Football Manager で最初に行うこと[Football Manager 攻略]

Football Manager 攻略

Football Manager (2018)を始めるにあたって、「最初に行うこと」をまとめてみました。

前書き

(‘ω’)「こんにちは」

( 一一)「もしくはこんばんはー」

(‘ω’)「今回は以前に書いた「Football Managerを始めるにあたって」という記事の改訂版を書いてみようと思います」

( 一一)「急にどうしたんですか?」

(*´Д`)「いやさ、意外とこの記事アクセスが多いけど、超テキトーに書いて済ませてしまっているから、頑張って書き直してみようかと。もともとこのサイトをやっている理由の一つは「Football Managerのプレイ人口を増やす」だからさ、私のつまらない日記を更新するだけじゃなくて、こういう努力を怠ってはならないと思ったんだ。ということで君は今回は生徒役として頼む」

( 一一)「わかりました。ビシバシ質問していきます」

(´・ω・`)「いや、そんな来られても分からないんだけど…」

初期設定

(‘ω’)「まずはSteamで買いましょう。セールも時々あるので、適当に頑張ってください。次に英語が分かるスーパーマン以外は日本語化を行います」

( 一一)「日本語化の方法はこのページを参考にしてください」

(‘ω’)「Jリーグや他のリーグを追加したかったら、適当にmodを用いて追加してください。私はかりんちゃんのPS4宅急便さんが配布しているJリーグmodを入れています。ありがとうございます」

( *´艸`)「それでは起動してみましょう。ここで間違って「Football Manager Touch」を起動しないように気を付けてください」

( 一一)「そんなミスするのはあなただけですよ」

( `ー´)ノ「だってノーパソで開いていたら「Football Manag」までしか見えないじゃん。「このゲーム全然面白くないよ~」って思いながら1年やってミスに気付いた私に謝ってほしい」

(‘ω’)「…はあ、まあ、そんなことを置いといて、起動したら次のような画面になると思います」

(‘ω’)「基本的にはキャリアモードを選んでください。そして出てきたパネルで「詳細設定」を押し、次に「ゲーム開始」を押しましょう」

(‘ω’)「こんな場面が出てきたら、プロフィールは適当に選んでください」

( 一一)「国籍や好きなチームは関係あるんですか?」

(‘ω’)「国籍はあなたが話せる言葉やその国の知識に関係があります。例えば日本出身にしていると日本語が話せるようになります。結果として日本人選手とのコミュニケーションがうまくいくようになり、同時に日本人選手をスカウトしやすくなります」

(´-ω-`)「好きなチームは…あまり関係ないです。しかし、自分の好きなチームからオファーが来やすくなりそうですし、そのライバルチームからはオファーが来なくなりそうです」

(‘ω’)「次に外見を適当に決めます。それが終わるとチーム選択です。好きなチームを選んでも構いません。財務状態が「裕福」なほうが、移籍市場で色々できて楽しいと思います」

(‘ω’)「次にこんなよくわからない画面が出てくると思います。基本的には「おすすめレベル」で「デフォルト」で構わないと思いますが、自分の腕が心配なら適当に能力を高くしましょう。これで初期設定が終了です。お疲れ様でした」

始めに

(‘ω’)「ゲームが始まったらまず、以下のことを行います」

  1. スタッフと話し合いを行う
  2. 面倒なことをスタッフに丸投げする
  3. 選手層を確認する

スタッフと話し合いを行う

(‘ω’)「クラブに入ったら最初は受信箱が出てきます。まずは話し合いを進めましょう。するとこんな画面が出てきます」

(‘ω’)「一つ一つ適当に決めましょう。ちなみに私の場合は…」

  • 代理人からのオファー -> すべて見る
  • 親善試合 -> アシスタントマネージャー任せ
  • 相手選手への対応指示 -> アシスタントマネージャー任せ
  • 記者会見 -> 自分でやる
  • リザーブ/ユースチーム -> アシスタントマネージャー任せ/フォーメーションは自由
  • チームトーク -> 自分でやる
  • トレーニング -> アシスタントマネージャー任せ

(‘ω’)「という感じです」

面倒なことをすべてスタッフに丸投げする

(‘ω’)「さて面倒なことはスタッフに任せましょう。ちなみに私の場合は自分で行うのは、トップチームの移籍関係と契約更新と試合だけです」

(‘ω’)「さて、左のメニューから「スタッフ」を選んで、上の「責務」タブを選びましょう。すると、こんな画面が出てきます。以下のようにします」

  • スタッフのリクルートですが、すべてスタッフに任せましょう。
  • 移籍関係はユースチーム系統はすべてスタッフに任せましょう。
  • 契約更新もユースチーム系統はすべてスタッフに任せましょう。
  • スカウトもすべてスタッフに任せましょう。
  • トレーニングもすべてスタッフに任せましょう。
  • 若手育成もスタッフに任せましょう。

(‘ω’)「すると以下のような感じになります」

(‘ω’)「これで大体のことはスタッフが勝手にやってくれます」

( 一一)「それでいいんですか?」

(‘ω’)「もちろん自分でやったほうが効率的だと思うけど、私は試合ができればいいから…。真剣に攻略する気がない人はスタッフ任せで構いません」

選手層を確認する

(‘ω’)「さて、選手層を確認しましょう。結構これが面倒です」

( 一一)「いきなり選手を見てもよくわかりません」

( *´艸`)「そうだよね~。知ってるチームだったら、ある程度分かるんだけど…。私は現実のサッカーに疎いため、以下のような方法で戦力を確認しています」

(‘ω’)「まず「戦術」タブをクリックして、右側の戦術から使いたいフォーメーションをセットします。特にないなら下の画像のように「4231」「442」「4123」を入れます」

