Football Manager 日記(19-20シーズン9)

Football Manager 日記(19-20シーズン9)

今日のフォーメーションELはグループステージ通過をほぼ決め、リーグ戦でも5勝4分2敗の5位につけているヘタフェ。

少し引き分けが多いのが気になるものの、4位以内に入って来年のCL出場を目指すチームはどこまでいけるでしょうか?

2019/11/25 スペインリーグ第12試合目 ヒホン戦 ホーム

ヒホン戦の前にインターナショナルウイークです。

そこで、なんとCMのバラクが怪我しました(´;ω;`)

それも4-6週の離脱です。

Football Manager 2018 プレイ画像
バラクが怪我(´;ω;`)

選手層が薄いヘタフェには大打撃です。本来はトップ下の柴崎をボランチで使うか、中途半端な能力のアルバーリを先発で起用するか考えなければなりません。

また、アマトがセネガル代表で初得点を上げたらしいです。

「代表監督が自分を信頼してくれたことには感謝しきれない、今後はもっといいプレイを見せたい」と語ったらしいです。

…「私のことは( `ー´)ノ」

…「私が信頼してクラブで出しているから、代表で活躍できているんでしょう?」

どうでもいいですけど、代表に行った選手のコメントを聞くたびに思ってしまいます。それも「代表でよく頑張った」的なことを、こっちから言う必要がある始末。

う~ん( 一一)

まあ。いいや。今日の相手はヒホンというクラブです。去年昇格してきたクラブで、今年の降格候補

古くからあるクラブで人気はあるそうですが、まだ今年は勝利無し。0勝3分8敗です。きっと余裕の勝利ですね(^^♪

ということで今日の布陣はこんな感じです。

Football Manager 2018 プレイ画像
今日のフォーメーション

楽勝の相手なので、メンバーを落としています。

注目はリーグ戦初先発の左WGのマイケル・ペレスです。カップ戦では結構活躍していますが、どうでしょうか?

左WGがちゃんとできるのは、ファジルのみなので、できたら使いたいところです。

試合経過

前半序盤。相手は4-1-2-3ですが、ボロボロです。相手のビルドアップをうまく防げています。

そんな中、前半8分に先制しました(*’▽’)

右WGアルバロが内に切り込んだところ、DMがつられました。そのわきに走り込んだエミがボールを受けダイレクトでシュート。距離のある所からゴールに突き刺さります!

4-1-2-3は使いやすい布陣ですが、中盤が間延びするとDMのわきが弱点になってしまいますよね。

Football Manager 2018 プレイ画像
DMの脇でうけるエミ

追加点もすぐでした。前半14分。右WBのスアレスがワイドで受けると、相手の左SBがつられます。裏を獲った右WGのアルバロへとスアレスはパスを出します。クロスに合わせたのは初先発のペレスです。

Football Manager 2018 プレイ画像
スアレスからアルバロへのパス
Football Manager 2018 プレイ画像
ペレスの初ゴールで追加点!

その後もまあまあ押している状態で前半終了。

後半に入ると、54分にまたもやエミのロングシュートが決まり、3-0になりました。

あとは90分に1点決められましたが、余裕の試合展開で終了しました。

Football Manager 2018 プレイ画像

感想

まあ予想通り余裕でした。

気になったのはビルドアップがあまりうまくいっていなかったことです。考えられることは

  • トップ下をエミに代えたから
  • CMのバラクがいなかったから
  • 下がってDFからのパスを受け取るインサイドFWを置かなかったから

すべてが少しずつ影響しているのかなあ( 一一)

まあ、どんなフォーメーションにも弱点はあるので、そんなに気にしても仕方ありませんが…。

2019/11/28 ヨーロッパリーググループステージ第4戦 PSV戦 ホーム

イングランドのEU離脱イベントが起こりました。

ヘタフェにはあんまり関係ないですが、労働許可制がなくなったそうです。

今まで以上にイングランドに人が集まりやすくなるのかな($・・)/~~~

Football Manager 2018 プレイ画像
EU離脱イベント

ふ~んと思ってたら、柴崎の負傷(@_@)

これであとCMができるのは2人だけです。

Football Maanger 2018 プレイ画像
柴崎離脱(´・ω・`)

さて、そんな悲しみを抱きながらも、PSV戦です。

ヨーロッパリーグでは現在グループステージ首位のヘタフェです。

勝ち点差を考えると相手には必勝の試合です。ヘタフェとしては負けてもいいが、グループステージ1位通過を目指すなら、勝っておきたい試合です。

Football Manager プレイ画像
ELグループステージの順位表

ほぼ互角の勝負であり、状況を考えるなら、相手は攻撃的に来ることが予想されます。

そこで比較的守備的なフォーメーションを選択。。

Football Manager 2018 プレイ画像

ボールウィリングMFをCMに並べて、全体的に下がり目に選手を並べます。

狙いはFWにボールをあてて、カウンターで1点入れることです。

さて、初めて使う布陣ですが、うまくいくでしょうか?

試合経過

相手は予想外に4-2-1-3(2DM)と深めの布陣を取ってきました。

相手はDMが深くに位置しすぎていて、セカンドボールはほとんど拾えていません

さらにウイングの戻りも遅いので、アマトのドリブル突破やアントゥネスのオーバーラップからチャンスが生まれています。

こりゃあ、勝ったな( 一一)

と思っているうちに先制しました。

前半29分、パレンシアのクロスをファジルがヘディングシュートして先制。

Football Manager 2018 プレイ画像
ファジルのシュートで先制

そのままの流れで前半が終了します。

ヘタフェはシュート数が10本あるのに対して、相手のシュート数は0本!!

まさかの余裕の展開です。1点しか入っていませんが、まあ余裕です。

追加点は後半始まってすぐでした。

52分。アマトのクロスをジョーがヘディングでゴールにたたき込みます。

Football Manager 2018 プレイ画像
ジョーのヘディングで追加点

前半から何本目のクロスやねん( 一一)

って感じでしたので、当然の帰結ですね。

そのまま何も変わらないで試合終了でした。

感想

ひどいチームでした。

前線と中盤の間にはぽっかりとスペースが空いていましたし、こちらのエースのアマトは何回ドリブルを仕掛けることができたことか。

あれっ( ゚Д゚)

よく見ると、相手は監督が解任されて、いないんですね( 一一)

じゃあ仕方ないか。

最近なんか楽勝な試合ばっかりだなあ( 一一)

日記も単調になってるんじゃないかなあ(´・ω・`)

大丈夫かなあ(´・ω・`)