タイトルが思いつかないな~(‘ω’)[FMプレイ日記長旅編7]

タイトルが思いつかないな~(‘ω’)[FMプレイ日記長旅編7]

まずまずの新戦力をゲットして、まずまずの開幕スタートを切ったグロスターシティ。

今年こそ昇格したいな~~と思いながらも、無理かな~~と思いながらプレイしています(‘ω’)

前書き

(‘ω’)「ついにプレミアリーグが開幕しました」

( 一一)「いよいよでしたねー。開幕戦を見た感じだとやっぱりリヴァプールが強そうです」

(‘ω’)「リヴァプールを見ると、サッカーという球技においてセンターバックが重要なポジションであるかが分かる気がするな~。ファンダイクの加入はやっぱり大きかったよ」

( 一一)「他のトップ6もシティと当たったアーセナル以外は勝利しています」

(‘ω’)「調子が良くなくても勝ってしまうチェルシーとトッテナムは流石だった。私が贔屓にしている赤色のチーム(マンU、リヴァプール、アーセナル)にはない特徴だと思う。勝者のメンタリティと言うか…。勝ち方を知っていると言うか…」

( 一一)「シティ対アーセナルはシティが勝ちましたね」

(‘ω’)「これはプレシーズンを見る限りでは予想通りだったね。アーセナルは時間がかかりそうだ。①GKのチェフを含めた後方からのビルドアップ、②あんまり守備が得意ではないエジルの起用法、③CM、左SBの選択。と課題は多そうだ。ってかゲンドゥージをボランチで使うならウィルシャーでよかったんじゃないのって思ってしまうのだが、どうなのだろうか?」

( 一一)「エジルはどうですかね~」

(‘ω’)「う~む。あれだけのクオリティを持つ選手であれば、守備もしようと思えばできると思うのだが…。昨シーズンも一度だけ守備から入って、よいカウンターサッカーをやっていた試合があるよ~な~。…まあ、少なくとも、前半のような低いポジションにいたら彼の良さは引き出せないだろうね」

( 一一)「最後にマンUも勝ちました」

(‘ω’)「調子の良い選手と調子の悪い選手が混在してたね。特にサンチェスはまだ自分の形を見つけられてないのかな〜。思い切って左wg以外で使うべきだと思うけど…。試合自体は面白い試合だったね。両方ともセンターフォワードを欠いた試合だったから、本来はもっと点数が入っただろうね」

( ̄ー ̄)「さて、こんな所で本編に入りましょうか」

(´ω`)「本当はもっと語りたいのだが、特にアーセナルについては、エメリを小一時間問い詰めたいのだが(笑)、読者はfmを見に来ているだろうから、ここら辺で終わっておきます」

本編

(‘ω’)「私ずっと「スカウトがろくな選手を見つけてきてくれない(´;ω;`)」って嘆いていたじゃん」

( 一一)「そうでしたね」

(‘ω’)「FM18からの新要素でスカウトミーティングってあるじゃん。これが悪いのかなあと思って、久々に出たのよ。……そしたら、沢山いい選手を紹介してくれる(-_-)」

( 一一)「なんで今まで出なかったんですか!?」

(´-ω-`)「だって、あれ面倒じゃん。だから、フットボールディレクター任せにしていたのよ。あんな便利なものを今まで使わずにいたなんて自分に驚きだよ」

( 一一)「私はあなたに呆れています( 一一)」

(‘ω’)「ということで、新戦力をたくさん入れました。その紹介から…」

(‘ω’)「ゴールキーパーのロス・ワーナー。これで3人目のゴールキーパー獲得である(私はリバプールか!)。ついに納得できるレベルのゴールキーパーが獲れた。決定機を防ぎまくり、負けを引き分けに、引き分けを勝ちに持っていっていく頼れる守護神」

(‘ω’)「左WGのサム・ウッド。レギュラー左WGのルイスが怪我した際に穴埋めとして獲った。32歳と高齢だが、いぶし銀の活躍を期待していた。が、活躍しない」

( 一一)「はずれでしたねー」

(‘ω’)「今回の長旅編では外れが非常に多い。スカウトの腕の問題なのかな~。下位リーグだとこんな感じなのかな~。それとも私がフルで試合を見ていないからなのか(*´Д`)」

(‘ω’)「そしてFWのジェイミー・アレン。しかし、なんでこの選手を獲ったのかを全然覚えていない(-_-)」

( 一一)「どういうことですか!?」

(‘ω’)「いや、本当に覚えていないんだよ。……悪くない選手ではあるが…。貧乏なグロスターにとって3.1Mもの年収を与える価値があるかと言われると、甚だ疑問である。多分獲ったときはイライラしていたんだろう( ´∀` )」

( 一一)「…そんなんだから、優勝できないんですよ」

(‘ω’)「あへえ」

(‘ω’)「最後にFWのキーラン・フィリップス。19歳の若武者であるが、能力が非常に高い。オフザボールとスピードが高い上に、ヘディングまでうまいという鬼のような少年」

( 一一)「最後に良い選手が取れましたね」

(‘ω’)「それも彼は3年契約で獲得したのである。まだ若さゆえに運動量がイマイチだったり、バランスが悪かったり、アンバランスなところはあるが、間違いなくグロスターを背負っていくFWになるだろう」

(; ・`д・´)「ところが、先発させても意外と活躍しない(´;ω;`)。正直こんなはずでは…という気持ちであるが、長い目で見ることにする」


(‘ω’)「さて、新戦力を迎えてのグロスター。3月まで進めたぞ」

( 一一)「何だが微妙ですね……。引き分けが多いですか?」

(‘ω’)「パッと見るとそうであるが、これは予定通りである」

( 一一)「と言いますと?」

(‘ω’)「上位リーグだとどのリーグにも鬼のように強いチームがいて、そこがものすごい勝ち点をたたき出してしまう。だから、優勝を狙うためには「優勝候補以外のチームに勝ち点を落とさないで勝利する」ことと、「優勝候補との天王山に勝つ」ことが重要なのである」

( 一一)「レバークーゼン編だと「バイエルンに追いつくには残りの試合は全部勝つ必要がある」とかなってましたねー」

(‘ω’)「しかし、下部リーグだとずば抜けた優勝候補がいない。だから引き分けでいいから「勝ち点を拾っていく」のが重要なんだ」

(‘ω’)「だから、去年と違って、調子のよいチーム相手には素直に守ることにしている。特に1月はその時点での上位陣との対決が続いたから、3戦連続の引き分けになってしまった。……でも、これは予想通りなのである。順位は現在2位である」

(ーー)「2位ですか…」

(‘ω’)「1位の予想以上にHavant & Waterloovilleが勝ち点を稼いでいる…。スケジュールを見た感じでも、Havant & Waterloovilleは残りは弱いチームを残すだけである。このチームを越えなければ、今期の優勝はなさそうである」

(; ・`д・´)「そんな彼らとの試合が最終節に予定されている。上手くいくと、最終節の直接対決で優勝が決まる可能性も……」

( 一一)「そうなるとブログ的にも面白いだろうな…と思いながら、今回も終了です。」

(‘ω’)「さようなら~」