FM19って難しいね[FM19プレイ日記赤鬼編2]

未分類

PCの故障によって、長旅編を中断して、一時的にマンユナイテッドでプレイしています。

まずは今シーズンの戦術を固めたいです。

前書き

( 一一)「モウリーニョが解任されちゃいましたね」

(‘ω’)「びびった。私が赤鬼編を始めてすぐだったからね。私にも、ついに予知能力が芽生え始めたのかもしれない( ´∀` )」

(; ・`д・´)「しかし、なぜ、このタイミングだったのだろう?。正直もっとひどい状態だったときもあっただろうに…。まあマンチェスターダービーではボロボロだったし、リヴァプール戦も結果的には惨敗だったけど」

(‘ω’)「個人的には長期的に指揮をして、憎たらしいぐらいに強いチームを作って欲しかったんだけどな。良くも悪くも嫌われ者のユナイテッドとモウリーニョのコンビは面白いんだけどな~」

( 一一)「しかし、ユナイテッドもなかなか監督が固まりませんね。ここまで来ると誰が次期監督になっても無理な気がしてきますね。次期監督はポチェティーノらしいですが」

(‘Д’)「どういう条件を付ければ、トッテナムで未来ある魅力的なチームを作っている彼を連れてこれるの?。思いのほか記事にしているメディアが多いようだけど、どう考えても無理ゲーだと思うけどな」

(*’▽’)「まあ、ファンもあきらめの境地にそろそろ達し始めるだろうから。あんまり監督経験のないレジェンドとか連れてきて、しばらく爆死してもらえばいいんじゃないと思うけど…。クラブ運営的に無理なのかな」

(‘ω’)「私はサッカー通というわけではないので、どっかに良い監督もいるだろうから、まあ頑張ってもらおう」

本編

(‘ω’)「前回序列を見せ忘れていました」

(‘ω’)「意外だったのは、デヘアがチームリーダーであること。実力はもちろんあるけど、そんなにキャプテンシーを見せているところを見たことがないのだが…」

(^^)/「じゃあ、今回は戦術を決めていくよ~。4231にしようかな~。4123かな~」

(‘Д’)(; ̄Д ̄)

($・・)/~~~「ナニコレ…。戦術画面の構成が全然今までと違うじゃん…」

(; ̄Д ̄)「……」

($・・)/~~~「えっ、まず戦術スタイルを決めるの…。じゃあ、とりあえずは流動的カウンターで…」

(; ̄Д ̄)「……」

($・・)/~~~「えっ、三つしかフォーメーション選べないじゃん…。私の4231はどこにいったの…」

(; ̄Д ̄)「……」

($・・)/~~~「…まあ、とりあえず、トレーニングをしようか。「2019からはトレーニングを頑張る」って決めてたし」

(‘Д’)(; ̄Д ̄)

($・・)/~~~「………はぁぁ(*_*;。ユニット?…まあとりあえず、このスケジュールのところで練習内容を変えられるんだな(おもむろにクリックしてみる)」

($・・)/~~~「ジャンルが十個あって、それから内容を決められて…、たくさん選択肢があるけど、どれを選べばいいの?あれ、そういえば個別トレーニングもあるんだよね。指導とかもあるんだよね」

($・・)/~~~「…。指導は今までと違ってグループを作って行うのかな(選手を適当に選ぶ)。あれ、これって一体誰が誰に対して指導してるの?。誰の性格とかが誰に伝播するの?」

(; ̄Д ̄)「…」

(‘ω’)「ふう…。糸目君」

(; ̄Д ̄)「…なんですか?」

(‘ω’)「…なんだろう。とりあえず、今日はもう寝ようか」

( 一一)「…そうですね。明日になれば、少しわかるようになると思いますよ」

(‘ω’)「それじゃあ、おやすみ」


(‘ω’)「本当に初日はこんな感じでした。以前Twitterで「どんな攻略記事を書いたらいいかな~?」って聞いたら、「最初が一番わかりませんでした」という返信が来たけど、その通りなんだな~と実感した一日でした」

( 一一)「なんか打って変わって余裕ですね」

(‘ω’)「いや全然余裕ではないけど、PCゲームをやっているとよくある現象だからね。まあいわゆる」

(‘ω’)「ってやつだね」

(*’▽’)「余談だけど、日常生活でちょっと焦りそうになるとき、例えば受験のときとか、ゲームしているときとかに、自分の頭の中のミニ仙道が出てきて、この言葉をささやくのだけど、これって私だけかな?」

