25-26年度シーズン総括[FMプレイ日記長旅編25]

Football Manager プレイ日記

首位決戦やライバル対決には負けたもののの、終盤に来て2位につけるグロスターシティ。

優勝&昇格の行方はいかに?

本編

(‘ω’)「見出しで盛り上げておいてなんだけど…」

(^▽^)/「優勝しました」

( 一一)「早いですねー。もうちょっと何かなかったんですか?」

(‘ω’)「う~ん。実は前回の更新のあとは特に何も起こることなく、順調に勝ち続けてあっさりと優勝しちゃったんだよね。最終的な順位表はこんな感じ」

(*´Д`)「勝ち点が驚きの104ポイント。全体を通して見るとちょこちょこ負けることもあったけれども、得失点差が54という恐ろしい勝ち方をしました」

(‘ω’)「チームデータを見てみると、最多得点・最高ボール支配率・最高パス成功率・最高クロス成功率・最高ヘディング成功率という5冠を達成しています」

( 一一)「予定通りポゼッション気味に倒した成果がでたという感じですね」

( ̄∇ ̄)v ドヤッ!

( 一一)「どやっ、じゃなくて…。でも失点こそ少ないですが、タックル成功率はほぼ最下位というのはいただけませんね」

(‘ω’)「う~ん。タックル成功数自体は多いんだよね。守備自体は悪くないと思っているけどね~。次に紹介するけど、キータックル数とかもDFの選手は多いしね」

(・´з`・)「それより問題なのは平均観客動員数の少なさかなあ。集客率自体は悪くないんだけどな~。イングランド代表とかが生まれてくれば、人も増えるのかなあ…。そもそもユース育ちの選手が1人もいないのが問題なのかもしれない。そういうクラブのDNAを受け継いだ選手ってかっこいいし」

(‘ω’)「どういう仕組みになっているんだろう。今度調べてみようかな」


(‘ω’)「さて、今年はちゃんと総括をやってみようと思います。まずは使っていた戦術はこれです」

(‘ω’)「433。ほぼスタメンは固定していました。役割も大体同じです。唯一の例外はサイドバックで、試合展開によっては攻撃的にしました」

( 一一)「ほとんどボールを支配しているようなときですね」

(‘ω’)「うん。さらに時々チャレンジしていたのは、現実世界のチェルシーが使っているオーバーロードという戦術。グロスターは左サイドのMFのアントニオとFWのルイがどちらも攻撃的なプレーヤーです。さらにそれに加えて左SBのザックに高い位置をとらせて、代わりに右SBのマークを下がり気味にしていました。つまり、全体的に左上りにフォーメーションを組むやり方」

(´-ω-`)「これはまずまずうまく動いていたんだけど、問題は左SBのザックの攻撃能力でした。

彼が高い位置でボールを持ってもなにもできないから、あまり有効な手ではなかったな~という感じ」

(‘ω’)「他にもチームへの指示の面では、パスのテンポを変えたり、ラインをもっと上げたりしていました」

(‘ω’)「次に活躍した選手をご紹介」

(‘ω’)「まずはルイ・マローン。22年から4年間もグロスターにいるFWです。何と4年間ウエストハムから期限付き移籍で無償で借り続けている( ゚Д゚)!。そこで今シーズンでウエストハムとの契約が終了するため、契約満了後に自由移籍でもらおうと待っていましたが…。まさかの契約更新( ゚Д゚)!!。さらに来シーズンの終了時まで期限付き移籍の延長に応じてくれるウエストハム( ゚Д゚)!!!。何なんだ?金でも借りているのか(。´・ω・)?」

( 一一)「そんなことよりも今シーズンの成績はどうでしたか?」

(‘ω’)「ああ、そうだった~。今シーズンも昨シーズンと同じく安定した活躍を見せ、最多得点兼最多アシスト兼最多マンオブザマッチでした。シーズン途中のある時期は戦術ルイ・マローンと言わんばかりに、彼の裏へ抜ける動きに期待してボールを集めている時期がありました」

