20-21シーズン終了[FMプレイ日記長旅編15]

Football Manager プレイ日記

そこそこ好調なまま、シーズン終盤に入ったグロスターシティ。

4部に昇格なるか?

本編

(´-ω-`)「ちょっと~、やる気でないな~」

( 一一)「大体このゲームって6年目でやる気が落ちますよね~」

(*´Д`)「うん。ダラダラ感が出てきているかもね~。まあ、そんな中でも地道に更新していきますか」

(‘ω’)「それではシーズン終了まで進めて、結果はこんな感じでした」

(ーー)「最初らへんはかなり調子がよかったですねー」

(‘ω’)「うん。まさに破竹の勢いといった感じで、前回更新分も合わせて7連勝。1,2位との勝ち点差も一時期は4まで縮まりました。しかし、次の試合急にBlackpoolに6-0で敗北しました」

(~o~)「う~ん。納得がいかない試合だったな~。別に何か変えたわけでもなく、相手が強かったわけでもなく、ここまで5試合連続クリーンシートで来ていたチームが急に6失点するかな~」

( 一一)「何が原因だったんでしょう?」

(・´з`・)「う~ん。唯一考えられるのは「重要な試合に弱い」選手がグロスターには多いんだよね。優勝が目の前になった試合で全体的に不調になったのかもしれない。あんまり重視していないステータスだったんだけど、思ったより効いているのかな~」

(‘ω’)「その後3試合を勝ち切れずに過ごしたチームは、残りの2試合を2連勝で飾って昇格プレイオフに進出しました」

(・´з`・)「そのプレイオフの結果がこれです」

( 一一)「うわー、悲しい負け方してますねー」

(~o~)「うん。多分画像だと伝わらないだろうけど、ほとんど勝ってる試合だった。決定機の数こそ少なかったけど、シュート数は15対4。ほとんどの時間をこちらが攻めていたと言っても過言ではないです。が、後半最後にワンチャンスを決められて1-0で敗北(´;ω;`)」

(‘ω’)「試合中に、あと一手が欠ける攻撃陣に対して、選手交代を行うべきか、かなり悩みました。しかし、レギュラー陣を信じて延長に入ってからにしようと覚悟を決めた矢先の失点でした。普通のリーグ戦だったら選手交代していたでしょうが…」

( 一一)「そこら辺がトーナメント戦の怖さですねー」

(´-ω-`)「あの試合の流れで1点入るとは思いませんでした。読み負けですね😞今まで使ったことのない新しい戦術を使っていることが裏目に出た面もあります。いつも使っている戦術であれば、このままでは1点入らないことを読めていたでしょうが…」

(‘ω’)「まあ、何を言っても仕方ないですな。来シーズン頑張ります(´▽`)」

余談

(‘ω’)「他リーグの結果を見てみましたが、どうでもいい感じでした」

( 一一)「まあ予想通りのところが優勝したという感じ…」

(‘ω’)「そんな中、ここまでプレミアリーグを4連覇していたマンチェスターユナイテッドはついにチャンピオンズリーグで優勝。ついでにプレミアリーグとFAカップを制し、3連覇となりました」

(*´Д`)「可哀想なのはマンチェスターシティ。リーグカップでは決勝でユナイテッドを負かしてカップを勝ち取りますが、その後リーグ戦では終盤に首位を走っている状態での直接対決で敗戦し、優勝されてしまいます」

(*´Д`)「さらにCL決勝はユナイテッド対シティのマンチェスター対決」

(‘ω’)「基本的にはシティ優位の勝負だったようです。ユナイテッドは1トップを張っていたラシュフォードが不調でした。しかし、後半ラストプレーでもらったPKをディバラが外したのが痛かった。そのままPK戦に持ち込まれたシティは、デヘアの前に泣くことになりました」

( 一一)「残念ですねー」

(‘ω’)「今スタッツ見てて気づいたけど、ファールの数が両軍合わせて40って多すぎだろう。イエローカードも11枚も出てるし…。中身は世紀の凡戦だったのかもな~」

( 一一)「でも、現実でCL決勝がマンチェスターダービーだったら、嫌でも盛り上がりますけどね」

(‘ω’)「そんなこんなでおしまいです。さようなら~」

( 一一)「バイばーいー」

 

0

コメント