( 一一)「そんなのあなただけですよ」

(*´Д`)「いや、まあ、そうかもしれないけど、幼心にしっかりと響いた名言だったってことだね」

( 一一)「それで、とりあえず戦術は決まりましたか(っていうかあの画面の意味は分かりましたか)?」

(‘ω’)「うん。とりあえず、あの画面の意味としては、ゲームのほうでいくつかのプリセットを用意したので、まずはその中から選んでくださいって意味だと思う。正確に言うと、最初の「ゲーゲンプレス」や「ポゼッションコントロール」などの選択をもとに、トレーニングの初期値が決まるから、適当に選んだらダメなんだけど…」

( 一一)「じゃあ、今までみたいに自分でいろいろといじる必要はないんですね。とりあえずは、あの戦術プリセットが言う通りに「スタイル」と「フォーメーション」を選べば、よいのですね?」

(‘ω’)「ああ、多分そうだ。しかし私はそれをしない!!」

( 一一)「えぇ、どうしてですか!?」

(‘ω’)「理由は単純だ。まずフォーメーションは4231を採用しようと思う。というか、ほぼそうするしかない(; ・`д・´)」

( 一一)「うにゅ?」

(‘ω’)「前回の記事を書いた後で気づいたんだけど、DMができるプレーヤーがほぼいないんだよね。一応マティッチができるけれども…」

( 一一)「マティッチ一人だとプレミアの過密日程をこなすのは難しいかもしれませんね」

(‘ω’)「だろう。ほかには442とか5バックとかがあるけれども、戦力的に難しいと思う」

( 一一)「じゃあ4231がデフォルトで選ばれている「ポゼッションコントロール」とか「ティキ・タカ」とかを選べばいいじゃないですか?」

(‘ω’)「まあ、そうなんだけど、っていうか、マタ、ポグバ、サンチェスがいる時点で、素直にそこら辺を選んでおけば、勝てそうなんだけど…」

( `ー´)ノ「馬鹿野郎!!長旅編で死ぬほどポゼッションサッカーをやっているのに、赤鬼編でもポゼッションなんかしてられるか!!ってか私は元々カウンターサッカーが好きなんだ!!!」

(‘ω’)「という私の心の声を優先して、今回はポゼッション系のサッカーはしない」

( 一一)「ふ~ん。それで結局選んだ戦術はどれですか?」

(*’▽’)「これだ」

(‘ω’)「スタイルは「ウイングプレイ」。フォーメーションは4231だ」

( 一一)「ほほう」

(‘ω’)「素直に「流動的カウンター」とか「ダイレクトカウンター」で戦ってもよかったのだが、さすがに4231で完全にカウンターは無理だろうと思って、「ウイングプレイ」にしておいた」

(*’▽’)「ただ、トランジション時や非ポゼッション時は流動的カウンターの要素を大分組み込んでいるぞ」

( 一一)「つまり、カウンターのチャンスがあるときは、一気に攻めあがってゴールを狙う。それを止められたら、サイドから攻める形ですか」

(*’▽’)「うん。第二フォーメーションとしては、「流動的カウンター」の4123。第三フォーメーションとしては「ウイングプレイ」の424を使おうと思う」

( 一一)「よさそうな感じではあります。が、ウイングプレイが現代サッカーであまり評価されていない気がしますがね」

(‘ω’)「うん。流行りではないよね。でも私は思うんだよ。戦術的に最先端のサッカーが正しいのかって。っていうか、何度も言っているけど、正しい戦術なんてないんだよ」

(*’▽’)「モウリーニョは最先端のサッカーから外れてしまったかもしれないけど、今回のユナイテッドでの監督キャリアは失敗だったかもしれないけど、だからって彼の監督としての能力のすべてが否定されるわけではないと思うんだよね。それは戦術的なポリシーも含めてね」

(‘ω’)「今回の赤鬼編は、もちろん戦術的にどうすれば、今のマンユナイテッドのような形にならずに済むのかっていうのもあるけど、同じくらいにモウリーニョ追悼じゃないが、そういう意味合いを持たせたい」

(‘Д’)「って、…まあ、今考えたのだが…」

( 一一)「……、黙って聞いて損しました…」


(‘ω’)「というところで、今回も終わろうと思う」

( 一一)「今回も短いですね」

(´・ω・`)「申し訳ないけど、ノートパソコンでの日記の書き方にまだ慣れていないんだ。ゲーム自体も画質が悪くてやる気がでないし…」

(‘ω’)「そういう感じで、さようなら~。次回は開幕戦らへんを書きたいと思います。あっ、書き忘れましたが、トレーニングは大体アシスタントマネージャー任せな感じです」

( 一一)「さようならー」

2

コメント