Football Manager 日記(18-19シーズン14)

Football Manager 日記(18-19シーズン14)

現在ヘタフェは下との差は3ポイントで上との差も3ポイントの7位です。

まあ、もう7位がほぼ確定した後の試合です。

5/4 スペインリーグ35試合目 ラス・パラマス戦

相手は17位のチームです。

好調のエミを使いたいため、柴崎を左ウイングで先発出場させます。

実質消化試合なので、左サイドバックはレギュラーのアントゥネスではなく、オリベラを起用します。

試合経過

前半は一言で表すと余裕の試合展開。

まずは12分。柴崎のクロスからエミがヘディングで得点。

Football Manager 2018 プレイ画像
クロスを上げる柴崎

 

 

Football Manager 2018 プレイ画像
ヘディングするエミ

 

若者が先発起用に応えて活躍するのを見るのは、よいものですね(^▽^)/

さらに追加点は43分でした。これ以上ないくらいの素晴らしいカウンターが決まります。

オリベラがインターセプトしたボールは柴崎の元へ。柴崎はウィルソンへ、ウィルソンはエミへパスをします。

そして、サイドに流れたエミの絶妙のクロスを押し込んだのはアマト!

Football Manager 2018 プレイ画像
ボールをゴールへと押し込むアマト

 

前半で2-0。余裕の展開です。残りの願いは怪我せずに試合を終わらせること!

そう思った私は怪我をしやすいFWのウィルソンほぼ全試合出ている守備の要のCMのセルダーを交代させます。

しかし、これが運の尽き(´・ω・`)

 

後半も終盤の85分。バラクのクリアミスを拾った相手の左ウイングは冷静に中央で待っている味方へと落とします。

そのシュートを右SBのパレンシアがブロックしますが、再度相手に拾われ至近距離からのシュート。

相手に2回もクリアボールを拾われる残念な形で失点してしまいます

Football Manager 2018 プレイ画像
まさかの失点1!

 

さらに悲劇は後半追加タイム。コーナーキックから競り合いに負け、押し込まれたヘタフェ。

Football Manager 2018 プレイ画像
まさかの失点2で呆然!!

 

このまま2-2でタイムアップとなりました。

感想

またかよ”(-“”-)”。

後半追加タイムでの失点で引き分けに持ち込まれてしまうのは、もはやヘタフェのお家芸です。

交代が悪かったんでしょうね。私が悪かったんでしょうね(#^ω^)

残念です(´・ω・`)

5/12 スペインリーグ第36試合目 サラゴサ戦 ホーム

今日はホームで20位のサラコザと対決です。

ヘタフェは相変わらずの7位です。

前回、前々回と満足のいかない試合が続いていますが、ここはしっかり勝ってEL進出を決めたいところです。

チーム編成は特に変えずに4-2-3-1です。

まあどうやっても負けないだろうと思っていました(´・ω・`)

 

試合経過

正直試合経過というほどのものは何もありませんでした。

慢心していました。まさか負けるとは…。

相手は守備的な4-4-2です。バラクと柴崎でパスがつながり、ほぼボールを支配するヘタフェ。

ところが、先取点はサラコザでした。

前半41分。コーナーキックをオメルオが競り負けたヘディングシュートはバーを直撃

さらにのボールはゴール前に詰めていた相手選手の足元へ!!

そのまま押し込まれて1-0となってしまいます。

Football Manager2018 プレイ画像
コーナーキックのこぼれ球を押し込まれるヘタフェ

後半初めから左ウイングの柴崎とナウエルを交代し、トップ下のエミとファジルを交代します。

やっとチャンスが生まれ始めたのは、捨て身で攻撃的にいった後半追加タイム。

しかし、ウィルソンの裏への抜け出しはキーパーに当ててしまい、ノーゴール。

Football Manager2018 プレイ画像
裏へと抜け出すウィルソン
Football Manager2018 プレイ画像
キーパーに当ててしまうウィルソン

そのままタイムアップでした。

感想

なんか…負けた(´・ω・`)という試合。

シュートはヘタフェが12で、サラゴサが4。枠内シュートに至ってはヘタフェが6に対してサラコザは1です!

唯一の枠内シュートが決勝点( 一一)

決定機の数は1対1の同点ですが、ハーフチャンスは4対1でヘタフェが勝っています。

勝つはずだった試合!!

敗因は柴崎を左ウイングで使ったことか”(-“”-)”。でも試合自体は悪くなかったしな”(-“”-)”。

2019/5/18 スペインリーグ第37試合目 バジェカーノ戦 ホーム

ヘタフェはあと2戦残して現在7位です。しかし、直近2試合は格下相手に1分1敗です。

そろそろ勝って、EL出場を決めたいところです。頼むぜ|д゚)

フォーメーションは思い切って柴崎をやめてファジルを先発出場させます。

さらに育成のために出していた左SBのオリベラをレギュラーのアントゥネスに代えました。

本気で勝ちにいきます( `ー´)ノ

 

 

 

試合経過

どちらかというとヘタフェ優勢の前半です。

主にセットプレーからですが、チャンスもありつつ後半へ。

点数が入ったのは後半55分でした

DFのカットから前線へのフィードをFWのウィルソンがいい形で受けました。

そして並走する右WGのアマトへとスルーパス。

これは多少流れますが、アマトからのクロスに押し込んだのはトップ下のエミでした!

Football Maanger 2018 プレイ画像
ボールを受けるウィルソン
Football Maanger 2018 プレイ画像
右WGのアマトへとスルーパス
Football Maanger 2018 プレイ画像
クロスをヘディングで押し込むエミ

残り時間はボールキープができる柴崎を出したり、3バックにしたりしながら、時間を使いました。

タイムアップ!!8位のチームが負けて7位以上が決定したためEL出場が決まりました。

感想

前2試合がよくない内容だったため、本気で勝ちに行った試合でした

正直内容は面白くなかったと思いますが、とにかく勝ってELを決められたことは大きかったです

ホーム最終戦だったらしく、観客も満員に入っていて、それがモチベーションに繋がったのかなとも思います。

良かった(^▽^)/

まとめ

なぜかよくわからないけど、下位チーム相手に負けや引き分けが続いていたヘタフェ。

来シーズンのEL出場権獲得まで、あと一歩まで迫っておきながら決めきれません。

しかし、ついに37試合目にして勝利を手にすることができ、EL出場が決定しました。

バンザーイ(^▽^)/