レッドデビルズ編スタートだよ~[FM19プレイ日記赤鬼編1]

Football Manager プレイ日記

スタートだよ~(‘ω’)

前書き

( ;∀;)「パソコン壊れた…」

( 一一)「残念ですねー」

( ;∀;)「私の長旅編のセーブデータが…」

( 一一)「きっとメモリは生きていますよ…」

( ;∀;)「そして私は正月休みはどうすればいいんだ。PCなかったら、寝正月になってしまうぞ」

( 一一)「それも良いんじゃないですか。たまにはFMから離れて、本でも読みながら休日を過ごしましょうよ」

( ;∀;)「……、この正月中に最低でもプレミアに昇格して、ビッククラブになろうと思っていたのに…」


(‘ω’)「…ということで、箸休めに、マンユナイテッドでFM19をやりたいと思います。パソコンが修理されたら、すぐにやめますので、一時的ですが」

( 一一)「今までの長旅編とは打って変わって強豪ですね」

(‘ω’)「うん。たまには強豪で戦ってみるのもよいかと思って。本当はアーセナルでやろうかと思ったけど、現実だとあまり調子がよくないユナイテッドでプレイしたほうがおもしろいかなと思って」

(^^)/「ということで、レッドデビルズ、赤鬼編スタートだぜ!!」

(‘ω’)「まずはこいつが私だ」

( 一一)「なんかダメ人間感が出ていますね」

(‘ω’)「どうせ一か月ぐらいしか使わないから、と思ってランダムで作ったんだけど、宇宙兄弟の主人公に似てしまった」

( *´艸`)「まあ、アフロがフェライニをやめてから、ユナイテッドにはアフロ感が足りなかったから、ちょうどいいだろう」

(‘ω’)「さて、こいつの能力がこちらだ」

(‘ω’)「いつも通り、デフォルトから変えずに特徴をモチベーターにしておいた」

( 一一)「なんでモチベーターなんですか?」

(‘ω’)「これは私がそういう監督が好きだからだ。別に攻略しやすいとかではないから、これを真似したって無駄だぞ(というか、このブログのプレイを真似したって強くはなれないと思うが)」

( *´艸`)「戦術的な監督が嫌いなわけではないが、それ以上に重要なのは選手の士気を高め、そこにいるだけで選手がビシッとする。そんな能力のほうが大事だと思う。たとえ負けたとしても、あいつの采配で負けたなら仕方ない、いつか盛り返してくれるだろう。そうファンに思われるような華のある監督が好きなんだ」

(‘ω’)「ファギーも最後の10年くらいは戦術的なことには手を出さずに、マンマネージメントにだけ力を入れていたそうだぞ。まして今回はそのファギーの下で栄光の時代を築いたユナイテッドを再建しようとするんだ。これは間違いなくモチベーターにするべきだろう」

( 一一)「なるほど。確かにそうですね。今は新米ですが、いつかはファギーのように国中から尊敬されるような監督に私たちもなりたいですね」

( ^^) _旦~~「そこまで続ける気は全くないがな…」


(‘ω’)「さて、ゲーム設定はこんな感じだ」

(‘ω’)「今回はしょぼしょぼスペックのノートパソコンでプレイする予定なので、五大リーグだけ入れておいた。あと、初年度の移籍市場をなくしたのは、単純に面倒だったのと、今のユナイテッドの面々で戦ってみたかったから

(‘ω’)「まあ、ユナイテッドの説明を細かくする必要はないかな」

(‘ω’)「私の契約はこんな感じ」

( 一一)「攻撃的なサッカーをするというポリシーがついてしまいましたね」

(‘Д’)「CBを買う金はくれなかったのに、口は出すんだな。エド・ウッドワード」

(‘ω’)「さて、有名選手が多いのだが、FM内での能力が気になる人もいるだろうから、一応選手紹介もしておこう」

(‘ω’)「まずは世界ナンバーワンGK(だってよ)ダビド・デヘア。現実世界ではW杯以降、微妙に調子が悪い気がするが、ゲーム内ではどうだろう」

(‘ω’)「次も世界ナンバーワンGK(ってモウリーニョが言って物議をかもした)セルジ・ロメロ。特に言うことはないっていうか、こいつがプレイしているのを見たことがない。でも、最近カップ戦で微妙な相手に負けるのが続いていることを考えると、あんまりよい選手じゃないのかもな」

(‘ω’)「クリス・スモーリング。スペシャルな選手とは思えないが、ユナイテッドでは一番のセンターバック。しかし、モウリーニョは開幕戦から外してきて、ファンとしてはびっくりした」

( 一一)「しばらくしたら案の定スモーリングを使うようになりましたね」

(‘ω’)「モウリーニョの当初の予定だと、もっとボールを大事にするサッカーをする気だったのかもしれないな。そのためにも足元に不安があるスモーリングではなく、バイリーやリンデロフを使っていたのかもしれない」

