Football Manager 日記(19-20シーズン11)

Football Manager 日記(19-20シーズン11)

ELではグループステージ通過を決め、リーグ戦では3位につけているヘタフェ。

現在7連勝中のチームは、連勝記録をどこまで伸ばせるでしょうか?

2019/12/12 EL グループステージ5試合目 ラツィオ戦 アウェイ

厳しい日程です( ;∀;)

バラク以外のけが人が出ていないのが幸いですが、中2日で試合がありすぎです。

Football Manager プレイ日記
12月の日程

今回はELの試合ですが、ELはグループステージ通過は決定しています。今回は1位、2位対決で、現在1位のヘタフェは引き分け以上で、1位進出が決まります。

負けても通過なので、捨てることも考えましたが、欲を出して1位を獲りに行きます。

相手のラツィオは5-2-3(Wide)で来る予想です。中央は潰し屋の2CMに、ワイドにインサイドFW、スピードがあるFWという組み合わせです。

「しっかり守って早く攻める」という形でしょうか?

こちらは多少引き気味で行こうと思います。カウンター警戒の形です。

Football Manager プレイ画像
今日のフォーメーション

試合経過

思いのほか、中盤で回してくる相手チーム。それに、ワイドの選手のクロスも怖いところ。さらに、前からプレスをかけてくる相手に対して、OMの柴崎がサポートがなく困っています。

そこで、左CMのアルバーリをボックストゥボックスに変えて、右DMのセルダーを守備タスクに変更します。

2CMで来ている相手に対して、中盤の数的有利をいかしながらも、カウンターだけはケアする形です。

すると、これがはまって攻め込むヘタフェ。

先取点はコーナーキックからでした

相手のクリアミスをアルバーリが拾って、最後はジョーが豪快に決めきりました。

ジョーの先制点

その後は、ボール回しはうまくいっていますが、最後のところがうまくいかないヘタフェ。

前の選手には疲れている前線を休ませ、控え選手が多く、アイデア不足が目立つところ。

すると、56分。相手がフリーキックから、ヘディングでゴール。

フリーキックから失点

焦った私は4-1-4-1に変更。さらに、ラインを下げ、「ボールをキープしろ」を指示します。何が何でも引き分けで終わる作戦( `ー´)ノ

そのままタイムアップまで、相手ゴールが入らないように神に祈っていました。

感想

パスはつなげている( ^)o(^ )

セカンドボールは拾えている( ^)o(^ )

でも最後のところで一工夫がない試合でした(´・ω・`)

5-2-3(wide)で深く守る相手に対して攻め切るには、創造性が足らないスタメン選手だったと思います。

戦術的にはちょっと全体を前目にしすぎたかもしれません。

横パスもいつもよりも多かったかな( ..)φメモメモ

まあ、何はともあれ、グループステージ1位通過は嬉しいところです。

2019/12/15 スペインリーグ第14試合目 アラべス戦 ホーム

スペインリーグに戻ってアラべス戦です。

現在の順位表はこんな感じです。

現在3位のヘタフェは勝てば、2位に浮上するチャンス!

負ければ、5位まで落ちてしまうかもしれません!!

Football Manager プレイ画像
現在の順位表

アラべスは4-4-1-1で来る予想です。これと言った選手はいません。

守備的な相手を崩せるかどうかがカギになりそうな試合。

フォーメーションはこんな感じでいきます。

Football Manager プレイ画像
今日のフォーメーション

いつもの4-2-3-1ですが、柴崎とセルダーはお休みです。復帰したバラクを使います。

試合経過

相手は4-4-2(2DM)です。予想通り攻め続けるヘタフェと、堅く守るアラべスという展開です。

予想外だったのは、相手が思ったよりボールキープしてくること

驚異にならない横パスをつなげ続け、ヘタフェがプレスにいったら前に向かって蹴るというスタイル。

面倒くさい(´・ω・`)

意外とうまい中盤の回しに、守備の要のセルダーを休ませた中盤の3枚は取りどころがありません

そうやっているうちに前半が終了します。相手のボール支配率は52%ですが、シュート数は1本しかありません。

どれだけ横パスしてるねん( 一一)

と思いながらも、何だかんだでOMのエミがシュートを決めてくれるだろうと信じていました。

しかし、何も起こらないため、4-3-1-2に変更しました。中央の枚数を増やして、相手のボール回しを止める作戦です。

思い切ったシステム変更に、一瞬空いたスキをアルバーリが見逃しませんでした。

スローインを受けたFWのウィルソンはCMのアルバーリにパスをします。アルバーリが時間を作っている間に走り出したFWのアマト!ロングパスがその足元へと繋がります。

もらった( ^)o(^ )

と思いました。しかし、アマトが1対1で相手GKに当ててしまいます

何やってるんだよお($・・)/~~~

Footbal Manager プレイ画像
キーパーに当ててしまうアマト!!

その後は対策を打たれたのか。うまく動かなくなったシステム。4-2-3-1に戻します。

もはや、これまで感が漂い…

70分、柴崎を出します。さらに、SBを攻撃タスクに変え、メンタリティを攻撃的にします。

捨て身のヘタフェに対して、点を取ったのは、なんとアラべス!( ;∀;)

前に取りに行った左SBのアントゥネスの裏を、相手右SBが取りました。

そのまま中まで切り込んでいってゴール。

はあ( ;∀;)

まさか負けるのか($・・)/~~~

いや、こんなチームに負けてなるものか( `ー´)ノ

と思い、超攻撃的にまで上げて、一か八かの放り込み作戦にでます。

すると、サッカーの女神が慈悲をくれました。

後半追加タイム。中盤の柴崎からのロングボールを、ファジルが頭で合わせて同点に追いつきます

そのままタイムアップ。

感想

ふう、引き分けてよかった(*’▽’)

先発出場させた選手の選び方、

途中で4-3-1-2に変えたこと、

早めに放り込み戦略に切り替えなかったこと、

など采配ミスが目立ちました。

スペースがなかったFWのウィルソン、OMのエミ、WGのアマトは全く長所がいきませんでした。

相手のパス回しを止められなかったCMのアルバーリ、ビルドアップで仕事ができなかったCMのバラクもよくなかったです。

4-2-3-1がうまく動かなかったときの戦術の幅が足りないことも敗因の一つかな(´・ω・`)