チャンピオンシップの壁は……厚い( 一一)[FMプレイ日記長旅編26]

Football Manager プレイ日記

チャンピオンシップに昇格を果たしたグロスターシティ。

シーズン序盤を好調に走るチーム。ついにプレミアリーグへ手が届くのか?

前書き

(‘ω’)「お久しぶりです~」

( 一一)「2週間ぶりの更新ですね」

(‘ω’)「ちょっぴり他のゲームに浮気していたり…。いい加減積んでいる「仁王」や「ペルソナ」を終わらせないとな~」

( 一一)「「前回FM19を購入した」と言っていたので、そちらを始めてしまったのかと思いましたよ」

(‘ω’)「そうだろうね~。でもグロスターには愛着があるから、少なくとも今の主力メンバーが引退するまでは続けるよ~。……多分………きっと…ヾ( ̄o ̄;)オイオイ」

(*´Д`)「話は変わりますが、前回もweb拍手をありがとうございます(´っ・ω・)っ。それで分かったんですが、1週間に一回は更新しないと人が来ないですね~」

( 一一)「先週は沢山拍手をいただけていたのですが、今週は0ですね」

(‘ω’)「うん。まあゲーム日記ってそんな感じなんだろうね。それとも、もっとメジャーなサイトさんは違う結果が出るんだろうか(。´・ω・)?」

(‘ω’)「ニコニコ動画でFM19をやっている人は、300人でも視聴者数が少ないってぼやいていたし、どうなんだろうね~」

(‘ω’)「私はゲーム動画はほぼ見ないので、それが少ないのか多いのかがよくわからないですね。このサイトで300人も人が来たら「あれ、間違えて、エロ動画でも貼ったのかな」ってなりますけどね」

本編

(‘ω’)「さて本編スタートです。前回までの粗筋を軽く述べると、初めてのチャンピオンシップでした。開幕から433でスタートしたグロスターシティは、結構良い調子です」

( 一一)「でも徐々に対策を打たれ始めて、なかなか勝ち切れなくなってきたんですよね」

(*´Д`)「うん。そうはいっても、10月末までで負けた試合は1試合のみ。堂々の2位でした」

(‘ω’)「今回は12月末まで進めました。まずは10月…」

( 一一)「ボロボロじゃないですか!!( ゚Д゚)」

(´・ω・`)「………」

( 一一)「ボロボロじゃ…ないです…かーー!!!」

(´;ω;`)「………、うん😢」

( 一一)「ボロボロ、ボロボロ、ボロボロ」

(ノД`)・゜・。「ちょっと静かにして」

……

(´-ω-`)「はあ~~。さて気を取り直して…。10月は勝利無しの2分5敗。9月からの継続で9戦勝利無しのクラブレコードとなりました。私のFM人生でもここまで勝てないのは始めてですぅ(´;ω;`)」

( 一一)「一体何が原因なんでしょう?」

(‘ω’)「う~ん。失点シーンを上げると、幅を使われての失点が多いかな。サイドに一度展開してから、中に戻してパスワークで崩されたり、サイドから一発で裏に抜けられたりしている」

(´-ω-`)「戦術的な面を除くと、思ったよりリーグ1で活躍していた選手が通用しない面がある。自慢だった3トップも時々はよいプレーを見せるけど、ちょっとこのレベルだと厳しい」

(‘ω’)「さらに、新戦力のロンデル・オードルが予想以上に活躍しない」

(ーー)「彼は昨シーズンはリーグ1のOxfordで17得点18アシストを上げていた選手です。得点だけでなくアシストもできるところに期待して期限付き移籍で獲得したんですよね」

(‘ω’)「うん。もともといた3トップに加えて、パスやクロスで周りを活かせる彼を加えた布陣を今シーズンは想定していた。けど、ダメだった。開幕戦は活躍したのに~。使い方を間違えているのかな?」

(‘ω’)「守備面ではセンターバックが問題です」

(‘ω’)「特にジョン・リチャードソンがひどいです」

( 一一)「昨シーズンのレギュラーCBですよね。年間の平均評価点も7.32と高かった選手でしたね。今シーズンはイマイチですか?」

(´-ω-`)「う~ん。CBだけの責任ではないんでしょうが、マークを放してしまう場面があまりに多すぎる。さらに、サイドバックの裏で相手がボールを受けたときの1対1でも、あっさりかわされてしまう」

