勝ったり負けたり…( 一一)[FMプレイ日記長旅編34]

Football Manager プレイ日記

チャンピオンシップ3年目…、まずまずのスタートを切ったグロスターシティ。

今シーズンこそ昇格へ踏み出すか?

前書き

(‘ω’)「こんにちは。仕事が始まった人、学校が始まった人、特に何も始まっていない人、というか終わりがなかった人。様々な過ごし方があるとは思いますが、年始めをいかがお過ごしでしょうか」

(*´Д`)「私は年始のごたごたで疲れ気味です。今回の記事もちょっと適当な感じになってしまったかもね」

( 一一)「しっかりしてくださいよ」

(‘ω’)「しっかりしようとしても出来ないものだ。まあ、ユルく行こうや。ちゃんとやらなくても良いことあるだろうし、ちゃんとやっても良いことないさ」

( 一一)「ダメ人間の発言ですね」

(*‘∀‘)「さて、そんなゆるゆるな気持ちとは全く関係のない音楽を紹介します」

( 一一)「超メジャー曲なので、紹介とはちっと違いますが…」

The Clash – Lost in the Supermarket

本編

(‘ω’)「今回は月別で話そうと思う。まずは9月…」

(‘ω’)「リーグカップは負けたけど、リーグ戦は無敗で通り抜けた」

( 一一)「でも、結構1-0などのギリギリ勝利が多いですね」

(´・ω・`)「うん。スタッツ的には勝っているんだけど、ゴールが入らなくて、最後に超攻撃的にして勝つ試合も多かった。すると10月…」

(´・ω・`)「ついにアストンヴィラに負け、その後リーズにも負けてしまう」

( 一一)「それもホームで負けていますね。あまりよくない傾向です」

(‘ω’)「うん。私たちの使っている4321は、4411に対して弱いらしいことに気づいた」

(‘ω’)「こっち(黄色)がボールを持っているときは、 4321と4411だとこんな感じじゃないか。相手のトップ下が私たちの上がり気味のCMについて、動きを封じられてしまう。下がり気味のCMの2人はある程度自由にボールを運べるんだけど、前にスペースがないためあまり効果がない。結果として前線の3枚がほとんどスペースがない4-4の間で受けようとして、ボールを取られてしまう」

(´-ω-`)「一方相手がボールを持っているときは、相手の布陣は実質442と同じようになる。すると、WGを置かない4321はサイド攻撃から崩されてしまう」

(‘ω’)「Leeds戦はさらに右SBのトミーが怪我してしまい、代わりにCBを右SBで使った。すると、そこを突かれて3失点してしまった」

(´-ω-`)「まあ、それはいいんだけど…、問題はCMのサム・リチャーズが一発退場をくらって、3試合出場停止になっちゃったんだよね。次節のSheff Wedには何とか勝利したけど…」

(‘ω’)「11月に入ると、Nottm Forestには敗戦し、Bristol Cityには引き分けてしまう。相手は下位チームであることを考えると、勝っておきたい試合だった」

( 一一)「意外と彼の存在が大きかったということでしょうか?」

(‘ω’)「うん。能力値はこんな感じ」

(*‘∀‘)「彼はマンチェスターシティからのレンタル移籍で加入している。プレイメイカーとしての能力も高いが、それだけでなく運動量もあるし、守備能力もまずまず優れているんだ…。この守備能力が現在の4321だと意外と効いているんだな。そういえば、よくタックルでボールを奪っている気もするな」

(‘ω’)「そんな彼が戻ってから3連勝した私たちは12月に突入する」

(; 一一)「うわ、ひどいですね」

(´・ω・`)「まず12月はうっかりから始まる。Lutton戦は2点差で後半終盤に入る。余裕の勝利かと思いきや、何故かそこから2点を入れられて引き分けに持ち込まれる。がっかりである」

(・´з`・)「ちょっと守備的にし過ぎたかなぁ。でも、まさかあの展開で急に追いつかれるとは…(´-ω-`)」

(‘ω’)「次のNoriwichにも引き分けてしまう。そのままでは強豪クリスタルパレスとハダーズフィールドに勝てるわけもなく、あっさり2連敗」

( 一一)「ホームであることを考えると、どちらか一方は勝ちたかったですね」

(‘ω’)「何故だが上位陣には勝てない。さらに同格レベルにもギリギリで勝利か、下手すると引き分けてしまう。となったところで戦術変更である」

( 一一)「主な変更点は「FWをフォルスナインにしたこと」と「スペースにパスを出せ」を指示したことですか?」

(‘ω’)「うん。ずっとFWの裏抜きを期待してアドバンストFWにしていたんだ。だけど、やっぱり引いて守る相手を崩すにはポジションチェンジやオーバーラップが起こらないと無理なんだよね。それを促すために、その二つを指示してみた」

