まずまず(‘ω’)[FMプレイ日記長旅編14]

Football Manager プレイ日記

戦術変更が当たり、まずまずの成績を残しているグロスターシティ。

この調子で昇格なるか?

前書き

(‘ω’)「プレミアリーグが開幕したけど…、なんか盛り上がりに欠けるな~」

( 一一)「あなたが応援しているマンUが負けているからじゃないですか?」

(‘ω’)「う~ん。それもあるんだけど…。やっぱ今年は移籍活動が盛り上がらなかったからかな。特にアタッカーやエースストライカーの移動がほとんどなかったからね~。レギュラー格で可能性があるのは、せいぜいマンCのマフレズぐらいかな~」

(‘ω’)「とそれは置いておいて、今回はちょっと本編が短いので、やりたいと思っているFMプレイを紹介しようかと」

(´▽`)「まず、「グッバイ、ルーニー編」。2018年でアメリカに移籍してしまったルーニーを使いたいがために、エヴァートンでプレミアリーグ制覇を目指すプレイ」

( 一一)「縛りとしては「ルーニーを使い続ける」ってとこですかね。ちなみに題名は「グッバイ、レーニン」という映画からとっています。東西ドイツの統一を描いた作品でとても面白そうだと思うけど、まだ見れていない作品。Netflixで配信してくれないかなー」

(*´Д`)「続いて「イヤー・トリッパー編」。ビッククラブを1年で渡り歩くプレイ」

( 一一)「私はダラダラとプレイするのが好きなので、プレイとしてはあまり楽しめなさそうだなと思ったりする。でもビッククラブで本当に勝てるのか腕試しをするのは面白そうだなと思う。もちろん題名はビートルズの「デイ・トリッパー」から」

(´▽`)「最後に「ドリームリーグ編」。レアルやバイエルンなどの強豪チームばかりを集めて新しいリーグを作って戦うプレイ」

( 一一)「そもそもできるのかどうかがよくわからないですが、チートツールとか使えば可能かと。何だか派手で面白そうだが、実際は現実かい離しすぎるため、あまり面白くないかなと思う。一度やってみてもいいけど…」

(‘ω’)「こんな感じです。FMも長時間プレイしてきましたが、まだやっていないことが沢山あるので、色々と夢が膨らみますね~。ちなみにFM2019は最初はニューキャッスルでプレイする予定でした」

(*´Д`)「日本の武藤選手もいますし、全体的にGoodプレイヤーが揃っていて、面白いクラブだと思うんですよね~。でもFラン大学生のFootball Manager日記さんがプレイしているし、どうしよっかな~。別にかぶっちゃいけない理由はないのだが…」

本編

(‘ω’)「さて、今回も新戦力を獲得したんだけど、最初に紹介するくだりはちょっとやり飽きたので、流れで紹介する形にしようと思う」

(‘ω’)「まず、前回も紹介した新しい戦術があったと思いますが…」

(‘ω’)「あの後もしばらくはまずまず調子のいい時期が続きます。11月の終わりまでに4勝2分1敗で年末に突入していきます」

(‘ω’)「好調期の試合の一つがPort Vale戦。まず前半のうちに左WGからのクロスを右WGがヘディングでゴール。後半に追いつかれますが、最後には左WGで途中出場したケルが右WGからのクロスに合わせてゴール」

( 一一)「好調と言いつつも途中出場の選手が最後にゴールを奪う中々危ない試合でしたね」

(; ・`д・´)「うん。戦術を切り替えた直後のような好調はなくなってきている…。これが選手の疲労の問題なのか、こちらの戦術に相手が慣れ始めていたのかはわからないが…、とにかく私は新戦力の獲得でこの問題を解決しようと思っていた」

(´;ω;`)「ところが理事会買収イベントのスタートで移籍ができなくなる…。もう契約寸前まで行っていた交渉もあったのに(´;ω;`)」

(ーー)「昇格したことで新しいスタジアムを作らないといけなかったですからね。その負債を解消できなかったので、クラブを売るしかないんでしょうね」

(‘ω’)「昇格の負の面だな~。…正直に言うと、そろそろこれが起こるだろうと思って、急いで選手を獲得していたんだけど、十分な補強ができなかった。唯一取れたのは、左SBのトラジ・ボーラ」

(‘ω’)「彼はアーセナル育ちの23歳。フィジカル的な能力は高いけど、メンタル面はイマイチという選手。でも肝心な集中力や冷静さや運動量はまずまずだったので獲得を決意した。健康さが低いのでマッチフィットネスを上げるのに時間がかかったけど、今のところレギュラーとしてなかなかの活躍をしています」

(‘ω’)「さて、12月に入ると、一応補強禁止措置が解けますが、新戦力をすぐに使うわけにも行かず、微妙に負け始めるグロスターシティ」

(‘ω’)「年始までで4勝5敗。前線がイマイチ機能していません。そこで思い切って新戦力のコートニー・ダフスとダニエル・ユードーを先発起用します」

(ーー)「どちらもターゲットマン型のFWですね。今まで先発起用していたハリーやキーランはスピード型のFWだったので今までとは方向性が違いますね」

(‘ω’)「この起用が100%当たったという感じもしないのだが、今まで先発出場していたキーランが途中出場でよい働きをしたこともあり、3月までの成績は8勝2分2敗と好調を維持しています」

‘)「順位表はこんな感じです」

(‘ω’)「プレイオフ進出はほぼ決まったかなと思う…が、1位との差は7ポイントです。まあ今年の優勝はやはりないかなと言う感じです。やはり昇格プレイオフにすべてをかける形になりそうです」

( 一一)「勝てますかねー」

(-_-)「う~ん。厳しいだろうね~。ここからさらに調子を上げていって、最高の状態でプレイオフに入れば、可能性はなくはないけど…。やっぱりトーナメントで連勝するには、よっぽど運が良いか、圧倒的な戦力が必要だと思うし…」

(´▽`)「もちろん昇格する気でいくけど、ダメだったら、もう一年5部で頑張ってみよう。いいウイングさえ補強できれば来シーズンは優勝できると思うし」

(‘ω’)「この長旅編で行いたいことの一つはセミプロだったチームのプロステータスを上げることだから、早くそれをやりたいな~と思うけど…。まあのんびりいきますわ~」

余談

(‘ω’)「余談と言うか、紹介するタイミングがなかったので、新戦力をもう一人」

(‘ω’)「ルイス・ウィング。ミドルズブラにいたミッドフィルダー。全体的に能力の高い選手で、特にロングシュートがうまい。

( 一一)「今使っている戦術だとインサイドハーフはシュートを沢山打つことになるから、結構戦術とあっていますね」

(・´з`・)「うん。それもあってなかなかの活躍をするんだけど、問題はもともとのレギュラーであるアントニオとどちらを出すかです。同時に出してもイマイチ活躍しないので困っている(・´з`・)」」

( 一一)「選手獲得あるあるですね。もともとのエース格との選手とかみ合わせがよくないのは」

(‘ω’)「う~ん。まあ来シーズンはまた違う戦術を使うかもしれないし。今シーズンはとりあえず好調の彼を使っておこうかな」

( 一一)「というところで、さようならです」

(‘ω’)「バハバーイ」

0

コメント