「のんびり再開」って書こうとしたら「のんびり最下位」になって縁起でもねえよと思いつつのんびり再開[FMプレイ日記長旅編44]

Football Manager プレイ日記

お久しぶりです。

前書き

(‘ω’)「お久しぶりです。ウイイレ楽しいです」

( 一一)「お久しぶりです。レートがなかなか500を超えません」

(‘ω’)「急に休止して申し訳なかったです。まあ、ちょっと記事の質も悪くなっていたので、うっすら勘の良い読者は気付いていたかもしれません。さすがにちょっと飽きが来てしまって」

( 一一)「何事にも休息は大事ですね」

(‘ω’)「一応再開しますが、ちょっと更新頻度は落ち気味になりつつです。いつも通りダラダラと暇なときに見てください。あと、どうでもよい報告としてサーバーがかわりました」

( 一一)「このページ、スイスイ動くようになったと思います」

(‘ω’)「サーバーの性能は上がったと思うけど、代わりにキャッチアップ画像がデフォルトのものになってしまった。頑張れば直せると思うけど…。まあ過去記事は振り返らない主義だから、面倒だからこのままでよいかな…。さて、オチもないので、音楽紹介を…」

Yellow Magic Orchestra – Tong Poo (1978)

(‘ω’)「ライディーンのほうが有名な気がするが、私は東風のほうが好きかな。多分坂本龍一のほうが好きなんだろうね」

本編

( 一一)「前回は11月まで話しましたが、442でなかなか勝てていた感じでしたね」

(‘ω’)「そうだな。FWのジュリアンの活躍もあって順位表の上では3位だった。あの後12月入って…」

(´・ω・`)「こんな感じになってしまった」

( 一一)「やらかしましたね…」

(´・ω・`)「そうだね。リーグ戦5連敗はちょっとミスった」

(‘ω’)「最初はウルブス戦だったんだけど、モーゼスが1発レッドを受けてね。ただでさえ、そこそこ強いウルブス相手だから、そのまま押し切られてしまった」

( 一一)「エースのモーゼスがレッドカードで出場停止になったのは痛かったですね」

(‘ω’)「うん。まあそれ以前にFWのジュリアンの調子が9月ごろに怪我してから、ずっとイマイチだったんだよね。とにかくそんな状態ではストークに勝てるはずもなく、あっさりと3-0で完敗する」

( 一一)「それで調子を崩したのか、ボーンマスにも引き分けてしまっています」

(‘ω’)「そうするとアウェイでリヴァプール、マンUの2連戦は勝てるはずもなく(とはいえ1点差だったけど(・´з`・))負けてしまう」

( 一一)「内容を見ると、それほど悪くはありませんが…(二回目だけど1点差なんだって(・´з`・))」

(‘ω’)「うん。442も悪い戦術ではなかったが、攻撃面ではモーゼスの突破力とジュリアンの得点能力に頼り過ぎていたため、彼らの調子が落ちてくると勝ち切れない試合が増えてきた印象だな」

( 一一)「どちらかというと守備的な戦術でしたからね。2トップである分得点は無理やり入っていた感じですが」

(‘ω’)「そこで私は戦術変更をする…。4123だ」

(‘ω’)「ベースにあるのはリヴァプールの4123だ。メンタリティは「コントロール」で固定。とにかくゲーゲンプレスで前からハメにいく」

( 一一)「攻撃面では「スペースにパスを出せ」や「もっと自分を出せ」などを選択…。守備的なチーム指示も「タイトにマークしろ」や「激しく当たれ」など攻撃的なオプションを選択していますね」

(‘ω’)「うん。攻撃パターンはWGの裏抜けが一番多い。そこからのクロスがもっと合えばよいのだけど…。そこはちょっと考え中だな。チーム指示とかで改善できるのかな?」

(‘ω’)「とりあえずもうこの長旅編は最後までこの戦術でいこうと思う。一度も記事にはしていないけど、実はゲーゲンプレスを完成させることもこの長旅編の裏目標としてあったし、
今のグロスターのスカッドなら良いCMと良いCBがいるから、十分機能すると思う 」

( 一一)「それで、この戦術にしてからの結果はどうですか?」

(‘ω’)「こんな感じ」

(‘ω’)「結構驚異的な勝ち方をしている。…けれども格下との対決が多かったのも事実。とは言え1位のシティに勝てたのは大きかった」

(‘ω’)「別にどっちのほうが有利とかはなかったのだが、前半の内にセットプレーからのロングシュートが入り、さらに後半も早いうちにミドルシュートが入った。ラッキーだったな~」

