悪くないな( 一一)[FM日記21-22シーズン6]

悪くないな( 一一)[FM日記21-22シーズン6]

CLでは調子がいいものの、リーグ戦では相変わらずイマイチなシュツッツガルド。

もう不調のままかなあって思うよ( ;∀;)

前書き

(‘ω’)「こんちは~」

( 一一)「もしくは、こんばんはー」

(´▽`)「最近ラストオブアスを買いました」

( 一一)「今更ですね」

(*´Д`)「やってて思ったけど、FMばかりやってると、RPGやるのが辛くなるよね。ムービーシーンとかが超だるいし、お使いクエストが多すぎる」

( 一一)「そのテンポになれれば面白いんですけどね」

(‘ω’)「個人的には「お使いクエストが面倒だから、RPGはくそだ」とか言う人たちはどうかなって思う。でもやっぱりちょっと辛いなあって思ったりするよ。私も年を取ったということかなあ~」

( 一一)「そうですねー。年を取るとなかなか面倒なことをバーチャルではやりたくなくなります。子供のころは喜んでやっていだんでしょうが…」

(´・ω・`)「それとも時代は変わったということなのかなあ。今は面白くなるまでのプレイ時間が短くないと許されない感じだよね。同様に音楽界でもオアシスのノエルも「現代において二枚組のCDアルバムを聞いてもらえると思うなんてどうかしてる」みたいな発言していたし。何でも短く、即効性のある楽しさでないと受け付けないんだろうね~」

( 一一)「そんなご時世に銀河英雄伝説をリメイクしようとする動きはどうでしょうか…」

(*´Д`)「う~ん。途中まで見た感じだと、毎回多少無理やり盛り上げどころを作っているようだった。そもそも前のアニメ版の出来が良すぎるからね~。まあ、どうやっても失敗だろうね~」

( 一一)「土台がしっかりしてるから、円盤で資金は回収できるんでしょうね」

(‘ω’)「なんか悲しくなってきましたが、本編スタートです」

CLグループステージ第4試合目 インテル戦 アウェイ

(‘ω’)「FCポルトがチェルシーに負けたので、ほぼチェルシーのグループステージ1位通過が決まりました」

( 一一)「私たちは2位狙いですね」

(‘ω’)「うん。FCポルトが勝ち点3で、私たちが勝ち点6であることを考えると、この試合は引き分けでもOK」

( 一一)「相手のインテルが現在不調であることを考えると十分可能性があります」

(‘ω’)「ということで、今回はこんな感じです」

試合経過

ほぼ互角の戦い。私たちにも相手にもチャンスがありますが、お互い決めきれません。

やっと得点が入ったのは、後半追加タイム。コーナーキックから、トゥアンゼベがヘディングでゴールしました。

感想

( 一一)「勝ちましたね」

(‘ω’)「まあ、何とも言えない試合だったな。こっちは引き分けでいいと思っていたからね」

(‘ω’)「リーグ戦でもこういうなんとも言えない試合で勝利できたら、楽なんだけどな」

ドイツリーグ第11試合目 マインツ戦

(‘ω’)「マインツは現在5位です。調子いいんだなと感心しながら準備」

( 一一)「マインツは4231を使ってくるようですね。1トップは去年ゴールを入れられたワグナー」

( *´艸`)「実は夏に彼を取ろうかなと思って動いたりした…。もう33歳だったからさすがに取らなかったけど」

( 一一)「それぐらい去年のプレーはよかったです」

(‘ω’)「とりあえず、いつも通りいくけど、危なかったらマンマークをつけようかな」

試合経過

心配をよそに活躍しない相手の1トップ。しかし、試合展開自体はまずまず。

コーナーキックからのカウンターで32分に先制(^_^)/

左に流れてクリアボールを受け取ったセルヒオ。右サイドに展開すると右IFのサムは相手DFを一人抜いて、クロスをあげます。そのボールを左IFのアコロが入れて先制

40分にアコロが追加点を取ります。レナト、サム、セルヒオ、アコロが絡んだパス回し。ペナルティ内で受け取ったアコロはミドルシュートを決めきりました。

さらに43分にも追加点。ゴールを決めたのは再びアコロ。

ギルバートはトップ下の位置でドリブルを始めます。CBがつられた瞬間に、ギルバートがパスを出した先にはアコロが走り込んでいました。豪快にけり込んだボールはバーに当たりながらもゴールネットを揺らしました。