(‘ω’)「そして「チームレポート」の「選手層」を見てみてみましょう。すると…」

(‘ω’)「こんな風に何となく、どのポジションにどんな選手がいるのかが分かるようになります。例えば上の画像だと、「CMはそれなりにいるようだけど、ストライカーと右ウイングは人が少ないのかな」と思ったりします」

( 一一)「じゃあ、このパネルからストライカーと右ウイングを補強すればいいってことがわかるんですね?」

( *´艸`)「まあまあ、そう焦っちゃだめだよ~。これはあくまで印象だけ。何から手を付ければいいか分からないからやってみるだけ」

(‘ω’)「次におもむろに星が多い選手をクリックしてみよう。中心選手の能力を把握して、どういう戦術にするか考えてみましょう。たとえば、「ジャンプ到達点が高いFWがいるな~」ならば、「クロスをたくさん上げよう」とかです。正直言って適当でOK」

( 一一)「正直言って最初に思っていた戦術がうまくいくことなんてないし、その通りに選手が動くこともあまりないです」

(‘ω’)「大体分かったら、星が少ない選手もクリックして選手層を把握していきます。このときは「チームレポート」のパネルではなく「チーム」のパネルがいいかもしれない。最後にU23やU18の選手もチェックしておきましょう。前の監督と仲が悪くて下に落とされている使える選手がいる可能性もあります」

( 一一)「先生!!」

(‘ω’)「何かな」

( 一一)「能力値の見方がよくわかりません!!!」

(´-ω-`)「私もわかりません」

( 一一)「……!?」

(*´Д`)「というのは冗談として、初心者の内は適当でいいです。自分が使いたいポジション/役割を選んで、ハイライトされている能力値が高いと「いい選手なんだろうな」ぐらいに思っていてください。それ以上のことを知りたいなら、このサイトを頑張って読むか、海外のサイトを頑張ってみてください」

(‘ω’)「選手層としては、各ポジションに2人ずつぐらいいればよさそうです。CBは滅多に怪我しないため、3人(+1人のバックアッパー)でも十分です。また色んなポジションができる選手が居たら、それほど選手は必要ないかもしれません。もちろん日程が厳しいプレミアや欧州大会にでるチームは考える必要があります」

(‘ω’)「さて、これで大体チームの状況はわかったと思います…。あとは「財務状況」とか「ダイナミクス」を見て面白がりましょう」

( 一一)「そんなんでいいんですか?」

(*´Д`)「細かいことは気にしない。もしかしたら影響があるかもしれないけど、もっと詳しくなってからでいいと思います」

移籍期間

(‘ω’)「さて、そしたら「選手層的に足りない」もしくは「もっといい選手が欲しい」ポジションが分かったと思います」

(‘ω’)「それではお待ちかねの「スカウト」のパネルにいきましょう」

(‘ω’)「こんな画面が出てくるので、適当に好きな選手を選んで取りましょう。もちろん移籍期間終了ギリギリで選手を取るトッテナム方式を用いるのもよいです。このゲームだと、移籍期間が始まる前に獲るか、移籍期間終了ギリギリまで待つかしたほうが掘り出し物は多いようです」

( 一一)「推薦が一番上の選手を取ればよいのですか?」

(‘ω’)「それも一つの手ですが、若い選手がむやみやたらにスカウトの評価が高い傾向があります。即戦力となる選手が欲しい場合は「スカウト-移籍」に表示を切り替えて、「現在の能力」でソートしましょう」

( 一一)「横の潜在能力って何ですか?」

(‘ω’)「将来の伸びしろです。たとえば星5の選手は、将来星5まで伸びる可能性があります。あくまで可能性だけで、伸びないかもしれません」

( 一一)「どんな選手を取るべきでしょうか?」

(‘ω’)「……(そんなの私が知りたいわ)……」

( 一一)「先生?」

(‘ω’)「…あなたの好み次第です。「スカウトレポート」「アナリストレポート」「比較」などを見ながら色々悩んでください。軽く裏技的なことをやると、「移籍」の「フットボールディレクター」の「獲得目標の提案」を用いると、対象が絞れて楽かもしれません(またこの方法を使うと、スカウトパネルに出ていない選手も出てくるので、どっちみち役には立ちます)。」

(‘ω’)「それでは移籍オファーを出します。移籍金見積もりの最低額を選んで、「条件を提示」ボタンをクリックしましょう」

(‘ω’)「すると相手からの返答が来るので、適当に釣り上げて、再度クリック。これを繰り返します。途中で「オファー提示」を思い切ってやってもよいです。「条件を提示」をやり続けるよりも、途中で「オファー提示」を選んだほうが移籍金が安く済む場合が多いです。…とこんな感じですかね」

まとめ

(‘ω’)「とりあえず、入りはこんな感じですかね」

( 一一)「あんまり説明になっていないような気がしますねー」

(´・ω・`)「う~ん。私の場合「トレーニング」とか「スタッフの入れ替え」とかは全くやる気がないので、移籍と試合しかしないんですよね。それでも十分楽しいし、あまり細かいことにこだわると時間が無くなりますし」

( 一一)「何か分からないことがあったら、「私にTwitter or コメントで質問する」なり、「5chで質問する」なり、「日本語化サイトさんのところの掲示板で質問する」なりしてください」

(‘ω’)「そんなこんなで、ありがとうございました」

0

コメント