( 一一)「ファウル数やコーナーキックの数を考えると、負けてても全然おかしくないですね」

(‘ω’)「うん。そうはいっても、相手は1位だからね。ここまでの試合ができただけでもほめるべきだと思うよ」

( 一一)「そんな試合もあって5位に浮上した私たちは6位のピーターバラとのアウェイ戦に臨みます」

(‘ω’)「実力的には五分ぐらいの相手、調子の良さを考えると勝てるだろうと思っていた試合だった」

(‘ω’)「しかし前半は完全にあっちのペースだった。そこまで崩されていたシーンはなかったけど、ファウル数は多かったし。こちらの攻めは全く機能していなかった。」

( 一一)「私たちの攻めの勢いは相手の442にうまく吸収されていましたね」

(‘ω’)「うん。これが4123の難しいところだと思う。1トップが孤立しやすいから、その前でうまくブロックを作る相手を崩し切れない感じがある」

(´・ω・`)「そこを破るためにインサイドハーフの一方をメッツゥーラにしているんだけど、この試合はメッツゥーラ役のカミルの調子がよくなかった」

( 一一)「守備面でも難しかったですね」

(‘ω’)「うん。CBが2人に対してFWが1人だから、基本的にはCMにボールは入れられるんだよね。さらに、DMの脇でFWが下がって受けたり、WGの裏でSMが受けたりすると、必然的にこっちは後退しないといけなくなってしまう」

( 一一)「大抵はCBにWGがパスコースを切りながらプレッシャーをかける形でどうにかなるのですが、この試合はイマイチだったですね」

(‘ω’)「うん。何だかうまく幅を使われていたように感じた…。そんなまずい流れの中で、やっぱり後半序盤にセットプレーからオウンゴールで失点した。その後は4231に切り替えたこともあって、攻め続けるけど、点が入らずに終盤になった」

(*‘∀‘)「すると、諦めかけたときにアドルフがロングシュートで1点決めて何とか同点に追いついてフィニッシュ」

( 一一)「難しい試合でしたが、何とか引き分けに持ち込めてよかったですね」

(‘ω’)「うん。アウェイで同格の相手、かつ相性も悪かったようだし。まあもっと早くに4231に代えておけばよかった気もするが…。4231でゲーゲンプレスはリスキーだからね。難しいところだ」

( 一一)「けが人も出始めていて、ちょっとなという感じも」

(‘ω’)「そうだね。FWのジュリアンはまた怪我したし、同じくFWのスティーブンの怪我から復帰した直後でフィットネスがイマイチだし、DMのルカも怪我している。どうにもプレミアに上がってから怪我に悩まされているな」

( 一一)「獲得した選手の傾向もありそうですが、そもそも日程が厳しいですからね」

(‘ω’)「うん。ELもFAカップも勝ち残っているから、かなりハードだ。気を付けないと」

( 一一)「それでは最後に順位表のほうを」

(‘ω’)「順位は5位だ。CL圏内の4位とはあと10試合で3ポイント差。十分可能性はあるが、これから対戦するチームの強さを考えるとちょっと難しめ。前回言っていたようにELのほうが可能性があるかもと思わなくもない」

( 一一)「でも1位のシティにも勝てたのですし、十分リーグでも戦えると思いますよ」

(‘ω’)「うん。まあそうだな。どちらもギリギリまであきらめないでいこう。代わりにFAカップはさっさと負けてしまうか」

( 一一)「かわいそうなFAカップですね」

(‘ω’)「まあ仕方ない。そんなに重要視してほしいなら、もっとFAが日程を考えるべきだな。こんなの実質無理な感じだよ。話は変わるけど、こんな状況の中でも今年はCLにイングランド勢が4チームも残っているのは素晴らしいことだな」

(*‘∀‘)「トッテナムとポルトのファンには申し訳ないけど、私としてはリヴァプールとシティはぜひもう一度勝負してほしいな。今シーズンのリーグ戦はエティハドでもアンフィールドでも微妙な感じだったからね。もっとバチバチ攻め合ってほしい」

( 一一)「どちらも攻撃的に出たチェルシー対リヴァプールは良い試合でしたし、この間のマンU対アーセナルもよかったですね」

(‘ω’)「どうしてもある種の試合だと本気でぶつかり合うというよりは、点差を考えながら相手の攻撃をうまくかわす感じになってしまうのがね。よくないよ。リーグ戦のマンチェスターダービーはぜひ熱い試合にしてほしいね」

(*‘∀‘)「ついつい本編なのに違う話をしてしまいましたが、今回はここで終了です」

( 一一)「次回はCL出場権を獲得して喜んでいるか、がっかりしてやる気がなくなっている状態だと思います」

(‘ω’)「それではさようなら~」

( 一一)「さよなら」

コメント

タイトルとURLをコピーしました