(; ・`д・´)「FM内でも視野が3、パスが7とひどい数値だ。ビルドアップは期待できなさそう」

(‘ω’)「フィル・ジョーンズ。ファギーが高く評価していたらしいCB。それ以外に言うことはない選手。何となく係長感がある」

(‘ω’)「エリック・バイリー。足が速く、足元もうまいセンターバック。のだがFM内ではそれほど評価が高くない模様」

( 一一)「現実世界では絶賛干され中ですね」

(‘ω’)「まあ、出た試合のプレイがひどいからね。モウリーニョはもっと使ってあげるべきだという声もあるけれども、あのプレイを見たら、モウリーニョみたいに勝利至上主義の監督が使わないのも理解できるけどな」

(‘ω’)「ビクトル・リンデロフ。基本的に何でもできるセンターバックという印象。もっと身長が高かったらな~と思うことはあるけど…。FM内での能力値もそんな感じ。3バックの一人として使うのが正しい使い方なのかもしれない」

(‘ω’)「サイドバックのアントニオ・バレンシア。キャプテン。あまり目立たない選手という印象。SNSでモウリーニョ監督解任説にいいねを押してしまって、絶賛干され中の人」

(‘ω’)「ルーク・ショー。モウリーニョからの陰湿ないじめを受け止め、今シーズン才能を開花させた若手サイドバック。イングランド国籍でもあり、サポーターの間では人気が高い気がする。彼はオーバーラップが得意なサイドバックだから、彼がいるおかげで中に入ってくるウイングであるマルシャルやサンチェスの能力が生きると思う」

(‘ω’)「アシュリー・ヤング。ショーがいじめられている間に、いつの間にか左SBのレギュラーを勝ち取った人。しかしFM内での能力ではなぜか左SBの適性が右SBの適性より低い($・・)/~~~。プレイスタイル自体はずるがしこいプレイヤーで、困ったときには当て出しして、コーナーキックをもらう姿をよく見る。あまりサポーターからは好かれていない印象。でもモウリーニョは好きなんだろうな~」

(‘ω’)「ディオゴ・ダロト。新加入選手。まあ、出番はないだろうね」

(‘ω’)「CMはまずはポール・ポグバから始めよう。基本的にはスーパープレイヤー。しかし、試合によって、むらがあるという評判です。」

( 一一)「どちらかというと、チームの調子が悪いと、一人で打開しようとして、それが悪い方向に転がることが多いタイプの選手ですよね」

(‘ω’)「うん。彼自身の運動量やプレーの質が落ちるわけではないけど、判断が独りよがりになっているような感じを受けることがある。しかし、ゲーム内だと単純に安定度が低い選手として表現されていそうなのが怖い」

(‘ω’)「エレーラ。運動量のあるCM。余談だが彼がいない限りユナイテッドの4123は成り立たないと個人的には思っている。だって、どう考えてもフェライニ、マティッチ、ポグバだと、運動量少なすぎだろう」

(‘ω’)「マティッチ。チェルシーから来た当初は神のように崇められていたが、最近は調子を落としていて、今シーズンの戦犯の一人に挙げられているような気がする人。まあ、確かにもうちょっとどうにかならないものかと思わないではない。もしかしたら私のプレイの中でも、使いどころに困る選手になるかも」

(‘ω’)「フェライニ。アフロの人。ヘディングの人。胸トラッパーの人。なんと性格が完璧主義者(‘Д’)。そんなタイプの人だっけ?」

(‘ω’)「フレッジ。今シーズンでユナイテッドがやらかした移籍。アーセナルの新加入選手のトレイラやチェルシーのジョルジーニョの活躍を見ると、悲しくなってくる(´;ω;`)。こいつをユナイテッドは何目的でとったのだろう?」

(‘ω’)「マクトミネイ。モウリーニョが大好きな若手。きっとポグバに「お前がいなくてもユースの選手を使っても勝てるんじゃ」ということを示したくて使ったんだと思う。まあ、ユナイテッドでの数少ない潰し役の選手だと思えば、使いどころはあるかもしれない」

(‘ω’)「ペレイラ。昨シーズンはモウリーニョの指示を無視して、バレンシアにレンタル移籍した人。シーズン序盤は中盤の底で使われていたので、そこで輝く人かと思いきや、FM内ではトップ下がベストポジションだといわれている。う~む。あまり出番はないかな」

(‘ω’)「サンチェス。元アーセナルのエースだが、ユナイテッドに移籍すると周りとの仲がうまくいかずにぎくしゃくしている感じ。ああいう、闘争本能の塊のような選手が一人来たら、もっと良いチームになれると個人的には期待していたのだが、むしろ悪影響となってしまった」

(‘ω’)「リンガード。ずっとつまらないウインガー的なイメージだったが、昨シーズン、シャドーストライカー的なポジションで才能を開花させた。多分人格者的な一面もあるらしく、ラシュフォードの兄貴分的な存在らしい」

(‘ω’)「ラシュフォード。イングランド期待の若手ストライカー。FM内での評価も高く、黙って使っていれば、いずれ世界的なストライカーになる人。しかし私は彼のことがあまり好きでないので、使う気はない」

