メンタリティと陣形と役割について[Football Manager 攻略]

Football Manager プレイ画像 Football Manager 攻略
メンタリティが超守備的の場合

フットボールマネージャーにおけるメンタリティと陣形と役割について、まとめてみましたので、ご覧ください。

何か間違っている箇所がありましたら、情報提供をお願いします。

メンタリティ

メンタリティはどれほど攻撃的かを表します。つまり、どれほどリスクを冒すかを表します。

またメンタリティにはチームのメンタリティ個人のメンタリティが存在します。

チームのメンタリティは、テンポ、時間稼ぎ、展開の幅、DFライン、プレス、パスの長さに影響を与えます。

さらに、チームのメンタリティは個人のメンタリティに影響を与えます。

例えば、サイドバック/サポートの選手の個人メンタリティは(陣形が同じなら)以下のように変化します。

Football Manager プレイ画像

チームメンタリティが超守備的の場合

Football Manager プレイ画像

チームメンタリティが超攻撃的な場合

上の画像を見ればわかるように役割とタスクと陣形は変化していませんが、個人メンタリティは変化しています。

特に自動タスクの場合は、メンタリティに応じて個人メンタリティが決定します。つまり、攻撃的であればサイドバック/自動とサイドバック/攻撃の個人メンタリティは同じであり、守備的であればサイドバック/自動とサイドバック/守備の個人メンタリティは同じになります。

さらに、個人メンタリティは以下の要素によって決まります。

  • チームのメンタリティ
  • 陣形
  • 選手のタスク
  • 選手のポジション
  • ビルドアップの際のパス目標
  • 他の選手の個人メンタリティ

選手の役割は個人メンタリティに影響を与えません。ボックストゥボックス/SとディープライイングPM/Sは多くの面で異なる動きをしますが、個人メンタリティは同じです。

また個人メンタリティはビルドアップの際のパス目標にも関係します。例えば「右サイドを使え」を用いていると、右サイドバックの個人メンタリティは増加します。

さらに他の選手の個人メンタリティに影響を受けます。例えば、FWの選手のメンタリティが低い場合は、MFのメンタリティは高くなります。

しかし、個人メンタリティが正確に何を意味するのか、何に影響を与えているのかは、よくわかりません。ゲーム内では個人メンタリティが高ければより攻撃的になると書いてありますが、何が攻撃的なのかは人によって異なるため、非常にあいまいです。たとえば、パスのテンポやクロスの頻度に関係があるかは分かりません。

しかし、個人メンタリティが高いと基本的には以下のことが言えそうです。

  • より前にポジションをとる
  • よりドリブルをする(ドリブルで相手を抜こうとする)
  • よりリスクのあるパスをする
  • よりシュートを打つ

陣形

陣形がより流動的だと、選手はよりチームとして動こうとして、より組織的だと、選手は自分のタスクに専念するようになります。

陣形はプレスのかけ方個人メンタリティ選手の自由度に影響を与えます。

前者はチーム指示のところで見ればわかるように、より流動的であればよりプレスをかけるようになります。

後者は一言で言うなら、より流動的であれば、守備的な選手の個人メンタリティは高くなり、攻撃的な選手の個人メンタリティは低くなりますより組織的であれば、守備的な選手の個人メンタリティは低くなり、攻撃的な選手の個人メンタリティは高くなります

例えば、メンタリティが標準に固定して「非常に流動的」から「非常に組織的」に変更した場合のCBの個人メンタリティは以下のように変化します。

Football Manager 2018 プレイ画像

流動的な場合のCBの個人メンタリティ

Football Manager 2018 プレイ画像

組織的な場合のCBの個人メンタリティ

次に、同様の操作を行った場合のFWの個人メンタリティは以下のように変化します。

Football Manager 2018 プレイ画像

流動的な場合のFWのメンタリティ

Football Manager 2018 プレイ画像

組織的な場合のFWのメンタリティ

従って、より流動的にすると、攻撃的な選手もある程度守備的になり、守備的な選手もよく攻撃に参加するようになります。基本的にはポゼッションサッカー向きです。逆により組織的にすると、守備時には攻撃的な選手は前に残ったままとなり、攻撃時には攻撃的な選手のみで攻撃を行う必要があります。基本的にはカウンターサッカー向きです。

さらに流動的であれば、より選手に自由が与えられるという記述があります。より流動的にした際には明らかに横方向のポジションチェンジの回数は増えるようです。その反面、攻撃的な選手の個人メンタリティは下がっているために、よりリスクのない選択をすることが予想されます。ここら辺の関係がどうなっているかは内部的なことで理解できません。

役割とタスク

役割とタスクは様々な要素に関係するようです。

しかし、個人メンタリティや指示によって、試合中に選手が行うであろう行動について予測がつきます。

今回は分かりにくいサイドバックの役割について考えていこうと思います。

サイドバックの役割

サイドバックは以下の5つの役割を選ぶことができます。

  • DSB
  • SB
  • WB
  • CWB
  • IWB

1番分かりにくいのは、SB/SとWB/Dの違いです。

SB/SはWB/Dに比べて以下のような違いがあります。

  • 初期ポジションが低い
  • 個人メンタリティが高い
  • パスが長い
  • リスキーなパスを出す
  • ポジションを離れる

ここから、SB/SはDFラインの一部でありながらも、ある程度オーバーラップしながら、リスクのあるロングパスを好む選手であることがわかります。

逆にWB/Dは、DFラインより少し高い位置にある自分のスペースを守りながら、リスクのないショートパスを好む選手であることがわかります。

同様にSB/AとWB/Sの違いについても書くことができます。

 

CWB/SはWB/Sに比べて最初からアクティブな個人指示の面では多くの違いがありますが、個人メンタリティやパスの長さやプレスのかけ方は同じです。

従って基本的に似た動きをします。

同様にCWB/AとWB/Aも似た動きをするようです。

しかし、CWB/SとWB/Aだと個人メンタリティがWB/Aのほうが高いため、WB/Aのほうが攻撃的です。

まとめ

今回はメンタリティと陣形について書いてみました。さらにサイドバックの役割について考えてみました。

個人メンタリティが何を意味するのかは不明であるため、例えば「中盤の個人メンタリティの合計がこうだから、こんな風に動くと思われる。」のような具体的な示唆に使うことはできません。

従って、プレイ中にそれほど気にする必要はないと思います。

しかし、今回サイドバックの役割について考えたときのように、何かと比較した際にどれほど攻撃的になるかを考えるときには使うとよいかもしれません。

例えば、陣形を変えた際に中央のコンパクトネスがどう変化するとか…ですかね( 一一)

※さらに、チーム全体の個人メンタリティの幅がある程度以下だったら、ポゼッションサッカーがうまくいくとか、システマチックに考えることができそうですけどね( ..)φメモメモ

 

0

コメント