スタッフの重要な能力[Football Manager 攻略]

Football Manager 攻略

今回はスタッフの役職について調べてみました。

FMのスタッフ

FMでは以下のような役職のスタッフがいます。

コーチングチーム

  • 監督
  • アシスタントマネージャー
  • ゴールキーパーコーチ
  • フィットネスコーチ
  • コーチ
  • ユース育成責任者

スカウトチーム

  • フットボールディレクター
  • チーフデータアナリスト
  • データアナリスト
  • チーフスカウト
  • スカウト

メディカルチーム

  • チーフスポーツサイエンティスト
  • スポーツサイエンティスト
  • ヘッドフィジオ
  • フィジカルトレーナー

コーチングチーム

監督

当たり前ですが、戦術知識、モチベーション管理、潜在能力判定、現在の能力判定、選手管理が高い必要があります

もちろん彼は選手のコーチでもありますので、コーチング能力が高い必要があります(コーチング能力は下を参照してください)。

若手指導の能力は特にU-18の選手への指導へ大きな影響を与えるそうです。

したがって、U-18からU-21に選手を移すようなら、U-21の監督にも若手指導の能力を求めるべきです(どの道高いにこしたことはありません)。

アシスタントマネージャー

アシスタントマネージャーには様々な役割があります。

私個人の意見としてはアシスタントマネージャーは、すでにチームをよく知っている人を選ぶべきです。最低でも同じ言葉を話せる人を選びましょう。そうしなければ、見当違いな助言を与えてくるようになります。

重要な能力も多くあります。

まず、戦術知識が必要です。彼はマッチエンジンを直接的に見ることができるため、プレイヤー以上に効果的に情報を集めることができる立場にあります。したがって、戦術知識が高いと有益な助言を与えてくれます。私の場合は、相手選手の対応指示を任せているため余計に必要です。もちろん、すべての指示を無視する派閥の人は戦術知識はいりません。

次に、モチベーション管理が高いと、彼にチームトークや記者会見を任せることができます

(性格や戦術的な好みがプレイヤーと似ていると、記者会見などで有利に働くという情報があります。言われてみればそうだと思いますが、個人的にはあまり関係ないかと思います。戦術はチーム状況によって変わりますし。)

潜在能力判定や現在の能力判定が高いと、選手に関する有益な情報を与えてくれます

選手管理も重要な要素です。しかし、監督がいるため、あまり必要ないかもしれません。

もちろん彼はコーチでもありますので、コーチング能力が高い必要もあります(コーチ能力については下を参照してください)。

コーチ/フィットネスコーチ/ゴールキーパーコーチ

トレーニングでは、割り当てたトレーニングに関係のあるコーチング能力のみが影響を与えます。例えば、攻撃のトレーニングにコーチを選ぶと、そのコーチの守備のコーチング能力は無視されます。

また、割り当てられたコーチの中で最も能力が高いコーチのみが、トレーニングの効果に反映されます。例えば、星5のコーチが割り当てたら、もう一人のコーチに星4のコーチを選んでも、星3のコーチを選んでも、結果には影響しないようです。

従って、コーチは専門的な得意分野を持つコーチを選ぶほうがよいです

 

勝利意欲と規律性とモチベーション管理は、すべてのカテゴリーのコーチング能力に影響を与えます

勝利意欲の高いコーチは、選手をよりよくしようとする意欲が高いです。

(また、コーチスキルを上げるためにコーチング資格を手に入れようとするそうですが、どうでしょうか?

個人的には環境適応や野心などのほうが関係しているような($・・)/~~~)

規律性は厳格さを表します。

(直感的には規律性が高すぎると、何かマイナスになりそうな気もしますが、はっきりしません。

私はあまり高くし過ぎないようにしています。)

モチベーション管理は試合前や日々のモチベーションを管理する上手さを表します。高いモチベーション管理能力はビックマッチでなくても、高いモチベーションを維持するのに役に立ちます。

また、若手育成は若手の選手に関するコーチング能力です。逆に選手管理はシニアの選手に対するコーチング能力らしいです(本当かなあ?)。基本的に若手の選手は23歳までの選手を意味しますが、特に18歳以下に対する意味合いが強いです。シニアの選手はそれ以上の選手を意味します。

