FM18年プレイ日記(18-19年シーズン~夏の移籍編~)

Football Manager プレイ日記

まずは移籍情報から紹介します。

イングランドのチェルシーから775Mケネス・オメルオを獲得しました。

ヘタフェにしてはかなりの投資でしたが、思い切って将来有望かつ能力の高いCBを補強しました。

オメルオは能力が平均的に高いCBで、年齢も25歳と若いです。リーダーシップがなく、将来のキャプテンという感じではありませんが、末永くヘタフェで活躍を願います。

まずは、去年守備がリーグ18位だったチームの救世主となってほしいです。

続いて。

ドイツのマインツからスアト・セルダー期限付き移籍で獲得しました。

運動量、積極性、勇敢さがともに高く、スタミナや強靭さにも優れるボールウィリングMFです。

年齢のため足が遅くなり、使いづらくなった現副キャプテンのラセンの代わりとして取りました。

550Mの買い取りオプションをつけました。今シーズンはオメルオを取ったのでお金がありませんが、今年も昨年同様ラ・リーガで中位を獲得するつもりなので、

そうしたら来シーズンは理事会もお金を出してくれるだろうという先読みで契約しています。

さらに自由移籍でバルセロナを追い出されたセルジ・パレンシアを獲得しました。

彼は左右どちらもこなせるサイドバックです。メンタル値が非常に高く、かつ守備もうまい選手です。

こんな選手でも放出できるのですから、やっぱりバルセロナとの戦力差はかなりあるようです。

以上が夏の獲得選手です。

獲得選手は三人でした。

本当はモリーナの代わりとなるようなフォワードが欲しかったのですが、残念ながら目ぼしい選手がいなかったため、取りやめにしました。

エースストライカーであるジョーが怪我しないことを祈るばかりです”(-“”-)”

放出選手は二人です。

パレンシアが新しく加入したため、いらなくなった右サイドバックであるジェネと、正直選手が余っていた左ウイングからいいオファーが来たためパチェコを放出しました。

以上が夏の移籍情報です。

全体的には補強したいところはできた感覚です。

特にパレンシアを自由移籍で獲れたのは大きかったです。

色んなチームが取ろうとしたのですが、出場機会が多いであろうヘタフェを選んだのでしょうね( ´∀` )。嬉しい限りです(^^)/(^^)/

選んでくれた以上は期待に応えられるようにいい使い方をしていきたいです。

0

コメント