(´-ω-`)「しかし、その無理が祟ったのか…。3週間ぐらいの怪我をしてしまいます。すると、怪我が回復してからもベストコンディションには戻らなかった印象でした。おかげで得点王も1得点差で逃してしまう悲しい事実があります」

(*´Д`)「実は彼はずっと主力として戦い続けているのに、個人表彰は無冠の人です。一度も得点王になったことがありません。どこかのタイミングでそういったことをしてあげたい親心はありつつも…。戦術的に彼はアシスト役に回ることが多いですので、なかなか難しいですね~」

(‘ω’)「次はニック・ロス。今シーズン加入して、前々期待していなかったのに、まさかの大活躍を見せました。途中出場が多かったながらアシスト数だけならルイ・マローンに並んだFW」

( 一一)「なんで先発で使わないんですか?」

(´-ω-`)「う~ん。何故か先発で使うと物足りないんだよね。ドリブル遅いし…。多分ジルーなんだよ。きっとお前はジルーなんだよ…。つまり来シーズンはいないかもしれないんだよ」

(‘ω’)「次はテイラー・タウンゼント。今シーズンの夏に19Mという(グロスターにとっては)高額で加入したMF。シーズン序盤はイマイチでした。期限付き移籍で獲得していたテイラーのほうが良い選手なのだが、育成面を含め期待してずっと使い続けた。が、やっぱり最後までビミョーだった(´-ω-`)」

( 一一)「シーズン通しての平均評価値は7.19です。まあ、悪くはないですよね」

(‘ω’)「うん。でも、もっとできると思ったんだけどな~。しかも全然成長しなかった。う~ん。失敗だったかな~」

(‘ω’)「さてさて、我らがキャプテン、アントニオ・ディーアスの登場です!。21年のカンファレンス選手権の時代からグロスターを支える司令塔です。今シーズンの平均評価点は7.47。キーパス数は驚きの108。2位のルイ・マローンが78なので、鬼のような成績です。彼がグロスターで最高の評価点でした。さらにグロスター自体が驚きの優勝を果たしたこともあり、彼が今年の最優秀選手だろうと思っていました」

(・´з`・)「しかし、年間最優秀選手は3位のOxfordの選手に獲られてしまった。納得がいかないε=(。・`ω´・。)プンスカ!」

(‘ω’)「最後に今シーズン獲得したDFのジョン・リチャードソン。フィジカル能力は高いが、判断力や集中力や予測力や冷静さは低い。だから、きっと活躍しないと思いきや、シーズンが始まってみると大活躍。平均評価点が7.32で、キーとなるタックル数が年間で1位になった」

( 一一)「すごいですね」

(´-ω-`)「うん。たしかにすごいけど…、なぜだ(。´・ω・)?。私が思うに「メンタル値>スキル値>フィジカル」の順で重要で、メンタル値が低いから活躍しないと思っていたのに」

(‘ω’)「勝利意欲とチームワークが高いから、どうにかなってしまっているのかな。全体的にハイプレスなので、CB としては蹴ってくるボールに対して強ければ良いだけだし」

( 一一)「結局使い方次第なんですかね~」

(‘ω’)「う~ん。よくわからん(。´・ω・)?」


(‘ω’)「さて、来シーズンはついに2部のチャンピオンシップです」

( 一一)「長かったようで短かったようで…」

(‘ω’)「あと一頑張りでプレミアリーグです。そこから優勝するのがまた大変そうですな~。でも、昇格できれば膨大な放映料が手に入るから、今まで見たいな貧乏暮らしとはおさらばである」