(・´з`・)「お前はダビド・ルイスか!って突っ込んじゃった」

(‘ω’)「まあとりあえず、今の戦力でどうにかするしかないんですよね~。というところで、戦術を変更です」

(‘ω’)「4231でいきます!!。442(Diamond)とかも何回か試したんだけど、全然ダメだった。やっぱりサイドが穴になってしまい、そこを防ぎきれない感じでしたね~。他にも4123は守備面での穴が大きすぎたし、3バックにすると攻撃面が期待できない感覚でした」

( 一一)「ウインガーがいないのに4231で大丈夫ですか?」

(‘ω’)「そこは問題だけど、この布陣は純粋なウインガーは存在しないから大丈夫じゃないかな~と。つまり、左ウイングは実際はFWだし、右ウイングは偽ウイングとして中央でプレイする司令塔なんだよね」

(‘ω’)「具体的には攻撃の際は4133になります。右サイドはウイングが中に入ってきて、その裏をサイドバックが追い越します。左サイドはウイングがトップの位置まで上がり、そのスペースをサイドバックと左CMが埋めます」

(*´Д`)「このゲームがそうなのか、サッカーという競技がそうなのかは分かりませんが、私の経験上、中央に3人の選手が並ぶ布陣は強いです。今回はトップ下と中に入ってきた右ウイングと上がってきた左セントラルミッドフィルダーで中央を固めます。すると、相手の2ボランチに対して、必ず1人が余る形になるので、そこで自由にパスを出すことができます。さらにネガティブトランジションの際に、FWとDFの間に3枚の壁を置くことになるので、相手は効果的な縦パスを出すことができなくなります」

(‘ω’)「現在は右SBのオーバーラップからのクロスで点が入ることが多いですね~。本当は左ウイングが飛び出してからゴールを決めるパターンでも点を獲りたいのですが、なかなかうまくいってないのが現状です」

(*´Д`)「まあ、急なポジション変更で、まだチームが慣れていないと思いますね~。結果はこんな感じです」

( 一一)「あまりよくないですかね」

(‘ω’)「うん。ホームでの戦績はそれほど悪くないけど、アウェイでは全く勝てないね。せめて引き分けには持って行きたいんだけど、それさえも厳しい現状です」

(‘ω’)「総じて見ると、グロスターの戦力は、チャンピオンシップで勝てるレベルの戦力ではないということだと思う。あまり前回の記事だと伝わらなかったと思うけど、リーグ1に比べてチャンピオンシップのレベルはかなり高いです。特に上位陣は全くレベルが違う感じだったりする」

(‘ω’)「これが現実世界でもそうなのか。長い時間が経つ間に、プレミアリーグへの昇格と降格を繰り返している結果、チャンピオンシップのレベルが上がったからなのかはよくわかりません」

( 一一)「ミドルズブラにはイヘアナチョにエルネリー、メイトランドナイルズがいましたね~

(‘ω’)「あんなの反則だろうってなったよ。イヘアナチョ相手に一人で3点取られたからな~」

( 一一)「これはなかなかプレミア昇格は厳しそうですねー」

(‘ω’)「うん。このレベルだと資金力に差があり過ぎるから、もっと育成方面を頑張らないといけないな~。ということで、後半は彼を使っていこうと思います」

( 一一)「こんな選手がいましたっけ?」

(‘ω’)「実は今シーズンの夏の移籍でフットボールディレクターが獲ってきた選手です。拒否しようかとも思ったんだけど、FDの初の実績だし、なにより正確が「完璧主義者」であることに気づいて承認しました」

( 一一)「完璧主義者なんて本当にいるんですねー」

(‘ω’)「私も初めてみました。クリスティアーノ・ロナウドとかしか持っていないものなのだとばかり思っていました。とりあえず前半戦は期限付き移籍させていたのですが、後半は思い切って出場させていこうと思います。育てばいいな~(*´Д`)」

(‘ω’)「それでは最後に順位表を…」

(*´Д`)「12位です。何とか降格はないかな~。一安心です」

(‘ω’)「次回は冬に加入するであろう新戦力の紹介になると思います。それに合わせて戦術も変更するかもね~」

( 一一)「さようならー」

4

コメント