その後後半に1点取られたものの、再度アコロがゴールを決めて勝ちました。

感想

( ゚Д゚)「アコロが4得点!」

( 一一)「素晴らしい活躍でしたね」

(*’▽’)「ちょっと彼を過少評価していたのかもしれないな。ドリブル能力やクロスの精度だと、他の選手に一歩譲るところがあるかもしれないけど、結構ゴールを決めるんだよな。改めて見てみると「ロングシュート」と「決定力」の値が意外と高いんだよね~」

( 一一)「決定力不足が続くシュツッツガルドの救世主になるかもしれませんね」

ドイツリーグ第12試合目 ハンブルク戦 アウェイ

( 一一)「相手は541です」

(´・ω・`)「去年の対戦でも同様に541を使って来て、ずっと守られ続けて、最後に1点取られて負けたんだよな~」

( 一一)「リベンジできればいいですね」

(´・ω・`)「また同じ展開が怖いなあ~」

試合展開

45分経ってもスコアレス。去年の試合を思い出します(´・ω・`)

展開としては、ほとんどシュツッツガルドがボールをキープしています。しかし、5枚のブロックを破ることができていません。したがって、どうしてもサイドからクロスを上げる形になりますが、中の選手には合いません。

相手は少ないボール奪取の機会を狙って、主にセットプレーからチャンスを作っています。

困ったなあと思いながら、ハーフタイムに激を飛ばして選手を送り出します。

すると、47分に得点。

起点は中盤からのギルバートのロングパス。相手左SBの裏に落としたボールにミロトが追いつき、上げたクロスにセルヒオは触るだけでゴールでした。

ギルバートからのロングパス(*‘∀‘)

さらなる得点は63分。

ギルバートが右サイドをドリブルして上げたクロス。相手DFのクリアミスをセルヒオは広い、ゴールをあげました。

セルヒオゴール!!

感想

( *´艸`)「勝った~」

( 一一)「いい勝利でしたね」

( *´艸`)「ついにこういう微妙な試合でも勝てるようになってきたな~。これを見てくれ」

(‘ω’)「決定機の数ではそれほど多くない。特に1点取った後は相手のプレスにはまって、どうしようかと悩んでいたぐらいだった。それでも、みっともない形であったけど、追加点を取ることができた。こういう勝利が上に上がっていくには必要だよね~」

( 一一)「やっと調子に乗ってきましたかね」

(‘ω’)「これが序盤からできていたら…。まあ、仕方ない。今年は頑張ってEL、ないしはCL出場権を目指そう(´▽`)」

まとめ

( *´艸`)「CLではインテルに何とか競り勝ち、リーグ戦ではアコロの活躍もあり、2連勝しました」

( 一一)「試合展開的にはよい時期とはいえませんでしたが、3連勝は大きいです」

(^_^)/「さらに、CLではグループステージ通過が決定!リーグ戦の順位も…」

(^▽^)/「こんな感じで、8位まで上がってきました。1位のバイエルンとは少し離れていますが、EL圏内はもちろん、CL圏内も狙える位置です」

( 一一)「中々いい感じですねー」

(‘ω’)「まあ本来はこれぐらいできて当たり前と言う感じなんだけどね。スタートダッシュに失敗しただけで…。親善試合をもっとちゃんとやればよかった(´;ω;`)」

( 一一)「というところで、今回もご覧くださりありがとうございました」

(‘ω’)「ありがと~」