首位を独走中…からの…(´;ω;`)[FM日記22-23シーズン3]

首位を独走中…からの…(´;ω;`)[FM日記22-23シーズン3]

ドルトムント、バイエルンに2連勝を飾り、首位を走るシュツッツガルド。

この調子で優勝できるか!( 一一)

ドイツリーグ第7試合目 ヘルタ戦 アウェイ

ヘルタは平均的なチームですが、現在は17位に低迷しています。

しっかり勝ちたいところですが、代表ウイーク明けのチームはお疲れの選手が多いです

レギュラーを休ませながらもシッカリ勝ちたいところ( 一一)

試合経過

まずは、1点先制(‘ω’)

CMのタンギーがエリア外から打ったシュートのこぼれ球をスアレスが拾ってゴール。

しかし、同点に追いつかれたのは12分。右サイドからのクロスをけり込まれてゴール( 一一)

さらにその1分後、こちらも右サイドからのクロスでゴール(‘ω’)

17分には、またも右サイドを抜かれて、打たれたシュートのこぼれ球を押し込まれて失点( 一一)

後半に進むと相手に2点入れられます。

まず、50分に相手FWのロングシュートからゴール(‘ω’)

さらに53分に相手FWがスルーパスで抜け出しゴール(‘ω’)

これで4-2になります。ここで少しゲームが落ち着きます。

81分にコーナーキックからシュツッツガルドが一矢報います。

しかし、後半追加タイムにパレンシアのトラップミスを相手FWが奪い、決めきりました。

その後はゲームは動かずに、敗戦しました。

感想

ボロボロの試合。戦術も何もあったものじゃない(´-ω-`)

中位チームであるヘルタ相手の敗戦は痛いところです。

シュート数はシュツッツガルドが32本。ヘルタが20本。合計52本の乱打戦。

どうして強豪相手に良い試合をして勝った後で、こういう試合をしてしまうかな(・´з`・)

CLグループステージ第3試合目 ナポリ戦 ホーム

嫌な敗戦の後、士気が下がった状態でチャンピオンズリーグです(*´Д`)

相手はナポリ。最近調子が良く、セリアAで首位を走っています。

サイドバックが高い位置をとるポゼッションサッカーをしてくるようですが、実際はどうでしょうか( 一一)

こちらはいつも通り4231です。

試合経過

攻めるホームチームと、守るアウェイチームという試合。

チャンスはあったものの、相手のGKのナバスのナイスセーブに防がれます。

やっとシュツッツガルドが得点したのは前半30分

サイドから切り込んできた右WGのモルが左WGのベイリーへとスルーパスを出すと、DFラインの裏へ飛び出したベイリーはキーパーとの1対1を制します。

ベイリーの先制点( 一一)

ナポリが追いついたのは2分後。右サイドからのクロスを左WGが決めて1-1です。

その後はナポリの守備を崩せずに終了しました。

感想

まずいですね~( 一一)。相手はナポリとはいえ精彩のない試合で引き分けてしまいました。

微妙に不調に陥っているようです。

それほどCLは重要視していないのですが、グループステージは通過しておきたいです。

ドイツリーグ第8試合目 レバークーゼン戦 ホーム

最近調子の悪いレバークーゼンと対戦。

FWのティモ・ヴェルナー(現ライプツィヒ所属)を中心に、良い選手はそろっているチームなので、油断はできません。

4231でいきます。

試合経過

何だかよくない試合展開。

相手はボールを回すことができていて、こちらはボールを奪うことができません。

そのままの流れで失点((+_+))

相手がアバウトに裏へ出したボール。FWがCBの2人をスピードではがしてゴール( ;∀;)

さらに30分には、再度相手FWがCBの2人の間で受けてロングシュートを決めて2点差にされます

その後は守りに入ったレバークーゼン相手に、ボールは持てますが得点を獲れないシュツッツガルド。

しかし後半60分に相手右SBにレッドカード。右WGのミロトがドリブルしたのをスライディングで倒してしまいました。

すると64分にやっと得点。高い位置で右SBがボールを奪うと、最後は途中出場のスアレスに繋がりゴール。

さらに攻め続けるシュツッツガルド。84分にカウンターから、右WGのモルがサイドを崩すと、最後はベイリーが決めて同点に追いつきます。

ベイリーのゴールで同点(*´Д`)

ここでタイムアップ

感想

レッドカードはラッキーです。おかげで同点に追いつくことができました。

やっぱり不調なような…(´・ω・`)

守備面が良くない?と思われるが、どうすればよいのやら。

CLグループステージ第4試合目 ナポリ戦 アウェイ

ちょっとスキップします。

途中にあったドイツカップに負け、さらにリーグ戦ではケルンに負け、ボロボロのシュツッツガルド(´-ω-`)

もはや日記にも書きたくないレベルの惨敗を繰り広げた後で、選手から一言(‘ω’)

パヴァールを中心にしてロッカールームの雰囲気の悪さに苦言を呈してきました。

実はCLの出場既定の問題があって、不満を抱いていた選手を放置していたんですよね(´-ω-`)

さらに、ロッカールーム内は年齢の幅も広く国籍も様々なため、かなりひどい状態に。

この場は何とかするからとなだめておきましたが、選手の士気はボロボロです(´Д`)

そんな中CLのナポリ戦です。

ここで勝利か引き分けておかないとグループステージ突破ができません。

いつも通り4231を選択します。ちょっと指示を増やしていますが、どう影響するのか( 一一)

試合経過

ダメかもしれない(´・ω・`)。

そう思っていたキックオフ直後のコーナーキック。

なんとグルイッチが得点します!!

グルイッチの得点で先制( *´艸`)

その後も試合を支配するシュツッツガルド。

そのまま1点を守り切り終了しました。

感想

久々の勝利でよかった(´・ω・`)。が、何が原因かはよくわからず(´-ω-`)

チームの雰囲気は多少はよくなったようです……。

まとめ

うへえ(´-ω-`)

「1位だ~~」と調子に乗っていたら、一気にこのざまです(´-ω-`)

実はキャプテンをツィーラーからブルズンスキーに変えたので、全体的な士気が低くなったのかなと思います。

今までにこんなタイプの失敗をしたことがなかったため、ちょっと焦っています(´-ω-`)

早く連勝街道に戻って、よい雰囲気に戻りたいところですが…。

それでは、次回をお楽しみに(‘ω’)