( 一一)「なんでですか?」

(‘ω’)「う~ん。よくわからないんだけど、ああいう足が速くて、ボールを遠くまで蹴れるだけの選手って見てて面白くないんだよね。華がないし、応援しようという気になれない。まあ、イングラド代表で、えこひいきされているように見えるのも原因の一つかもしれない」

(‘ω’)「ということで、私はこのマルシャルを基本的には出場させることにする。一転して私はこのマルシャルが好きだ。あの45度からのシュートが打てる選手って、見てて楽しい。しかし、FM内だとそれほどシュート能力が高いわけではないようだな~。うまく使わないとな」

(‘ω’)「みんな大好きフアン・マタ。ファンサービスもよくするし、慈善事業にも積極的な良い人。ユナイテッドには右WGがあまりいないから、そこでのプレイが増えるだろうな」

(‘ω’)「最後にルカクを紹介します。FM内だとフィジカルモンスターという感じで、使い方に困りそうな選手だな。黙ってクロスを上げておけば、結構点を決めてくれるかな」

( 一一)「さて以上ですかね」

(‘ω’)「なんか少なくねえと思った人もいると思うが、ロホやダルミアンはU23に落とされていた。もしかしたら、そのまま使わないかもしれないので、とりあえず紹介しないでおきます」

( 一一)「戦術についてはどうしましょう」

(‘ω’)「う~ん。迷いどころだね~。君はどう思う?」

( 一一)「選手層的にはアタッカーというか左ウイングの数が多いので、4231ですかね~」

(‘ω’)「うん。私も最初はそう思っていた。でも、スカッドを改めて見直してみると、ポグバとマティッチでダブルボランチを組むとすると、4231だとあまりに攻撃的すぎないかな」

(; ・`д・´)「サイドバックはショーとヤングだろう。どっちも高いポジションを取るだろうし。わからないけど、もし現実と同じようにポグバがあまり守備をせずに、マティッチの運動量が落ちていて、センターバックがあまり信用ならないとすると…」

( 一一)「現実世界のユナイテッドのように守備崩壊が待っているということですか」

(‘ω’)「うん。その可能性は十分あるかな~と思うよ。…というところで、戦術は次回に持ち越しです」

( 一一)「あ、もう終わるんですか?」

(‘ω’)「まあ、この長旅編は一時的なものだし、テストプレイ的な面もあるからね。いろいろ紹介しながら、のんぶりやろうかな」

( 一一)「ということで、次回をお楽しみに~」

(‘ω’)「もし選手紹介を見て、こういう戦術がいいんじゃないというアドバイスがございましたら、ご自由にコメントしていってもらえると嬉しいです。よろで~す」

コメント

  1. 匿名 より:

    すんません 質問なんですがfm2016を以前プレイしていて久しぶりに新作の2019を買ったのですが以前のスカウトとは国単位で視察させると一人につき三桁ぐらいの人数をガンガン調べてくれるイメージだったのですが今作はいくら待っても20人くらいしか調べてくれません。最初のシーズンで折り返しまできてるのですが条件設定がわるいのでしょうか。

    • onfriday1108 より:

      申し訳ないですが、私も2019は始めたばかりなので、最新状況はわかりません。
      しかし、2018でも一人につき三桁も調べてくれる感じはなかったですね。せいぜい40人くらいの印象でした。

      一応昔と変わった点としては、二点あります。
      まず、いわゆる国の知識というものがほぼ無意味(?)になって、パッケージという概念が増えたことです。
      あまり行ったことがないので、わかりませんが、パッケージ外の国に視察を出していたら、スカウト人数は少なりそうです。
      次に、スカウトミーティングという要素が増えました。これはスカウト要求をちょこちょこ出すものです。
      これに出ていなかったり、適当なことを行っていたら、視察人数は減りそうです。

      もちろん基本として、スカウトの能力(勝利意欲や環境適応)が低かったら人数は変わります。
      あとは、そもそもチームが弱すぎて、来てくれる可能性のある選手が少ないとかも可能性としてはありますがね。

      私が知っているのは、これぐらいです。
      私自身のスカウトの方法は、欲しいポジションの選手を重点項目を指示して探りながら、ソーシャルフィードで名前の挙がった選手を調べたり、下位リーグの得点王や相手チームの良い選手を調べたりしています。
      もっと効率の良い方法があるかもしれないですが…。参考になれば幸いです。

      • ss より:

        ありがとうございます 結構仕様が変わったんですね
        ちなみに教えて頂いた手法でワンダーボーイなど若くて有望な選手も見つける事は
        できるのでしょうか。

        • onfriday1108 より:

          う~ん。それは難しい質問ですね。
          ひっかかる可能性もなくはないです。

          しかし、私は細かく真剣にスカウティングを行うタイプのプレイスタイルではないので、全然良い方法である自信はないですね。
          あまり力になれなくて申し訳ないです。

タイトルとURLをコピーしました