迫る……降格………(; ・`д・´)[FMプレイ日記長旅編37]

Football Manager プレイ日記

リーグ戦6連敗で始まった新シーズン。

守備的MFを使うことで、何とか持ち直して降格圏を脱したグロスターシティ。

初のプレミアリーグを何とか降格せずにいけるか(; ・`д・´)

本編

( ;∀;)「………1月まで進めました……」

(;;; 一一)「……」

(´・ω・`)「まずいよ~~。降格だよ~~~。どうすればいいんだよ~~~~」

(;; 一一)「斬新なスタートですね…」

(´・ω・`)「もう今回の私の顔、ずっとこれだと思う。どうして、こうなったのかな~」

( 一一)「…まあまあ、一つずつ話していきましょう。まずは11月から見ていきましょう」

(´・ω・`)「うん。じゃあ11月」

(´・ω・`)「前回話したようにまずはサウサンプトンに勝利した。その後は、クリスタルパレスには引き分けてしまい、ユナイテッドにはボロボロにされた」

( 一一)「アウェイのユナイテッド戦はともかく、同じ昇格組のクリスタルパレスにはホームで勝ちたかったですね」

(´・ω・`)「うん。前回の更新で話したようにDFラインを下げているんだけど、そのせいでサイドの選手にプレッシャーがかからなくなってしまった。それで、そこからのクロスで失点した感じ。このままじゃまずいと思って、4321に戻して、何とか追いついて試合終了…」

( 一一)「う~ん。新戦術があまり機能しなかったようですね…。次の月はどうでしたか」

(´・ω・`)「12月…」

(´・ω・`)「クリスタルパレス戦の反省から、4321に戻して何試合か戦った…。まずボーンマス戦」

(´・ω・`)「前半はいつも通り中央でボールをもって、左サイドを崩す形でチャンスを作っていたんだけど、SBのライエルが不調でクロスが中の味方に全然合わなかった」

(´・ω・`)「そこでハーフタイムに左SBとFWに「不満を持っている」といって激を飛ばすと、後半開始早々に左SBのクロスからFWがシュートを決めて先制。その後も順調に点を重ねて3-0で勝利」

( 一一)「おぉ、素晴らしい勝利ですね」

(´・ω・`)「うん。次のトッテナム戦もそこそこ粘ったけど、残念ながら2-0で敗北。バーンリー戦は1-0で勝利…。でもこれが最後の灯だった」

(;; 一一)「ここからですか…」

(´・ω・`)「そう、ここから…。続くスウォンジー戦はアウェイだったこともあり、2-0。さらに次はレスター戦だった。この時点で19位に沈むレスター相手にはホームでは勝っておきたい試合…」

(´・ω・`)「ところが勝ち切れず…。442(Diamond)の相手に対して、中央でポゼッションする戦術を使う私たちは相性が悪かった。それでも攻めたんだけどな~~」

( 一一)「厳しいですねーー。その後はリヴァプール、ストークと上位陣に敗北」

(´・ω・`)「上位陣には引き分けさえもできないね…。1月は勝利無し…」

(´・ω・`)「もしかしたら移籍志願を容認したのがよくなかったのかも…。ここら辺からモチベーションがひどい状態になっていった。最初は開幕戦で勝った相性の良いエバートンだったんだけど…」

(´・ω・`)「最後の最後で得たPKを相手GKに止められて1-1で引き分け」

(´・ω・`)「ウルブス相手にはゲンドゥージのその月の月間最優秀ゴールに選ばれる30mのロングシュートを決められて先制されると、さらに25mのフリーキックまで決められる(´;ω;`)。やけくそで攻めるといつの間にやら5-0で敗北(´;ω;`)」

( 一一)「ついてないですね」

(´・ω・`)「シティには粘ったけど、結局1-0で敗北…。続くニューカッスルとアーセナルには何とか引き分けて、終了だ」

( 一一)「さて、何が悪いんでしょうか」

(´・ω・`)「さあ、何が悪いんだろうね…。わかんないや」

( 一一)「投げやりですね」

(´・ω・`)「う~ん。そういうわけじゃないけど、こんな風に負け続けるとストレスもたまってくるよね。…申し訳ないけど、今回はここで記事は終了で…」

( 一一)「短くないですか?」

(´・ω・`)「ちょっと書くことないしね。現状の解決案も見つかっていないから…。って言うか本当に降格が見えてきている感じ。とにかく守る方法が分からないし、得点を上げる方法はもっとわからない…」

(´・ω・`)「唯一の光は…」

(´・ω・`)「ついにグロスターがコンソーシアムに買収された。スコットランドの大金持ちに買収されたっぽい。降格争いで必死だったから、どうでもいいやと思っていたんだけど…」

(´・ω・`)「4.1Bの移籍予算をくれた。これを使って冬移籍で補強をした」

(´・ω・`)「まず、エドウィン・チャン。メキシコ人。モナコ->インテル->ライプツィヒとそれなりの高額で1年でたらいまわしにされ、何故か900Mでグロスターに来てくれた。なぜ2.3Bで移籍させた23歳を、半年でRBLが半額以下で売ったのかはよくわからない」

(´・ω・`)「アンヘル・ドンイル。レアル・マドリードの下部組織出身。3年ほど前は沢山試合に出ていたところを見る限りでは、かなり期待されていた若手のようだ。しかし、結局伸びずに移籍リストに載せられているところを、1.05Bで獲得した」

( 一一)「どちらも良い選手ですね。冬移籍でこれだけの選手が獲れたのはラッキーです」

(´・ω・`)「うん。もう彼らが活躍しなかったら…降格だね~(´;ω;`)」

(´・ω・`)「それでは読者の皆さん、もしかしたら次の更新が最終回になるかもしれません。もしくは更新しないで失踪する可能性もあります。1週間以上更新がなかった場合は、「あぁ、あの人、やらかしたんだな」と思っていてください…」

( 一一)「それでは、さようならー」

(´・ω・`)「さようなら」

コメント

タイトルとURLをコピーしました