また選手の性格とコーチの性格が同じであれば、よい関係を築きやすいです。

ユース管理責任者

新加入選手の能力はおそらく以下の要素で決まります。

  • ユース施設の質
  • ジュニアコーチングの質
  • ユースリクルートの質
  • クラブの本拠地
  • クラブの名声
  • ユース育成責任者の能力

ユース育成責任者の能力で重要なのは、性格や勝利意欲らしいです。プロ意識が高いユース育成責任者の下では、プロ意識の高い若者が育つようです。

逆にトレーニングでの成果を期待しないなら、若手育成という能力はあまり重要視されません。意見を聞く必要がないなら、潜在能力の判定や現在の能力の判定に関する能力はあまり必要ありません。もちろんあるに越したことはないですが…。

優れたユース選手を多く呼び込むためには、名声も必要な要素かもしれません。

スカウトチーム

フットボールディレクター

責務欄で割り当てた責務を果たします。重要な能力は割り当てた責務次第です。

直感的には選手との契約系の責務を割り当てるなら、名声が高いフットボールディレクターのほうがよい仕事をしそうです。

スカウト

チーフスカウトに対しては、責務パネルで様々な責務を与えることができます。またチーフであるので、選手管理が高いとよさそうです。

現在能力判定と潜在能力判定は、一番重要な能力です。スカウトを行った際の星の数の正しさと、スカウトカードに表示される情報の多さに関係します。

また、勝利意欲はより多くのプレイヤーを見つけ出すのに寄与します。

環境適応はクラブでの役割への慣れと、スカウト知識が不足している地域でのスカウトに影響を与えます。特にその地域の言葉が話せなかったり、クラブが以前に送ったことない地域をスカウトする場合は重要となる能力です。

スカウト知識は国や地域の知識を表します。スカウト知識がない場所でもスカウトはできるようですが、その場合はスカウトが非常に遅くなります。

戦術知識は相手チームの戦術をスカウトする際に役に立ちます。

データアナリスト

データアナリストの仕事は以下の4つです

  • 戦術分析のタブをクリックすると出てくる、自身の戦術についての各種データ
  • 受信箱に送られてくる試合前や試合後の分析
  • 次の試合相手のアナリストレポート
  • 個々の選手に対するアナリストレポート

新しくFM18で追加された各種能力は、これらのレポートをどれほど見やすく表示できるかに関わるようです。

選手データ判定は選手に関するデータを監督に分かりやすい形で示すことができるかどうかに関係します。個々の選手のデータの理解についても関係ありそうです。

チームデータ判定は、チームに関するデータを監督に分かりやすい形で示すことができるかどうかに関係します。

データ提示は効果的なデータの表示を行います。巨大で統計的なデータを人が読めるデータにするためには重要な能力です。長所や短所や潜在的な問題点がすぐにわかります。データ提示が低いと、他の能力が高くても意味はありません。

(正直言ってよく分からない要素です。能力による差は、あんまりないと思います。)

メディカルチーム

理学療法が高いフィジオは、選手の怪我を防止し、回復を早めます。より正確に離脱期間を見積もり、より正確に怪我の診断をすることができます。

また、フィットネスもフィジオの能力に関係があるらしいです。

また。ヘッドフィジオには選手管理が必要かもしれません。

スポーツサイエンスは選手のフィットネスレベルと怪我のリスクを正確に伝えることができるかどうかに関係します。スポーツサイエンスが高いと、スポーツサイエンティストは潜在的なリスクについて正しく伝えるだけでなく、選手をサッカーができるコンディションに正しく保つことができます。

まとめ

今回はスタッフの役割について調べてみました。

直感的にわかるものも多いですが、ユース育成責任者は何をしているかわかりにくいですよね。若手育成よりも重要なのは性格らしいです。完璧主義者のユース育成責任者とかを雇うとよさそうですね。

またスカウトに関してはたくさんの選手をスカウトするために、勝利意欲が意外と重要らしいです。

0

コメント