(´ー`)「以前「スペースにパスを出せ」を指示したときは、パスミスからの失点が多くなったのだが、今のところは増えていないな。注意しながら使っていこう」

(‘ω’)「とにかくその効果が表れたのか、MillwallとSheff Utdには完勝して、1月に入る」

(‘ω’)「1月はまずボーンマス戦がリーグ戦とFAカップの二試合あった。リーグ戦は442で挑んだけど、ずっと攻められ続けた。何とか引き分けに持ち込めそうだったけど、終盤に点を入れられて負けた。それならと思って、FAカップは 4321で挑んだ。が、ボロボロで前半の内に3点入れられて万事休すとなった(´-ω-`)」

( 一一)「やっぱり上位陣には勝てませんねー」

(‘ω’)「うん。リーグ戦前半を通して色々と試してみたんだけど、やっぱり442は私にはよくわからない。どこが悪くてどこが良いのかが、まるで分らないから、改善のしようがない感じだ」

(*‘∀‘)「そこで、思い切って格上相手の戦術も変更を行う」

(*‘∀‘)「3421だ!4321からの派生として考えた。つまり、4321のSBをWGに変更し、代わりにプレイメイカーとして使っていたCMを下げて3バックにした」

( 一一)「サイドバックがいるべき場所が真っ赤ですが大丈夫ですか?」

(‘ω’)「うん。実はチャンピオンシップのほとんどのチームは442で試合をしている。だから、SBが対応するべき、OMRやOMLがいないことが多いんだ。だから、結局SBは今のMRやMLの位置までつり出されて、その裏にパスが出されることが多かった」

( 一一)「つまり、結局4321で弱点だった場所が3421にしても、弱点のままと言うことですか?」

(‘ω’)「まあ、そうだけど、今回は3バックを敷いているわけだし、4バックのころに比べると、2トップの裏抜きを追いやすくなっていると思う。きっとうまくいくはずだ。というところでテスト代わりにBrentford戦に挑む」

(*‘∀‘)「3-0の完勝である。前半の内に3点を入れて、ほぼ勝負ありだった。守備面でも相手をシュート2本に抑え込んで、完璧な勝利だった」

( 一一)「おぉ!Brentfordは現在4位。それも今シーズンからプレミアリーグからの降格組であることを考えると、3-0はやりましたね」

(*‘∀‘)「うん。まさかこんなに早くうまく動くとは…嬉しい誤算である。後半戦はこのフォーメーションで、格上相手には戦う予定だ」

( 一一)「でも、よく見てみると、このフォーメーションは強すぎるフォーメーションの523に似ていますね。それなら勝てて当たり前のような気も…」

(´・ω・`)「う~ん。私もこの試合の後で気づいたんだけど…。まあ、でも別に523にしようとして考えたフォーメーションではないから、セーフってことで(‘ω’)」

( 一一)「それじゃ、最後に順位表のほうを…」

(*‘∀‘)「これだ」

(‘ω’)「ガンバリ・ガンバルの3位だ」

( 一一)「プレイオフ進出はほぼ確定…、自動昇格までも1ポイント差ですね。十分可能性がありますよ」

(‘ω’)「あまり順位表を気にせずに戦ってきたのだが、まさかの順位である。こう見てみると結構勝っているんだな。終盤になって超攻撃的にして勝利したり、惜しいところで引き分けたりしていたから、もっとダメなんだと思っていた」

( 一一)「このままの調子で後半戦も走りたいところですね」

(‘ω’)「そうだね~。まあ、期待せずに待っててほしい。多分ダメだと思うから…」

( 一一)「あら、弱気ですね」

(‘ω’)「うん。どう考えても2位以内に入るような実力ではないからね。それは選手層的にも、これまでの試合展開を見てもね。プレイオフで勝ちあがるのはもっと厳しいだろうし…。このことは前回までの記事を見てもらえばわかると思う」

( 一一)「とは言ってもプレイオフは一発勝負ですし、何が起こるか分からないですよ」

(*‘∀‘)「そうだね。そこで勝てれば夢のプレミアリーグだ。読者の方々も楽しみにしていてください。」

( 一一)「それでは、さようなら」

(‘ω’)「ほな、さいなら」

4

コメント