開幕ダッシュ失敗(-_-;)[FM日記21-22シーズン2]

開幕ダッシュ失敗(-_-;)[FM日記21-22シーズン2]

ドイツリーグ開幕( 一一)

昨シーズンは4位でした。今シーズンは新戦力も加わり、飛躍できるような、できないような…

前置き

(‘ω’)「本日もよろしくお願いします」

( 一一)「よろです」

(‘ω’)「開幕なので、このサイトの説明をもう一度してみようかな~」

( 一一)「………特に説明することってないですよね」

(‘ω’)「まあ、そうなんだけど……(´・ω・`)。このブログではFootball Manager 2018のプレイ日記を公開しています。一応、「マンチェスターユナイテッドでCLを優勝する」を目標にしていますが……」

( 一一)「いつになるのやら…、ですね」

(‘ω’)「うん。そうだね(´;ω;`)1年目~3年目はリーガの昇格組のヘタフェをプレイして、昨年度の4年目はドイツリーグのシュツッツガルドに移籍して4位になりました」

( 一一)「今年は初のCL出場ですね…」

(‘ω’)「ああ、そういわれれば、そうだね~。今年の目標は一応「リーグ優勝」にしてます」

( 一一)「ちょっと無理ですよね。CL出場権がやっぱり妥当な気がします」

(‘ω’)「まあ、バイエルンが失敗したらってところかな。…中の人は「そんなにサッカーが好きでもなく、そんなにゲームがうまいわけでもない」人です。見るとしたら、プレミアと日本代表戦ぐらいかな~」

( 一一)「正直野球のほうが好きだったり……」

(‘ω’)「90分、テレビを見るのは私には厳しい(‘ω’)。特に日本代表戦はあのノリと途中のCMが入るからね。テレビを見ると気分が悪くなる私には難しい( 一一)……。まあ、そんなこんなです。…どうせ、あまり誰も見ていないサイトなので、コメント等はご自由に( 一一)」

(ーー)「一応30人くらいは毎日アクセスしてきていますが…」

(‘ω’)「…攻略記事のほうを見てるんじゃないかな…。そういえば、もう多分攻略記事は書きません」

( 一一)「面倒になったんですか?」

(‘ω’)「う~~ん。それもあるけど…。結局実際にやってるところを見るほうが攻略になるんじゃないかなって。ああいう微妙に合ってるかどうか分からないことって、気にしても仕方ないな~って感じが…ああ、でも「Football Manager の攻略法」という記事は書いてみたいかな。FMの言語化できない感じを自分なりにまとめてみたいし…」

( 一一)「というぐらいが、サイトの説明です」

(‘ω’)「それでは本編へ~(^_^)/」

ドイツリーグ第1試合目 ドルトムント戦 ホーム

(‘ω’)「いきなりドルトムントか~(´・ω・`)」

( 一一)「ホーム開幕で、いきなり負けですかね」

(‘ω’)「……いや、今年の私たちは一味違うぜってところを見せたい( `ー´)ノ」

( 一一)「相手はコンテ監督。523を使ってくるようです」

(‘ω’)「私は基本戦術の4231を選びます。タンギーが怪我で出遅れているのが痛い(´・ω・`)」

試合経過

勝ちそうな前半(^_^)/

しかし、25分のコーナーキックからの、アクセルのヘディングシュートは枠に嫌われ、

35分にDFラインの裏に抜け出したミロトのシュートはGKに阻まれます。

するとスコアボードを動かしたのは、ドルトムントでした(´・ω・`)

57分。左サイドからのロングパスを中に切り込んで受け取った、相手右WBはペナルティーアーク付近でダイレクトでミドルシュート。

これがなぜか入って決勝点となりました(´・ω・`)

相手左WBの謎のゴール(。´・ω・)?

感想

(。´・ω・)?「なぜ、あれが入ったんだ?あれっ、ドルトムントにメッシがいた?」

(。´・ω・)?「ダイレクトでのハーフボレー、ペナルティーアーク付近からのロングシュート、CBのプレッシャー」

( 一一)「あれWBが入れるようだと、厳しいですよね」

(‘ω’)「今までは、こっちが攻めすぎでカウンターとかくらって、負けていたわけだけど、今回はバランスをとって戦ったし……。まあ、いいや。愚痴っても仕方ない(´・ω・`)」

(‘ω’)「OMのギルバートとFWのロペスのプレイがイマイチだったな~」

( 一一)「決定機が1度もありませんでした」

(‘ω’)「う~ん(-_-;)今までは香川を中心にチームを組んでいて、今年はギルバートを香川のところで使えばよいと思っていたんだけど、ちょっと考え直す必要があるかな~」

( 一一)「オフザボールの動きがうまい香川と、スピードとフィジカルが強いギルバートだとタイプが違いますからね」

(‘ω’)「中盤もディープライイングPM(D)とカリレロ(S)のコンビだったのを、アドバンストPM(S)とボールウィリングMF(D)のコンビにしていて、変更があってね~」