(‘ω’)「まあ、そんな一足早い話は置いておいて、来シーズンの狙いは中位である」

( 一一)「あれっ?優勝ではないんですか?ここまで3年連続で優勝しているんですよ」

(´-ω-`)「出来ればそうしたいところだけど…。流石に厳しいと思う…(*´Д`)。ちょっと以前にチャンピオンシップレベルの選手の能力値を見たんだけど、グロスターの基準から3段階くらい上の選手だった。と言うより、そもそもグロスターの選手の能力値を改めてみたら、よくこれで勝ったものだと思ったりする」

(‘ω’)「だから来年の昇格は捨てようと思う。古い戦力とさよならして新しい戦力を沢山獲得しようと思う。ちょうどソーシャルグループもぐちゃぐちゃになり始めていたし」

( 一一)「それではまずは移籍活動ですね」

(‘ω’)「うん。出来れば平均賃金を抑えながら、全体的にブラッシュアップしていきたい。特に欲しいのは攻撃的なSB、CB、DMかな」

( 一一)「来シーズンの戦術はどうしますか?」

(‘ω’)「序盤は433でいこうと思う。多分相手が慣れるまでは結構通じると思うし。それから徐々に442(Diamond)に移行していく予定」

( 一一)「カンファレンス選手権時代にうまく動かなかった442(Diamond)がチャンピオンシップで動きますかね」

(‘ω’)「きっとうまくいくさ。これも挑戦だよ」

( 一一)「さて、そんなところで、さようならです」

(‘ω’)「お疲れ様でした~」

おまけ

(‘ω’)「ゲーム内世界では2026年なので、ワールドカップがありました。開催場所はカナダで優勝は…」

(*´Д`)「イングランド…。実は前回大会の2022年もイングランドが優勝しています。まあ、別に文句はないけど…。いくらイングランドのゲームだからっていいんだろうか( 一一)」

(‘ω’)「ちなみに日本は準決勝まで勝ち上がります。が、ドイツに2-3で負けて、さらに3位決定戦でもイタリアに0-1で負けてしまいます。しかし、得点王はボーンマスに所属していた日本のKeigo Ito(架空選手ですが…)が獲得です」

( 一一)「FIFAランキングも15位ですね。このまま日本サッカーが順調に伸びていけば、夢ではない数字なんですかね。監督は吉田孝行さんです。誰だろう(。´・ω・)?」

(‘ω’)「さて、もう一つおまけに…」

(‘ω’)「モウリーニョ監督がついに解任…。リーグ戦では3位でしたので、それほど悪くなかったですが、そろそろ新しい風が必要と言う判断ですかね~」

( 一一)「これでグロスターが上に上がったときにマンUが弱くなってたらいいですね」

(‘ω’)「ちなみに今はチェルシーの監督がクロップ。リバプールの監督がペップ。シティの監督がコンテになっています」

(´▽`)「ヘタフェ時代にクロップ監督と、レヴァークーゼン時代にコンテ監督とはしのぎを削りました。ペップ監督とはあまり対戦したことがないので楽しみですね~。どういった感じのサッカーをするんでしょうか?」

(‘ω’)「さて、最後にお分かりかと思いますが、サイトのデザインを変えました。軽くマテリアルデザイン風の色合いにしてみましたが、いかがでしょう?」

( 一一)「そのリフォームがあったせいで日曜日は全然つながらない状態だったと思います。アクセスしてくれた人には申し訳ありません」

(‘ω’)「ちょっと脱線するけど、私はマテリアルデザインが結構好きです。この独特の色合いとかポップなアニメーションとか…。FMでも、そういう風なスキンが欲しいなと思って探したんですが、なかなかないですね~。まあほしいものがあるなら自分で作れってことでしょうね。暇ができたらやってみようかな( ´∀` )」

( 一一)「あと、フォントもメイリオにしていますね…。パワーポイントを使うときにはよく使用しますが、どんな感じでしょうか?」

(‘ω’)「最後の最後に、web拍手を導入してみました。右下に目立たないように出ていると思います。暇だったら押してみてください」

( 一一)「それでは、ご覧くださり、ありがとうございました」

(‘ω’)「さようならです」

21

コメント