Football Manager 日記(18-19シーズン8)

Football Manager プレイ日記

今日も元気にヘタフェを指揮していきたいと思います。なおからは2試合ずつ書いていく方針に代えたいと思います。

2019/2/10 スペインリーグ第23試合目 VSマラガ戦

今日の相手は現在リーグ戦19位に沈むマラガ。リーグ順位の推移を見る限りではずっと最下位周辺にいるようです。

チームレポートによるとパス成功率は高く、ドリブル成功率も高いです。さらにムニルという優秀なフォワードがいて、彼は大会6位の得点数となっています。

これでなぜ弱いかというと、守備が弱点のようですね。リーグ戦34失点で得失点は-8になっています。対して私のヘタフェは失点が28なので、現在の試合数が22試合なので、平均1試合0.27点ほど多い計算。

あれっ、あんまり多くないじゃん(´・ω・`)

4試合に1点多いくらいなら、それほどではないかな。私のチームはそれほど大きく崩れた試合はないので、それを考えると、むしろ少ないくらいです。

下位相手だし、楽勝かなと思ったのに、怖くなってきながらスタート。

の前に、忘れてた!!

新しく期限付き移籍でマティアス・ナウエルを獲りました。彼はビジャレアルで埋もれていた23歳の左インサイドFW。ウインガーのボルティージョが調子の調子が上がってこないので、思い切った補強。一応買い取りオプションを800Mでつけていますが、夏にこんなにお金を出せないかもしれません。

Football Manager 2018 プレイ画像

Football Manager 2018 プレイ画像

それでは試合スタートです。

フォーメーション

こちらのフォーメーションはこんな感じです。

Football Manager 2018 プレイ画像

Football Manager 2018 プレイ画像

新加入のナウエルを早速先発出場させます。

アマトが怪我で離脱中で柴崎もいないので、フォーメーションは4-2-3-1に変更しました。

さらに相手は下位チームなので攻撃的にいきます。メンタリティをコントロールにして、CMのバラクをメッツァーラでOMのエミをトレクアルティスタ(攻撃)で出場させます。

さらにクロスがうまくいっていないのでアーリークロスを使ってみます

さらにフォワードの速さをいかすために、低いクロスを上げてみます。(※どうせだめなら、色々やってみようの精神)

他には右SBのパレンシアが出場停止なので、スアレスを代わりに出しています。

試合経過

予想通りある程度押している試合展開。中盤でボールを持てたときにはトップ下のエミ、トップのウィルソンがそれぞれの役割に応じて、ディフェンダーを強襲しています。

例えばこの場面。

Football Manager 2018 プレイ画像

ナウエルがボールを持った瞬間には走り出しているエミ。FWのウィルソンがディフェンダーと駆け引きしている横を通り過ぎようとしています。

Football Manager 2018 プレイ画像

そこにナイスパスを出すナウエル!

このシーンは惜しくもキーパーに防がれてしまったものの、1点もののシーンでした。

 

前半最大のピンチは23分。ゴールキックからのセカンドボールをつながれて、フォワードのムニルへ。どうしてもCMの一方をメッツァーラで使っているとこういうスペースができてしまいます。

Football Manager 2018 プレイ画像

さらにトップ下のロペスへ。

Football Manager 2018 プレイ画像

正直言ってここまでは大したことのないシーン。ムニルにまずいポジションでボールは持たれましたが、CBは二人いますし、相手のサポートはまだボランチの後ろにいます。

しかし、まさかの速さで抜かれるオメルオ!!

Football Manager 2018 プレイ画像

何やってるんだよと怒ってるのも束の間。ラストパスがムニルに。

Football Manager 2018 プレイ画像

運よくキーパーがセーブして点にはなりませんでしたが、立派な1点もののシーンでした。

 

他にもいくつかチャンスあり、ピンチありでしたが、0-0のまま折り返します

すると後半始まってすぐの47分。コーナーキックのこぼれ球をファジルが広い、バラクへパス。バラクが放った強烈なシュートはキーパーの腕をはじいてゴールに突き刺さります。

びっくりしたことにバラクはこれが初ゴール。今冬から移籍していくラセンに代わって、副キャプテンに任命された男が嬉しい先取点をもたらします。

Football Manager 2018 プレイ画像

さらに追加点が入ったのは52分。

まずゴールに背中を向けて受けたウィルソンがボランチからのボールを受けます。

Football Manager 2018 プレイ画像

その開けたスペースに飛び込んだのは新加入初戦のナウエル!

Football Manager 2018 プレイ画像

一度はキーパーに阻まれますが、自分でこぼれ球を押し込み2-0

さらにオメルオが87分にフリーキックから追加点を決めて試合終了

3-0で余裕の勝利でした。

感想

まずまず余裕の勝利でした。メッツァーラは面白いですが、どうしてもバイタルにスペースが生まれてしまうのが弱点ですね。あの前半のシーンが入っていたら、こんな簡単な試合にはならなかったはずです。

個人的にはナウエルが新加入初戦でゴールを決めたのが嬉しかったです(^▽^)/。

他にもナウエルにはいいプレイはありました。レギュラーでトップ下をやっていた柴崎が代表戦から帰ってきたら、どうチームを組むかを迷います。

あとレギュラーSBの出場停止の影響で出たダミアン・スアレスがコーナーキックのキッカーでした。これは非常に可能性を感じるものでした。彼は前半戦はあまり起用してあげられませんでしたが、後半はもっと起用しようと思います。

そういえば、書き忘れていましたが、将来有望だから使いますと言っていて、全く起用しなかった右ウイングのアルバロを期限付き移籍で出しました。いい選手になって戻ってくれたら嬉しいです(我ながら無責任な言葉だなあ)。

2019/2/17 スペインリーグ24試合目 VSビーゴ戦

ホームで現在11位のビーゴ戦です。現在7位のヘタフェとしては勝ちたい1戦。

ビーゴはシーズン前のメディア予想では8位のチームです。現在は2連敗中です。記者によると、前回の試合はバルセロナにボロボロに負けたらしいです。

チームレポートでは献身的なチームと出ています。戦術は4-1-4-1が多いらしく、クロスとスルーボールが得点では半々でした。コーナーキックからの得点も多いのかな。

FMはもうちょっと相手チームの情報が見やすければいいのですが、どう見ればいいのかが分からない。キーパスの場所とかくらいまとめてくれると助かるのですが…。

フォーメーション

フォーメーションはほぼ前回と同じです。柴崎を使うか迷ったものの、代表戦で疲れているので休ませたほうがよいですというアシスタントマネージャーの言葉を信じてベンチスタート。

あとはブルーノを先発起用しています。特に理由はありません。

試合経過

さて、どんな試合になるかと思っていた前半5分。いきなりやられます。

相手の左インサイドFWの中央へのドリブルについて行った右SBのパレンシア。

Football Manager 2018 プレイ画像

相手は冷静にインサイドハーフへとバックパスして、前に走っていきます。なぜかそのパスを追いかけてしまうパレンシア。

Football Manager 2018 プレイ画像

ボランチに任せておけよと思っていたところ、案の上パレンシアが出ていったスペースを相手左インサイドFWに突かれます。

カバーに入るべきだったのはCBのオメルオか、ボランチのセルダーなのか?微妙なポジションにいた2人はあっさりと裏を取られてしまいます。

Football Manager 2018 プレイ画像

そのままクロスを上げられ、失点しました。

Football Manager 2018 プレイ画像

この後は守備的に来る相手に対して、攻撃的に出るヘタフェ。ボールは持てていますが、1点が入りません。

やっと同点に追いついたのは後半に入ってから。55分。コーナーキックのこぼれ球を拾い、最後はナウエルがゴールにたたき込みました。

Football Manager 2018 プレイ画像

その後はこれといったチャンスがなくタイムアップとなりました。

感想

ヘタフェとビーゴ。シュート数は13対8で、決定機の数は1対0で、ハーフチャンスの数は3対3でした。

まずまず勝っててもよかった試合。早い時間に先制を許した割には頑張ったと思います。

失点の場面ではディフェンス間のポジションチェンジが原因でした。無駄に食いついていったパレンシアとカバーに入れなかったセルダーとオメルオ。誰の責任なのかはいまいちわかりづらいところです。

プレスを掛け過ぎですかね。もう少しそれぞれのポジションで役割をはっきりさせてほしいところです。

まとめ

4-2-3-1に戻し、CMのバラクをメッツァーラでOMのエミをトレクアルティスタ(攻撃)で使いました。

結果1勝1敗。負けた試合もまずまずチャンスはあったので、これからこの戦術に固定して、磨き上げていく形になりそうです。

0

コメント