( 一一)「PMが高い位置をとるのが悪影響を生んでいた可能性もありますね」

(‘ω’)「ということで、次の試合の前に「ああでもない、こうでもない」と思いながら書いたのが前回の記事でした。次からは前回の記事で紹介していた戦術になります」

ドイツリーグ第2試合目 BMG戦 ホーム

(‘ω’)「何気に強いBMGと対決」

( 一一)「新戦力のお披露目ですねー」

(‘ω’)「こいつじゃ(‘ω’)ノ」

(‘ω’)「詳しくは前回の記事をご覧ください」

( 一一)「……そんなに詳しくも書いてないような…」

試合経過

相手は4123のようです。まあどちらかと言うとこちらが押している序盤。

そして29分に失点( ゚Д゚)

コーナーキックからこぼれ球を相手右WGに押し込まれました。

しかし、33分に得点(^▽^)/

ミロトが裏へ出したアバウトなボールにロペスが走り込み、そのままDFをかわして得点!

エースの初ゴールじゃ~(‘ω’)

さらに、36分に逆転(^_^)/

アコロから下がってきたロペスへと繋がったボール。さらにパスを受けたミロトはSBをかわして、クロスをあげます。それに合わせたのは、ギルバート!!

新戦力のワンダーボーイの初ゴールで逆転に成功します

期待の新人の初ゴールじゃ~(‘ω’)

後半はスコアレスで終了しました。

感想

(。´・ω・)?「………?」

( 一一)「……どうですたか?」

(´・ω・`)「う~~ん。よくわからなかったなあ。正直言ってあまり手ごたえがなかった。特にレナトサンチェスがなあ…」

( 一一)「彼はBoxtoBoxMFとして出場させて、中盤の狩人にするつもりですよね」

(‘ω’)「そう。彼がボールを奪うことを期待して、組んだフォーメーションなんだ」

(‘ω’)「でも、同じCMのシェルヴェイがタックルが11回あるのに対して、レナトはタックルが2回、インターセプトが3回しかないんだよね。…攻撃面でもパス回数は55で成功率も74%しかない。得点シーンにも絡んでないし」

( 一一)「ほぼ試合に影響を与えていませんね……。これはダメだ」

(‘ω’)「う~~ん。彼は能力的には優れた選手だと思うんだけど……。何が悪いんだろう?」

( 一一)「とりあえず、しばらくは様子を見てみますか。たまたま調子が悪かっただけかもしれませんし…」

(‘ω’)「う~~ん(´・ω・`)」

ドイツリーグ第3試合目 フライブルク戦 アウェイ

( `ー´)ノ「今年は優勝争いに絡みたいシュツッツガルドとしては、フライブルクには勝っておきたい」

( 一一)「相手は442を使ってくるようですね」

(‘ω’)「私はこの戦術をチョイスじゃ」

試合経過

そこそこの前半。

こちらの決定機はミロトが惜しくも外し、向こうのあった決定機も相手FWが外すという展開(‘ω’)

後半に入ると調子の悪いレナトとタンギーを交代すると、タンギーが潤滑油となってパス回しがうまくいくようになります。

55分に得点(^_^)/

ミロトが相手右SBをスピードでかわし、上げたクロスに合わせたロペスはバーに当ててしまいますが、こぼれ球をギルバートが決めて1-0。

しかし、62分に失点((+_+))

GKのロングボールから裏へと抜け出したFWがキーパーとの1対1を制し得点しました。

感想

(´・ω・`)「同点かぁ~」

( 一一)「ダメでしたねー」

(´・ω・`)「う~ん。失敗じゃ~」

( 一一)「何がダメなんですかね?」

(‘ω’)「まず、レナト・サンチェスがダメだね。たとえばこの場面」

(‘ω’)「ボールホルダーにプレスにいってるのがレナトだけど、相手FWへのパスコースを空けてしまってるよね」

( 一一)「…この後は、FWへとパスされて、IFとのパス回しの中で決定機が生まれましたね」

(‘ω’)「う~ん。彼個人の問題なのか、周りとの兼ね合いの問題なのか分からないけど、もっと守備の質を上げてくれないとCMとしてはダメかな」

まとめ

(ーー)「開幕から3戦行って、1勝1分1敗。唯一の1勝もイマイチな勝利」

(´・ω・`)「開幕ダッシュ失敗じゃ~」

( 一一)「さて、どうしましょうか…」

(‘ω’)「ニュー戦術を考えるか…」

( 一一)「去年の戦術に戻したらどうですか?」

(‘ω’)「……去年の戦術は、香川ありきの戦術だから、香川がいないと使えないかな~」

( 一一)「と言うことでニュー戦術はまた次回。ご覧くださりありがとうございました」

(‘ω’)ノ「さようなら~」