナイルズ 6.5点

モンレアルのお株を奪うぐらい目立たなかった。時々上がっていったが、トラップミスやキックミスをしただけだった。まあ守備はまずまずだった。

モンレアル 7点

ここに来て調子を上げてきたモンレアル。特に後半の左サイドからの攻撃は効果的だった。惜しくもアシストとならなかったが、前半の終わりには素晴らしい抜け出しを見せた。……ちょっとクロスが雑かな。

ゲンドゥージ 7点

珍しくアンカーとして起用されたこともあり、あまり目立たなかった。この試合で相手のロングボールに対するセカンドボールを全く取れなかったことを考えると、ゲンドゥージ/ウィロックのダブルボランチは微妙かもしれない。採点は迷ったが7にしておいた。

ウィロック 7点

セバージョスが下がって受けるため頻繁にポジショニングチェンジをして、フリーでボールを受けられた。そこから行うドリブルも印象的だった。やっぱりCMのほうが合っていると思う。欲を言うとファイナルサードでのアイデアがもうちょっとほしい。あと失点シーンは彼の軽い守備があった。

セバージョス 8点

グッドだった。印象だけでなくほとんどのスタッツで他のプレイヤーを圧倒した。アシストは二つ。ゴールもかなり惜しいシュートがあった。彼に言うことは何もないね。頑張ってほしい。

ナイルズ 6.5点

ちょっと辛口だと思うが、ボールロストが目立った。相手右SBの攻撃参加に手を焼いていた。前半で退いた。

オーバ 7.5点

相変わらず好調をキープ。何度かルイスのロングボールから裏へと抜け出した。これからの一つの攻撃パターンとして確立してほしい。後半にセバージョスのナイスプレスから、ファインゴールを決めた。今季も得点王の匂いがする( ´∀` )。

ラカ 7.5点

久々の出場だったらしいが、そんなの関係ないぜ、このフレンチマンには…って感じだった。得意の反転からのシュートで見事な先制点を挙げた。また何度もポストプレイで味方を助けた。後半の途中で交代させられたのはかわいそうな気がした。

ペペ 7点

前節は出場時間が少なくて何もできなかったが、今節は後半をフルにもらえて、自分の能力の片りんを見せた。クイックなドリブルで相手を躱した。一度素晴らしいスルーパスをオーバに出した。また意外と相手を背負ってプレイするのが得意らしく、下がってボールを受ける意思を見せたのも好印象だった。

コラシナツ 6.5点

元気な姿をファンに見せた。

トレイラ 採点なし

出場時間が短かったため採点なし。1点リードして入って早々レノとの接触を理由にピッチに転がった。南米人らしいな~と感心した。多分試合後に相手の監督がフェアじゃないと怒っていたのはあれなんだろう。

次節の展望

相手の情報

アンフィールドで昨季のCLチャンピオンのリバプールを相手にする。

実はちょっと調子が悪い気がするリバプール。開幕戦ではホームで昇格組に点を決められ、サウサンプトン相手には綱渡りのような試合をした。それでも勝てるところがすごいっちゃすごいが…。

何でも昨季に比べてラインが高いとか何とか。正GKのアリソンが怪我していることも注目に値する。

対する私たちアーセナルは2連勝中で勢いはある。ここで勝つしかない。と言っているが、アンフィールドで最近はリバプールに弱いらしい。昨季のエミレーツでは互角以上に戦ったけどね。まあ良い試合を期待しよう。

スタメン予想

ぶっちゃけ分からんが予想してみる(情報としてジャカとエジルは出場できるらしい)。

まずフォーメーション。サポーター界隈では5バックを推す声があるらしいが、間違いなく4231だ。よっぽどリバプール用に特訓してきたものがない限りはフォーメーションを変えはしないと思う。

さて、スタメン。

GKはレノ。DFはモンレアル、ルイス、パパ、ナイルズだろう。コラシナツを入れてもよいが、この二試合のパフォーマンスや対峙する相手を考えるとモンレアルのほうがベターだと判断。

ミッドフィルダーはジャカ、ゲンドゥージ、セバージョスだろうか。ゲンドゥージをウィロックにする可能性があるが、全体的なバランスでいうとゲンドゥージのほうが上な気がする。

個人的にはもちろんジャカ、セバージョス、エジルが見たい(誰だってそうだろう)。けど、しないだろうな。しない?するよね。だってアーセナルだもん( ´∀` )。

アタッカー。順当に行くとオーバ、ラカ、ミキかな。エメリがネルソンをリバプール戦でも使うかどうかが気になる。私は現時点だとミキのほうが上だと思うんだけど、エメリはどう判断しているのか。

ペペの出番はまだ先でよいと思う。この二試合で分かったが、彼はオーバ以上に守備をしない。リバプール相手にはちょっと厳しいかな(彼をどう使う気なのかも興味深い話題の一つだけどね)。

その他諸々

  • エルネリーとムスタフィがエメリから要らない子宣言されたらしい。サポーターからの信頼も薄れている2人なので、早めに売却して上げてほしい。
  • 前節の記事で「アーセナルの守備ラインって低くない?」ということを話題にしたが、特に誰もそこを指摘していないところを見ると、私の勘違いのような気がする。よくわからない。
  • もはや誰も突っ込まないが、エジルってまた風邪ひいたの?虚弱体質だったっけ?
  • 今節のエミレーツの雰囲気は良かった。昨季の終盤はアーセナル自体の調子が微妙だったこともあり、ひどい雰囲気だったので良かった。夏にしっかり補強したのがサポーターの心をつなぎとめたのかな。
  • アーセナルのオーナーサイドが声明を出したらしい。前々からオーナーサイドはサポーターからはアーセナルに対して関心がないと思われているらしく、こういう声明を出すのは珍しいことらしい。夏の補強がうまくいき、久々の開幕二連勝を飾ったこのタイミングで出すところはやり手の政治屋だなと思った。あと、個人的には「自分は幼いころはサッカーをやっていて左WGでヘディングゴールを決めていたよ…云々」のくだりが結構面白かった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました