チーム紹介(18-19シーズン)

Football Manager プレイ日記

今シーズンも引き続きヘタフェを率いていきます。本当は他のクラブを指揮きたかったけれども、オファーが来なかったのは内緒です( ´∀` )。

 

チーム紹介

それでは今シーズンのヘタフェのチーム紹介をしていきたいと思います。

ダイナミクスはこんな感じ。

昨シーズンの夏に獲得した選手も馴染んできてチームとしてのまとまりが出てきました。

プロ意識が近い選手が多いのでロッカールームの雰囲気も良く、キャプテンのモリーナを中心にまとまったチームと言えそうです。

監督に対する支持もとても良いです。昨シーズン9位に導いた監督をみんな信頼しているようです。

残念ながら、いまいち出場機会が多くなかった選手もいますが、全体的には満足しているようです。

序列は”チームリーダー”がキャプテンと副キャプテンの2人で、”影響力が高い選手”が5人で、”影響力がある選手”が9人となっています。

問題はチームリーダーの2人がレギュラーでないことです。そろそろ引退を考え始める二人です。

そのときは誰かがチームリーダーになってくれるのかなあ(´・ω・`)

予想としてはレギュラーCBのカラがなってくれると思います。能力的にもリーダーシップがそこそこですし、在籍期間も長いので、やってくれると思うのですが…。

現在は全然頭角を現していません。

何か別の要素が働いているのか、出てはいるけどあまり活躍していないのが悪いのか”(-“”-)”。

選手紹介

残りは箇条書き的選手紹介です。

ゴールキーパー

  • ビセント・グアイタ

ヘタフェの正GK。後半は経験を積ませるためにマノイロビッチにポジションを譲るときもありましたが、完全にグアイタのほうがいいキーパーです。

全体的に能力はまずまずですが、ヘタフェでは重要な戦力です。

  • フィリップ・マノイロビッチ

去年加入した将来有望なGKです。能力的にもプレイ的にもまだまだではあるものの、

終盤に出場機会を増やしたところ、なかなか成長したので、今シーズンもなるだけ出してあげたいです。

センターバック

  • カラ

去年は32試合出場のレギュラー。ヘタフェで5年目の選手。

このチームは新加入選手が多く、古くからのチームメイトは珍しい存在。全体的に特徴がない能力。数値的には競り合いもメンタル面もパスもそこそこ上手い。

失点が多すぎるので、CBを補強予定だが、多分今年もレギュラーでしょうね。

  • ブルーノ

あまり信用していないCBです。能力的には悪くないものの、とんでもないミスからの失点があったため、あまり信用していません。

新しくCBを補強する予定なので、その選手次第で出場機会はなくなるでしょうね。

サイドバック

  • アントゥネス レアル・ベティスから期限付き移籍中

現在は期限付き移籍中ですが、買い取りオプションを行使する予定の左サイドバックです。

6得点5アシストと攻撃力が高いだけでなく、タックル成功が5.55とインターセプト率も高いです。

得点数が多いのは、PKキッカーであるだけですが立派です。

  • ダミアン・スアレス

驚異のコーナーキック能力を誇る右サイドバックです。しかし、去年はまったくコーナーから点が入らなかったです。

何か変えないといけないのでしょうか?

守備面では多少不安定です。チャンスがあれば前に出るのプレイスタイルを持っていますので、どんどん前に出て行ってしまいます。

もしかしたら攻撃的なサイドバックとして使えばもっといいのかもしれませんが、同じく攻撃的なアントゥネスが左サイドバックをする関係上、多少守備的にしか使ったことはありません。

そう考えると可哀想な選手|д゚)

センターミッドフィルダー

  • アントニン・バラク

去年の冬に取ったボランチの選手。背が高く運動量があるパサー。反面タックルが下手なのが気になる所。

実はクロスがうまいので実は左ウイングが適正かも。

使ったことないけど…。

  • マウロ・アルバーリ

運動量が高いボランチ。去年は34試合に出て3得点7アシストと活躍した人です。能力値的には何がよかったのかは分からない。

監督的には欠点がないため、色々な役割をこなせるのがいいところ。

トップ下

  • 柴崎岳

視野が広くパスがうまいMF。反面守備は下手なのでボランチは無理です。散らしがうまいことを考えれば、攻撃面ではボランチにいるのも悪くないのですがね”(-“”-)”。

さらに地味に良いのはスローインのとき。彼が最初に触れば、結構取られない。何故かはわからない。

なお去年の途中で怪我して思ったより成長しなかったのが悲しい(´;ω;`)

  • エミ・ブエンディア

足が速い将来有望なトップ下の選手。

全体的な能力は低めだが、能力値的には得点は取りそうな気がする。

去年は期限付き移籍に出されていた。

柴崎とは違う長所があるので、いいオプションになればいいが、どうするかは考え中。

  • フランシスコ・ポルティージョ

トップ下と左ウイングができる人。何の特徴もない能力。

昨シーズンは全体的に見るとダメな成績だが、時々点を取った。売ろうかな…。

ウインガー

  • ダニ・パチェコ

加速力・テクニック・ひらめきが高いドリブラー(?)実際はよく特徴がつかめないままシーズンが終わった人。

活躍しないのはメンタル値が低いから?よくわかんないなあ…。

  • ファイサル・ファジル

テクニックがあるトップ下の選手。

かと思ったが、メンタル値が低いので、実は左ウイングで出すべきというおかしな人。

左ウイングは天性のポジションではないのにな”(-“”-)”。

左ウイングとしては、得点が7で守備もする良い選手。

  • アマト・ディエディウ

スピード・加速力がある右ウイング。将来有望なドリブラータイプ。

去年は8得点11アシストと大活躍!!

実際の試合ではFWをやったりしてたが、FWはダメ。

地味に勝利意欲が高くて、守備でも活躍する。

シーズン終盤で怪我したのが心配だな…。今年もガンバレ(^▽^)/

  • アルバロ

チームワーク・リーダーシップ・運動量等の能力が高い。また加速力とスピードもある右ウイング。

将来有望なので出していたら伸びただろうが、アマトを優先したため、伸びなかった人。

今年は途中出場でたくさん出す予定。

フォワード

  • ジョージ・モリーナ

オフザボール、チームワーク、運動量が高いチームプレーヤーであり、冷静さ、決定力、強靭さ、ジャンプ到達点も優れるCF。

みんなの信頼を集めるキャプテン。得点も取るしポストプレーでも活躍!

でも去年一年で一気に足が遅くなった人。

裏に出しても絶対勝てない(´;ω;`)。

それでも今年もキャプテン。ガンバレ!!

  • ジョー

「聞いたことがある選手だから大丈夫さ」という理由で名古屋グランパスから冬に取ったFW。

ポストプレーもできるし、クロスに合わせるのもうまい素晴らしいFW。

でも膝軟骨損傷の再発があり、故障しやすいのが難点。

0

コメント